柿右衛門の「本物」と「ニセモノ」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

15代・柿右衛門「杜鵑草文(ほととぎすもん)皿」
こちらは本物です

 

 

柿右衛門のニセモノ

日本の焼物の中で高い評価を受けている柿右衛門。
有名な作品の宿命であるとはいえ
柿右衛門にもやはり贋作が多くあるそうです。
「柿右衛門のサイト」にもこんなことが書かれていました。

 

「 贋作のご注意

  大変残念なことですが、
  このところ、柿右衛門の濁手作品および製品等の
  模倣品」が市場に数多く出回っております。
  ご購入の際は、十分、お気を付けくださいませ。」

 

以前、このブログでまるで冗談のような「柿右衛門の猫」
というニセモノをご覧いただいたことがありました。
このような招き猫風のものや、

 

 

(写真、上下とも/「偽物古伊万里」

 

 

やはり同じポーズをしているこちらとか。

 

 

まあ、これは如何にもニセモノニセモノして
いるので、あまり問題がないともいえますが。

 

 

 

本物とニセモノを同時に展示

しかしこれほどニセモノ然としたものではなく
したり顔のニセモノがたくさんあるようです。

 

著名な作家や窯の作品に似せた類似品の横行に頭を悩ませる
焼物の里、佐賀県で消費者に注意をうながすための展示会が
行われたそうです。(2008年2月18日「朝日新聞」)

 

 

右の徳利だけが本物(写真/「asahi.com」)

 

 

佐賀県天神にある公共施設アバンセで行われた
「偽ブラント品・海賊版撲滅展」というものがそれ。
14代・柿右衛門の徳利と猪口のセットの「本物」と
「ニセモノ」を並べて展示したそうです。

 

同じ絵柄の3つの徳利と猪口がありますが、一番右のものが
本物で、写真ではよくわかりませんが、左と真ん中の
徳利は手書きではなく印刷で絵付けがされたもの。

 

色が何となくくすんで見えることに加え
全体に肉厚なのが特徴ということです。

 

 

13代・柿右衛門「錦梅鳥文香爐」
こちらは「濁手」でかつ本物です

 

 

 

「濁手」であるか否かは真贋とは別

「柿右衛門」といえば「濁手」ということが有名なため
濁手でないものはニセモノという方がいらっしゃいますが
これは間違いです。

 

全体数から見ると濁手でないものの方が多いので
濁手でないからといってニセモノとはいえません。

 

また柿右衛門の初期は、中国景徳鎮のものを参考にしたため
中国風の模様も多いようですがそれ故、中国風の絵でないと
柿右衛門ではないというのももちろん間違いです。

 

 

 

サイン

手がかりの一つとして裏に書かれたサインがあります。
柿右衛門のサインは12代が途中から使い始めたもので
それ以前は「福」と書かれていたものが多いということ。

 

 

12代・柿右衛門のサインはこちら。

12代のサイン(写真/サインは3つとも
「ともさんの焼き物・骨董紀行」

 

 

13代の柿右衛門はといいますと、

13代・柿右衛門のサイン

 

 

そして14代・柿右衛門。

14代・柿右衛門のサイン

 

 

初めて見るとちょっと似ていてわかりにくいですが
よ〜く見ると違いがわかってくるような気も……。

 

 

 

角鉢の角の作りが甘い

八角鉢などの角の部分がピシッとしておらず
にぶくぼわ〜っとしています。

 

上の写真がニセモノで
下が本物です。

 

 

上がニセモノ、下が本物(写真/「偽物物古伊万里」)

 

 

 

釉薬がシワ状になっている

写真のように釉薬がボコボコとしていて
滑らかでないものはニセモノです。

 

 

(写真/「偽物古伊万里」)

 

 

 

柿右衛門人形

冒頭にニセモノの「柿右衛門の猫」を挙げましたが
柿右衛門には「人形」という人の姿の作品もあります。

 

こちらの4つの柿右衛門人形のうち
1つだけが本物ですがおわかかりでしょうか?

 

 

この中で1つだけが本物の柿右衛門人形
(写真は4枚とも/「偽物古伊万里」)

 

 

①は、こういう方っていますよねと思わせる
顔立ちで、巧拙とは別に何となくリアリティを
感じますが、答えは「③」番です。

 

お人形は意外にわかりやすいかもしれません。
難しい専門的な知識がなくても、美しいか否かで
本物とニセモノがすぐにわかりますからね。

 

私のような素人はつい顔を見てしまいますが
柿右衛門人形のすごさは「手の表情」なのだとか。

 

繊細な手の表情はニセモノでは絶対に真似ができず
「偽物古伊万里」のサイトによりますと
「人間の手と孫の手ぐらい違う」ということです。

 

 

15代・酒井田柿右衛門 「濁手 松文 水指」
本物です

 

 

手はあまりよく見えないのですが
確かにお顔は全然違います。
本物の柿右衛門人形だけは、見れば見るほど
美しく上品さが漂っています。

 

柿右衛門人形だけではなく、他のあらゆるもの
の真贋もわかるようになりたいですね。

 

ただ最近はニセモノもかなり進化しているということ
ですので、私たちも目を鍛えなくてはいけないようです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す