「そういう」を「そうゆう」と書くこと、気になりませんか?

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「い」の方が美しいと思うのですが

今回は、かなり前から非常に気になっていて
私個人としてはちょっと気持ちが悪い表記に
ついて書かせていただきたいと思います。

 

それというのは「そうう」を「そうう」と
「い」を「ゆ」として書くことです。

 

本来は「そういうことです」「そういうふうに」
のように書くところを、「そうゆうことです」
「そうゆうふうに」のように、「いう」の部分を「ゆう」
と書くことなのですが、皆さんは気になりませんか?

 

そのような表記をするのがごく少数でしたら、単なる
書き間違えとやり過ごすこともできるのですが、かなり
多くの人がそう表記しているように見受けられます。

 

またこのように、はびこっている(?)様子にも
かかわらず、それについて指摘している人をあまり
みかけることもないのも不思議な感じがします。

 

まあこれは、私がたまたま見ていない
だけかもしれませんが。

 

 

「赤坂サカス」のシンボルツリー「紅枝垂」

 

 

 

冗談でしょ?

「いう」を「ゆう」とする表記を最初に見た時
私は筆者がふざけて書いているのだと思いました。
そのようなことは私自身もしていますから。

 

例えば、今日のブログの最初の一行目では
非常に気になり」という言葉を使いましたが、これを
ひじょ〜に気になり」「ヒジョーに気になり」等
の書き方をあえてすることはあります。

 

また「冗談でしょう?」の「う」を抜かして
「冗談でしょ?」にしたり、
「嘘(うそ)」を「ウッソー」と書いてみたり、
「そうなの?」を「そーなのぉ〜?」というように。

 

 

 赤坂サカス「さくら坂」

 

 

くだけた雰囲気と表現の誇張が漂うような気がする
このような書き方は、多くの人もしていらっいます。

 

ですがあくまでもこれは、あえて何らかの効果を
狙って書いている(というほどのこともありませんが)
のであって、「そーなのぉ」という表記が正しくない
ことは充分承知して書いているはず。

 

ですから「そうゆう」と書かれている文章を見た最初の
頃は、当然のことながら、書いている人はわかっていて
あえて書いているのだろうと思っていたわけです。

 

 


「六本木ヒルズ」

 

 

 

えっ、マジ?!

ところがそのうちに、そうでは
ないと気づくようになりました。
文章の性質からしても、前後の文を見ても、とてもそうとは
思えないものを度々目にすることが増えてきたのからです。

 

そのうちこれは真面目にというか、本当に「そうゆう」が
正しい表記と信じて書いているらしいと思うにいたりました。

 

しかも、10代や20代になったばかりの人が書いている
のみならず、それよりははるかに年上の人さえ
「そうゆう」を平然と使っていることには驚くばかり。

 

 

「赤坂サカス」のさくら坂にある八重桜「普賢象」

 

 

 

実際の発音に近いというのならば……

確かに、実際に話す時は「そういう」の「い」は
「い」ではなく「ゆ」と発音しています。

 

「ですが書く時は『そうゆう』ではなく『そういう』
と書くのです」と、このことに関して書かれているもの
の多くは、このあたりの説明で止まっているよう。

 

でも「そうゆう」が実際の音に合わせた、というのならば
「い」だけを「ゆ」するのもおかしなことです。

 

「そういう」の発音を忠実に表記するとしたら
「そうゆう」よりも「そおゆう」「そーゆう」
の方がより近いでしょう。
それなのに、なぜ「い」だけを「ゆ」と書くのでしょうか?

 

 

「国際文化会館」の入り口から見える「六本木ヒルズ」

 

 

 

むしろ、「そうゆう」は発音しづらい

その上、実際に発音をしてみると分かりますが
「そうゆう」は話し言葉としては、かなり言いづらい言葉。

 

「そういう」も実際に音に出すと言いづらい言葉では
ありますが、「そうゆう」は、「そういう」に
負けず劣らず発音しにくい言葉ですよ。
是非、皆さんも実際に音を出して試してね。

 

ですから「そうゆう」を使う理由が、話し言葉通り
の表記にしているためということだとしたら
とてもおかしなことに思えます。
中途半端感は免れません。

 

 

 「国際文化会館(旧岩崎邸)」六本木
池に浮いているのは桜の花びらです

 

 

 

増えてきていませんか?

