ベジタリアンタコライス「イート・モア・グリーンズ」麻布十番

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

161014eatmoregreens

 

 

今年、3月12日リニューアルオープン

麻布十番パティオにある前回、御紹介の「カフェ  ラ・ボエム」から
少し麻布十番駅の方に歩いたところにあるのが、今日御紹介の
ベジタブルカフェ&ベーカリーのお店「イート・モア・グリーンズ」。

 

麻布十番駅の4番出口から146メートル、歩いてもすぐです。
営業時間は基本はランチの11時半から夜の23時までなのですが
土日祝は  8:30〜11;30  までモーニングがありますが、それ以外は

 

11:30〜15:00 ランチ
15:00〜17:30 ティータイム
18:00〜23:00 ディナー(ラストオーダーは22:00)

 

(「イート・モア・グリーンズズ(Eat  more  greens)」
106-0045  港区麻布十番2丁目2-5   フレンシア麻布十番サウス1F
03-3798-3191  営業時間:11:30〜23;00  お休み:年末年始)

 

 

azabu前回の「カフェ  ラ・ボエム」(I)   「イート・モア・グリーンズ」は(J)

 

 

 

前のお店「ドーナツブラント」と同じ経営

今年の初め頃、工事をしていたので別のお店に変わるのかな?
と思っていたのですが、そうではなく改装工事だったようです。
3月の12日リニューアルオープンしました。

 

この場所は以前「ドーナツブラント(DOUGHNUT  PLANT)」という
合成着色料・保存料・化学調味料・人工甘味料は使用しない
自然素材にこだわった、手づくりドーナッツのお店がありました。

 

その後「イート・モア・グリーンズ」ができたのですが「ドーナツ
ブラント」と「イート・モア・グリーンズ」は同じ経営だそう。

 

「イート・モア・グリーンズ」は肉や魚の他、卵も使用せず、主に
植物性の素材を使ったお料理を提供してくれるのが特徴です。

 

 


161014toumorokoshitya     トウモロコシのお茶「イート・モア・グリーンズ」

 

 

 

ステーキだけではないアメリカ

肉食をしないベジタリアンの中でも動物性食品を一切食べない人を
「ビーガン」といいますが、そのような人とベジタリアンではない人が
ともに食事を楽しむことができるようにと考えられたお店です。

 

「イート・モア・グリーンズ」の前にあった「ドーナツブラント」を
日本に持ってきた後藤順・ビッグイーツ代表が、「ドーナツブラント」
をオープンするためにニューヨークに通っていた時に出会ったのだとか。

 

アメリカというとステーキをイメージすることが多いものの、実際には
食に関してかなりストイックな意識を持った人たちがいるのも事実です。
1994年にニューヨークに「ドーナツブラント」をオープンした
オーナーのマイク・イズリアルもその一人でした。

 

 

161014eatmoregreens    ベジタリアンタコライス「イート・モア・グリーンズ」

 

 

 

911後のニューヨークで

美味しさの追求だけではなく、食の安全に心を配る人々。
そして、9・11はニューヨークの食生活に一層の変化がもたらします。

 

それまでの宗教的な動機からのベジタリアンという選択が
平和を願う気持ちの表れとしてのベジタリアンやオーガニック
という食生活に繋がっていきました。

 

ライオンは他の動物の肉を食べ、シマウマは植物を食べ動物を殺さない。
人間も動物の肉を食べることなく野菜や果物を食べて
人を攻撃せずに平和に暮らそうとの考え方。

 

そのような流れからニューヨークにはベジタブルカフェや
オーガニックカフェが増えているといいます。

 

 

150528sinmedaizu

 

 

 

ベジタリアンもそうでない人も

とはいえ東京ではまだそこまではいっていないと考えた
後藤代表取締役は、ベジタリアンだけではなくそれ以外の人も
一緒に楽しめるお店を作ろうと考えました。

 

例えばパルメザンチーズも乳製品ですので、それ以外のもので作った
代替品を使用するなどの工夫をしている「イート・モア・グリーンズ」
は、麻布十番のベジタリアンカフェとして有名になって行きます。

 

「ドーナツブラント」と「イート・モア・グリーンズ」を手がける会社は
後藤順代表が2002年に設立し、「ドーナツブラント」は国内16店舗、
レストランやカフェの経営で、2010年3月期には売上高15億8千万を計上。

 

 

150717daizunome

 

 

 

破産→他の会社へ譲渡

しかし、そのわずか3年後の2013年には東京地裁へ自己破産を
申請するに至り、破産手続きの開始決定を受けています。

 

現在の「イート・モア・グリーンズ」の経営は、2012年に
設立された渋谷の「株式会社  DOUGHNUT  PLANT  TOKYO」
(井関貴博代表他)に引き継がれているようです。

 

破産申請のことも、他の会社へ移譲したことも、お店を見ている
限りでは全くわかりませんでしたが、一つのお店を続けていく
ということはやはり大変なことなのですね。

 

 

 

ロゴ「豆と葉っぱ」 +   新ロゴ「星」

リニューアル後は、以前お店の外側にあった「イート・モア・
グリーンズ」のロゴが新しいものに変わっていて
前からのものは見当たりません。

 

 

eatmoregreens         「イート・モア・グリーンズ」ロゴ

 

 

このロゴは「イート・モア・グリーンズ」を作った後藤順代表が
もっと野菜を食べようというコンセプトを込めたもので、「greens」の
「g」は、豆が空に向かって伸びている様をイメージしたものだそう。

 

 

葉っぱフェチの私としてはこのロゴが好きでしたが、新しいものは
このように星をデザインしたシンプルなものになっています。

 

 

eatmoregreensnew
       「イート・モア・グリーンズ」新ロゴ

 

 

リニューアル後、お店の外側には葉っぱのロゴは消えましたが
店内には最初からのロゴもありますし、食器にもついていますので
変更というよりは新たなロゴが加わったということのようです。

 

 

161014toumorokoshitya    カップについている「イート・モア・グリーンズ」のロゴ

 

 

前の会社の後藤順さんが蒔いた種が、麻布十番で芽生えています。
たとえ育てる人は変わっても、スクスク育っていくと良いですね。
育てるのはオーナーやスタッフだけではなく、お客さんもなのかも。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.