麻布にある3つの更科そば   「総本家 更科堀井」「永坂更科布屋太兵衛」「麻布永坂更科本店」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160919sarasinahoriisoba

 

 

創業1789(寛政元)年「永坂更科」

飯野藩の麻布屋敷内に逗留していた布屋の清右衛門は蕎麦打ち上手、
藩主・保科正率(まさのり)のすすめによりお蕎麦屋さんになりました
が、そのお店が現在も麻布にあるということまでが前回のお話でした。
「もう一つの『保科家』は麻布のお蕎麦屋さんの生みの親?」

 

清右衛門がお店を持ったのは1789(寛政元)年のことで、清右衛門は
布屋太兵衛と名を改め、麻布永坂の「永坂更科」の初代となります。
(布屋の清右衛門  →  布屋太兵衛・坂更科初代)

 

「更級(さらしな)」とは、信濃国にあった群の名前で、現在の
長野市の一部と千曲市の一部にあたり、ソバの産地として有名な土地。
『更級日記』の更級ですね(更級日記は更級が舞台ではありませんが)。

 

「さらしな蕎麦」という名前は清右衛門が蕎麦屋を始める以前からあった
ようですが、布屋太兵衛のお店の名前は、「級(さらしな)」の「更」
の字に、「しな」は保科家の「」の一字を賜って「更科」としました。

 

飯野藩保科家の藩邸に近い、麻布永坂にお店を構え
「信州更科蕎麦処  永坂更科布屋太兵衛」の看板を掲げました。

 

 

sarashinahoriiiA「総本家  更科堀井」106-0046   元麻布3丁目11-4    03-3403-3401
B「永坂更科布屋太兵衛」106-0046   麻布麻布十番1丁目8-7    03-3585-1676
C「麻布永坂更科本店」106-0046   麻布十番1丁目-2-7    03-3584-9410

 

 

 

3つの「更科蕎麦」

今年、創業227年にもなるお蕎麦屋さんですが、
麻布には「更科」と名乗るお蕎麦屋さんが
徒歩5分程の範囲のなかに3つもあります。

 

 

  店名          創業       現在の当主
_______________________________

「更科堀井」A      1789(寛政元)年  9代目・堀井良教

「永坂更科布屋太兵衛」B 1959(昭和34)年  3代目・小林正兒

「麻布永坂更科本店」C  1950(昭和25)年  2代目・馬場繁二

 

 

3つとも「更科」が入っていて名前を見ただけでは
どのお店が本当の創業227年、布屋太兵衛のお蕎麦屋さんか
わかりませんが、創業を見て頂ければ一目瞭然ですね。

 

 

sarasisnahorii          明治10年頃の「永坂更科布屋太兵衛」

 

 

 

戦時下の大恐慌の中、一時は廃業

200年以上の年月の間には、様々なこともあったようですが
結論をいいますと「更科  堀井」が清右衛門の流れを汲むお店です。
ということで「総本家  更科  堀井」とも称します。

 

1875(明治8)年に「布屋」という屋号を改め、「堀井」
と名乗り、5代目からは布屋ではなく堀井太兵衛となり、
現在は9代目堀井太兵衛(堀井良教)が当主。

 

1941(昭和16)年、六代目の店主・堀井保の時、戦時下で国内外は
大変な金融恐慌が起こり、堀井家が出資していた麻布銀行が倒産
するなどのなか、お店は廃業の憂き目に遭うことになります。

 

 

160629nagasakasarasina    生粉打蕎麦(きこうちそば)「永坂更科布屋太兵衛」

 

 

 

戦後の混乱期に

1947(昭和22)年、戦後の混乱期に料理屋だった馬場繁太郎が「永坂
更科製麺部新開亭」を開業、19450年には「永坂更科」商標を取得し
麻布十番一の橋に「麻布永坂更科本店(現・永坂更科本店)」を開業。

 

実は私はこの事実を知る以前から、「永坂更科本店」の雰囲気は
お蕎麦屋さんというよりはお料理屋さんという気がしていましたが
やはりそうだったのかと納得しました。

 

サイトを見た印象もお料理屋さんのそれですし、お蕎麦も
美味しいお料理屋さんという位置づけのような気がします。

 

「創業寛政元年」とあるのは、ちょっと行き過ぎで、まるで家系図
をお金で手にし◯◯の子孫と名乗っているような悲しさを感じます。

 

 

sarasinahoriisakisai季節のおすすめ種物「秋菜(あきさい)」は栗、インゲン、
百合根、、銀杏、甘長唐辛子等の冷たい更科そば「更科堀井」

 

 

 

老舗の再開へ

一方、1949(昭和24)年、7代目・堀井松之助夫妻、麻布商店街
組合長・木村政吉、小林玩具店の小林勇により本来の伝統の暖簾を
再開したいとの思いから合資会社「永坂更科布屋太兵衛」を設立。

 

その後、1959(昭和34)年には小林勇が「株式会社
永坂更科布屋太兵衛」を設立し、この会社に大学卒業後の
8代目・堀井良造が入社しています。

 

ちなみにこちらの「永坂更科布屋太兵衛」のサイトにも
創業寛政元年の文字が見えますが……。

 

 

160919sarasinahoriisoba          もりそば「総本家  更科堀井」

 

 

 

「総本家  更科堀井」の復活

1984(昭和59)年12月には、江戸時代創業の血筋である
8代目・堀井良造が総本家を開店することになりました。

 

本来はこちらが布屋太兵衛の子孫であるにもかかわらず、様々な事情
で商標登録は他の2店が持っていたためお店の名前には使用できず

 

姓の堀井を冠した「総本家  更科堀井」になりましたが
こちらが正真正銘、創業寛政元年の布屋太兵衛のお店です。

 




スポンサードリンク



コメントを残す