このように、文字の表記と実際の音が
違うことは結構あることです。

 

「お父さん(おとうさん)」と書いても、
実際は「おとおさん」と発音していますし、
あるいは「おとーさん」の方が近いかもしれません。

 

「行く」も「ゆく」と言ったりしますが、書き言葉を
全て実際の話し言葉の発音通りに表記しようというこ
とになったならばこれはもうかなり大変化が起きますね。

 

でも、そのような理由ではなく、なぜ「そういう」
のみが「そうゆう」と書くことが多くなっている
のか、本当に不思議です。

 

 

「プルデンシャルタワー」

 

 

 

しかも最近は「そうゆう」表記が
市民権を得つつあるような気がするほどの
勢いで広まっているようにも思えます。

 

それを目の当たりにして私は、少々
恐れ(!)をなしているというのが実際のところ。

 

などと書いてしまった後に「なぜだ!」と自分に
突っ込んでみたのですが、こう改めて考えてみますと
それは多分「そうゆう」が美しくないからでしょう。

 

でも言葉って、多くの人が使うようになると
勢力を持っちゃうんですよね、残念なことに。

 

どうか皆さん、ここは一致協力して
「そうゆう」をとどめませんか?

 

 

赤坂サカスのお隣の「赤坂パークピル」の桜

 

 

今、最近と書いてしまいましたが調べてみると
すでに2007年に、「『そうゆう』と『そういう』
はどちらが日本語として正しいのか?」
という質問がヤフー知恵袋等にありました。

 

ということは10年以上前から、すでに
かなりの人がそのように表記していたため
疑問に思った人がいたわけです。

 

私も人様のことをとやかくいえるほど
ことば遣いがよいわけでもありませんし
時にはわざと乱暴な言葉を使ったりもします。

 

ですがあくまでもTPOをわきまえて、それなりの
ことば遣いができるようになりたいとは思っています。
少なくとも、大人(20歳以上)は
正しい表記をしたいものです。

 




スポンサードリンク



12 thoughts on “「そういう」を「そうゆう」と書くこと、気になりませんか?

  1. 初めまして!ググっていてたどり着きました。
    「そうゆう」に疑問を持っていたので全く同じ考えの方がいらっしゃって嬉しく思いました(というかこれが普通なんですよね)
    私も例えば「これがフツーなんですよね」とか書いちゃったり、文章の中に「(?)」を入れて誇張したり、TMRの曲の歌詞に「どーゆー」とか出て来たりしているのは単なるお遊びというか許される範囲だと思います。
    分かりやすかったのは「おとおさん」でした。発音と表記は違うし、親しみや誇張で「うちのおと〜さんってね・・・」って書いたりするのはいいのではないでしょうか?
    驚いたのは真面目な文章でも「そうゆう」を書いてる方が多い事です。食べれる、が今市民権を得ていますがいつかそんな風になってしまうのかなぁ・・・。
    それに「って」も使われなくて「て」なんですよね。「このブログて楽しい」みたいな言葉があふれてるんです。
    私は国語学者ではないですが、なんか美しくない言葉が乱れ始めてる様な・・・お芋にお箸を突き刺して食べたりお皿を舐めたりする様な感覚の言葉(上手く表現出来ませんが)がはびこってる様な気がしてなりません。
    共感出来たブログでとても嬉しく思いました。どうもありがとうございました!

    • NAVI様

      コメントをありがとうございます!!

      「そうゆう」の気持ち悪さを、指摘して
      いる方がいらっしゃらないので
      みなさん気にならないのかな?、と。
      意地悪ばあさん、あるいは小言幸兵衛
      状態に一人、寂しく沈んでいましたので
      NAVIさんのコメントに元気をいただき
      嬉しくなりました!

