「WASHOKU 蒼天 SOUTEN」ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」
メインダイニング「蒼天」

記事にするのがちょっと遅れてしまいましたが
今年のお正月は、昨年7月末にオープンしたばかりの
紀尾井町ガーデンテラスにある「蒼天」に行ってきました。

 

正式名称は「WASHOKU 蒼天 SOUTEN」というようですが
紀尾井町ガーデンテラス内にある「ザ・ブリンスギャラリー
東京紀尾井町」の35階にあるメインダイニング。

 

「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」
 〒102-8585 千代田区紀尾井町1-2  03-3234-1111)

 

「ザ・ブリンスギャラリー東京紀尾井町」のエントランスホールは36階。
東京ミッドタウンにある「ザ・リッツ・カールトン東京」もそうですが
タワーホテルはエントランスホールもかなり上にありますね。

 

 

        赤坂プリンスホテル(2011年3月31日)

 

 

 

2011年3月31日 赤坂プリンスホテル閉館

「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」が建つ前にこの場所にあった
赤坂プリンスホテルは、2011年3月31日に閉館しています。
(「『ポトマック』最後の日 『赤坂プリンスホテル』」)

 

桜にけるむ赤プリ最後の日の終了時間が迫る頃、
赤坂プリンスホテルの閉館を惜しむかのように
静かな雨が少しだけ落ちてきたのが印象的でした。

 

営業終了後の赤プリは、福島の被災者受け入れなどを経て
解体作業に入りましたが、その工法は日本で2例目という
「テコレップシステム」と呼ばれる解体方法でした。

 

 

 

静かにゆっくりと解体した赤プリ

騒音や、粉塵を抑えることができる「テコレップシステム」は
10日毎に2階分の高さ、6.4メートルずつ解体して低くなっていく方法で
毎日見ていると赤プリが小さくなっているのがわからなかったほどです。

 

しかも、解体された廃材をクレーンで下ろすエネルギーにより発電し
照明などの電力もまかなっているというスグレモノでもありました。

 

赤プリがだんだん小さくなっている様子が
次の3枚写真でお分かりいただけますでしょうか。

 

 

        赤坂プリンスホテルの解体(2012年8月)

         赤プリ、見えなくなっちゃいました

 

 

 

「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」建設

こうして時間をかけて解体された赤プリ跡地は
今度は、新たに生まれ変わるための工事に入りました。

 

赤プリ跡地のタウンネーミングが
「東京ガーデンテラス紀尾井町」に決定したのは2015年4月、
ホテルの名称が「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」
と発表されたのが、2016年1月21日のこと。

 

次の写真は「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」建設途中のもので
右に少しだけ見えるのが赤坂エクセルホテル東急、
真ん中手前が、赤坂見附駅の出口です。

 

 

「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」建設途中
右は「赤坂エクセルホテル東急」

 

   こちらの写真の左端の建物は「ホテルニューオータニ」

 

 

 

2016年7月27日「ザ・プリンスギャラリー
東京紀尾井町」オープン

そして、赤プリンスホテル解体後、5年の時を経て完成した
「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」のオープンは昨年7月27日。

 

私は今回が初めての訪問ですが、写真を撮り忘れてしまい
ましたので、「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」
からの眺めは、ホテルのサイトから拝借しましょう。

 

右上の方にちょっと高く見えるのが「六本木ヒルズ」、そのまま左に
寄ると「東京タワー」、東京タワーの左に付くように建って見えるのは
「プルデンシャルタワー」で手前で大きく交差している付近が赤坂見附。

 

 

「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」からの眺め
「The Prince Gallery   Tokyo Kioicho」

 

 

あたりまえですが、同じ敷地に建っているとはいえ
赤坂プリンスホテルの眺めとはかなり違った感じに見えます。

 

 

 

スカイツリーがお出迎え

「ザ・プリンスギャラリー紀尾井町」36階のエントランスホールから
1階だけ降りて「WASHOKU 蒼天 SOUTEN」に入った瞬間に
正面にスカイツリーが見えました。

 

赤プリからはスカイツリーは見えなかったものね、というのは
当然でスカイツリーができたのは2012年5月22日でしたから。
街がこんなにも急速に変化してしまうとは、何とも浦島たろ子状態です。

 

上の図ではちょうど切れてしまっているのですが、この左に同じような
建物が3つ並んで見えたので、大きなマンションでも建ったのかな?、
と思ったら議員会館(衆議院第一、衆議院第二、参議院)。

 

3つの建物の左側に国会議事堂が見えて、初めてわかった次第です。
いつも見上げている国会議事堂が小さく見えたので驚きました。

 

 

 前菜「青菜のポン酢お浸し」
「生ハムとタラの芽黄味揚げ」「トリュフムース」

 

 

 

料理長・高橋賢の思い

「WASHOKU 蒼天 SOUTEN」という名前 が示す通り「ザ・プリンス
ギャラリー東京紀尾井町」のメインダイニングはフレンチではなく和食。
とはいえお店の雰囲気は、和食和食してはいません。

 

それもそのはず、サイトによりますとこのお店が目指しているのは
「和食でありながら、そのカテゴリーに収まり切れない、進化する
“WASHOKU”」を提供する「コンテンポラリー空間」なのです。

 

料理長の高橋賢は、従来の和食では使用しない食材や調味料により
新しい妙なるバランスを生み出し、「今まで味わったことのない、
“初めて”の感動と心に響く美味しさをお届けしたい」と願っているとか。

 

 

         お椀 「海老芋コンソメスープ」

 

 

高橋料理長の意気込みは、このお椀でも確かに感じられるものでした。
一見、普通のお椀のようにも見えますが、実はこれは「海老芋の
コンソメスープ」(鱈場蟹、菜の花、クルトン、酢立、三ッ葉)です。

 

そう、コンソメなのです。
ですがもちろんベースには、和風だしがしっかり
きいていますので、そこはそれ和風ではありますが。

 

この他にも先ほどの前菜の「トリュフムース」とか、デザートの
「干し柿とチーズのタルト」等々、随所に工夫が垣間見えます。

 

 

 

器も「和モダン」

お店の雰囲気とともに、使っている食器もまさにそのような感じでした。
特にご飯とお味噌汁が入った器など「和モダン」
とでもいいたいようなおしゃれなもの。

 

(写真がなくて申し訳ありません、一緒に行った お友達が
送ってくれるはずだったのですが……、と完全に人頼みな私)

 

素敵な食器の中に1つだけ、少々過剰かなと思った器もありました。
それが次の写真のお造りを入れたものです。

 

 

お造り「お造り3種盛り合わせ」

 

 

趣向を凝らした飾りや見立てといったものは、和食頂く時の楽しみで
ある一方、過ぎてしまうのは、やはり及ばざるが如しという気もします。
フレンチ等では経験がないのですが、和食は
がんばり過ぎてしまうのでしょうか、時々ありますね。

 

お造りという生もの(いえ、生ものに限らず、例えば揚げ物でも前菜で
あっても同じだと思われますが)に、このような閉じられた感じの器は
少々息苦しくもあり、ちょっと違うような気がしないでもありません。

 

もちろん、それらの感覚は個人差がありますので
あくまでも私の感じ方に過ぎませんが。

 

 

 

次回は、じっくり味わいに

今回、残念だったことは、私自身は充分に味わったつもりなのですが
如何せん、おしゃべりをしていて味の記憶はちょっとぼやけ気味なこと。
1年ぶりに会ったお友達が、衝撃的な話を聞かせてくれたりしたもので。

 

そういえば、お料理をサービスしてくれる時に「お楽しみ中、
失礼しますが」というような言葉を毎回、耳にしてような気もします。
そんなに夢中で、おしゃべりをしていたかなぁ?(←無自覚!)

 

ということで今度こそ、高橋料理長の腕を充分に
味わうために是非、もう1度行ってみたいと思います。

 




スポンサードリンク



コメントを残す