      NAVIさんがおっしゃる
      「驚いたのは真面目な文章でも『そうゆう』
      を書いてる方が多い事です。」
      が、私もとても気になります。
      その年齢の方がそういう文書で使うの?
      という場面に遭遇した時など本当にがっかり。

      ただ地方によっては(私は方言に詳しく
      ありませんが)「そういう」を「そうゆう」
      に近い発音をする所もあるようですね。
      ですが、その地方にお住いの方でも
      標準語で書かれる文章であれば
      「そうゆう」が入るのはおかしいわけで。

      そうそう「食べれる」もその通り!
      確かかなり昔に、クレヨンしんちゃんが
      「玉ねぎ食べれる?」
      と言ったとか言わないとかでした。
      でもそれは、あえてそのような言葉遣いを
      したのに(もっと昔に「好きくない」という
      言い方があったように)、いつの間にか
      こんなに普通に使われるようになって
      しまい非常に残念です。

      NAVIさんが書いてくださった
      「『って』も使われなくて『て』なんですよね。
      『このブログて楽しい』みたいな言葉が
      あふれてるんです」
      って、本当ですか!?
      全く気づきませんでした。

      そうなんですか……、
      本当に美しくないですよね。
      小言幸兵衛のように、いちいち指摘する
      というのもなんですが、まさに「美しくない」
      ゆえに残念でならないのです。
      NAVIさんの、お芋に箸を突き刺し、お皿を
      舐めるがごとくの例え、声に出して笑って
      しまいましたが、まさにそうですね、

      本当にありがとうございました!

  2. 検索からたどり着きました。
    私もそう”ゆう”使いに嫌気をさしています。
    驚いたのが有名大学を出ている新卒の社員も使っていました、、、。
    ホント世も末ですね。

    • 「旅行に行くもイラっとする男」さま

      コメントをありがとうございました!
      「旅行に行くもイラっとする男」さん(面白いお名前ですね!)も、
      そのように感じられるとは嬉しい限りです。
      でも、そうおっしゃる方は結構多いと思われるのですが、
      「そうゆう」は、なぜ下火(?)にならないのでしょうね……

  3. そうゆう、すっごく気になります!!!
    私も最初はわざとやっているのだとばかり思っていました…。
    そうゆう以外にも、~ってゆう、等と書かれているのを目にしますね。
    なんだかここ2,3年で急に見かける頻度が多くなったような…?
    ギャル文字みたいなもので、ちょっとおバカ(失礼)なタイプの女の子たちが好んで使うものだと思っていたら、いつのまにか性別年齢関係なくなってました。

    どんなに真面目な文章でも「ゆう」が出てきた瞬間ギャル子ちゃんな声で脳内再生されてしまいます…。

    • あり様

      コメントありがとうございます!
      そうですよね、気になりますよね。
      「瞬間ギャル子ちゃんな声で脳内再生」
      って、おかし過ぎる〜ぅぅぅ!
      そうなんですよ、私もこの「↑ ぅぅぅ」的に
      使っているものとばかり思っていました。
      ところが、おい、おい!!という感じで
      驚いたり、呆れたりと。

      仲間内でなら、もうどうなことでもOKで
      しょうが、ある程度公的(?)な場合は遠慮
      するのが普通だと思うのですが。

      それとも、あまりに普通になってしまって
      (その証拠にYahoo!知恵袋に「皮肉」
      ではなく、質問したりする人もいるので)、
      もしかしたら本当に正しい言葉だと
      思う人たちもいたりするとか?(ちょっと
      ホラー、だって美しくないもの)

      ありさんのようの私も、これからは
      ギャル子ちゃん声で脳内再生がされそう
      な予感が……。

  4. 凄いわかります。
    「そういう」は「そのような」という意味なのに、「そう言う」と書くおバカな人もちょいちょい見かけます。
    なので、そういった人達に書かせると、「そういうことを言うな」は「そう言うことを言うな」となります。
    小学生からやり直したほうがいいといつも思っています。

    • 佐藤さま

      コメントをありがとうございます!
      そう、そうなんですよね、私もそれ思っていました。
      最初は、誤変換かな?、とも思っていたのですが
      そうでもないようで。

      「小学生からやり直したほうがいいと
      いつも思っています」
      に笑いが止まりません……。
      でも、これ冗談ではなく本当にそうだという事実
      には、何ともいえない悲しささえ感じますが。

  5. そうそうそう!本当にその通り!!と思ったので思わずコメントします。
    私は50手前ですが、小学校時代に「そういう」を「そうゆう」と書いたら
    確実に手直しさせられました。それが染み付いているせいもあって
    「そうゆう」表記はもう気持ち悪いの一言です。
    でも若いバカっぽい(失礼)人ならいざ知らず、私より年上でさらに
    博識な人がその表記をしている(さらに文章中それで一貫している)ことに
    衝撃を受けています。子供の頃手直しされなかったの?と。
    そこが不思議で仕方がありません。

    • ロータス様

      コメントをありがとうございます!
      (美しいお名前ですね)

      そう、そうなんですよぉ〜!
      ロータスさんのおっしゃる通り、
      「でも若いバカっぽい(失礼)人ならいざ知らず、
      私より年上でさらに博識な人がその表記を
      している」んですよね、なぜでしょう?

      まさか、「現在はそのような表記に変わった」
      と思っているわけでもないでしょうに。
      子どもの時から「そうゆう」と書いていなかった
      人が、すでに人生も後半に突入した今になって、
      なぜそんな姿に成り果ててしまうのやら……、
      情けない限りです。

      ここはひとつ、「美しい日本語をとりもどす」
      ために有志の皆様方に、“いわば”
      「全日本『そうゆう』撲滅協議会」でも立ち
      上げていただき、“まさに”日本がこれ以上、
      バカっぽくなるのを止めていただきたい
      と切に願うところです。

  6. こんばんは!以前コメントさせていただいたNAVIです。
    「そうゆう」に違和感を持っている方々のコメントを読ませていただき
    私達が普通の感覚なのになぁ・・・って思いました。
    「そうゆう」をよく目にするのはネットの書き込みなどですが
    校正がしっかり入る出版物にはない事を祈ります・・・!
    「全日本『そうゆう』撲滅協議会」私も会員になりたいです!!

    かわいいあぷりちゃんはとっても幸せでいっぱい愛されたと思います。
    虹の国のたもとからaprisugarさんを見守ってくれていると思っています。
    私も長生きだったインコとの生活はかけがえのない思い出です。

    • NAVIさま

      まあ、再びのコメントをありがとうございます!!
      この記事に、一番最初にコメントをくださった方
      ですよね。

      本当にそうですね。
      あまりに普通に「そうゆう」が書かれています
      からね、嘆かわしいことに。

      いや〜、考えてもみませんでしたが、もし本に
      「そうゆう」が登場したら、怖いですよ! 恐怖!
      もし見つけてしまったら、出版社の編集者に
      小一時間、みっちり問い詰めたいと思いますが。

      わぁ〜、お優しい言葉をありがとうございます……
      あぷりのことを考えると、本当に今でもダメなん
      ですよ。
      NAVIさんのおっしゃる通り、見守ってくれていると
      思っています、絶対に。
      今年はこの2か月間で、夢を3回、見ちゃいました。
      それが、全部ちっちゃな時の、赤ちゃんのあぷり。
      実際のあぷりは3か月以上過ぎてからうちに来て
      くれたので、そんなにはちびちゃんではなかったの
      ですが。

      そうですか、NAVIさんはインコちゃんと暮らして
      いらしたのですね、しかも長生きの。
      私も小さい頃、オカメインコと一緒でした。
      NAVIさんが上手に世話をなさったので、インコ
      ちゃん、長生きできたのでしょうね。
      鳥も、生きる子は結構長く生きられるといいます
      から。
      それに、すっごく頭がいいと、学生時代の先生が
      おっしゃっていました。

      本当に本当に、かけがえのない思い出ですね、
      けなげな命たちと過ごした日々は。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください