タワーズ「ザ・リッツカールトン東京」東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160103ritzcarltontowers

 

 

2016年1月3日 東京

新年、1月3日お昼頃の東京の模様を、東京ミッドタウンにある
ザ・リッツカールトン東京のレストランからの眺めました。

 

年に一度(以上のこともありますが)会うお友達との
お正月のお食事会も今年で、もう何年になるでしょうか。

 

今回はザ・リッツカールトン東京ホテルの45階にある「タワーズ」。
一昨年は、このお隣の「ロビーラウンジ&バー」に来ました。

 

ザ・リッツカールトン東京 「タワーズ」
107-6245 港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン 03-3423-8000)

 

 

101171ga10000023-370x149        「アジュール フォーティーファイブ」

 

 

 

45階に3つのレストラン

リッツカールトンには、45階に3つのレストランがあります。
一つ目はメインのフレンチダイニングの
「アジュール フォーティーファイブ」。

 

こちらは2年ほど前にこのブログでも紹介したことがありますね。
「アジュール  45 さまざまな親子」

 

 

140130operahanbun    「アジュール フォーティーファイブ」のデザート

 

 

この写真は、その時のデザートです。
チョコレートで出来たボールのようなものを割ったところ。

 

2つ目は「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」では
まだ登場していませんが「ロビーラウンジ&バー」(今度ね)。

 

 

 

「東京タワー」と「スカイツリー」

そして3つ目が、今日の「タワーズ(Towers)」です。
「タワーズ」の名前は東京タワーとスカイツリー、
2つのタワー(Tower)が見えるところからつけられました。

 

この3つのレストランは、それぞれの位置に
よって見えるタワーが違います。

 

 

140130shanpan        「アジュール  45」からの東京タワー

 

 

「ロビーラウンジ&バー」ではスカイツリーが、
「アジュール  45」は東京タワー。
そして「タワーズ」だけが両方のタワーが見えるのですね。

 

今回は窓際席を予約していましたので、この写真のように
まさに窓に向かってお友達と並んで座るスタイル。
一面のガラス窓で、少々目がまぶしかったほどです。

 

 

160103ritzcarltontowers

 

 

 

ドレスコードは「カジュアル・エレガンス」

「タワーズ」は昨年の4月までは、アメリカングリル料理という
ことでしたが、現在はモダンビストロに生まれかわっています。

 

リッツカールトン東京のフランクリー・ラルーム副料理長の
監修のもと、世界各地のさまざまなお料理を現代的にアレンジした
モダンビストロは気軽に訪れることの出来るカジュアルレストラン。

 

先ほどの「アジュール45」のことを書いた当ブログの記事に
ドレスコードに関する言葉で検索してくる方がいらっしゃいます。

 

リッツ・カールトンホテル45階にあるレストランの
ドレスコードは全て「カジュアル・エレガンス」と
表記されているので、迷われるのかもしれませんね。

 

私個人の感じとしては3つのレストランとも、サンダル履きの
普段着という感じでなければ、全然問題はないと思われます。

 

ただ、「アジュール  45」は、お店の側から注意を促される
ということではなく、訪れる自分自身のために
ちょっとだけお洒落をしていきたいような気もしますが。

 

 

 

メイン料理

こちらはお友達がオーダーした「帆立貝のカルパッチョ」
だったでしょうか?、名前に自信がありませんが
フランクリー・ラルーム副料理長のお勧めでもあります。

 

 

160103ritztowers   「ホタテのカルパッチョ」多分……(撮影/S子ちゃん)

 

 

そして次が私の注文したお料理なのですが、写真がボケてます……。
もちろん、撮影したのは私です。

 

 

160103ritztowershorohorodori      「ほろほろ鳥のナントカ」(撮影/私)

 

 

写真がボケボケの上、名前もはっきり覚えていないという情けなさ
ですが「ほろほろ鳥のナントカ」という名前でした。(!)

 

御覧のように、栗をはじめいろいろな添え物でほろほろ鳥が
見えないほど飾られている、見た目も味もとても満足な一品。
ほろほろ鳥はフランス産だそうです。

 

写真では全体が写っていませんが、お皿は長方形で
厚みも少々あってツヤもあり、初めて見たタイプのお皿。
ちょっとまな板みたいですが、盛りつけがとても映えます。

 

 

 

テーブルに雲

そしてデザートはビュッフェ形式で、好きなものを
好きなだけいただけるという嬉しいブランチコース。

 

お友達はかなり抑えめだったのに対し、私は小さめのお菓子ね
という言い訳のものと、かなりたくさん食べてしまいました。

 

テーブルのシャンパングラスの足下に
雲が映っているのが御覧になれますでしょうか?

 

 

160103ritztowers

 

 

上の写真の雲は、丸々とした雲。
次のは横に棚引いた雲が、テーブルに縞模様を描いています。

 

 

160103ritzcarltontowers

 

 

果てしなく広がる空が、思いっきり大きなガラス窓を通し
テーブルの上にやってくる、そんな初春の「タワーズ」でした。

 

スポンサードリンク




月の中に見えるものは? ウサギ、ライオン、人間?

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

151115aptokyotwer

 

 

お餅をついているウサギ

日本ではお月様の中にいるのは、お餅つきをしているウサギですね。
ところがこの月の模様、他の国々では
ウサギではなく様々な模様として捉えているようです。

 

日本、中国、韓国はウサギ派。
ただし中国のウサギさんは、お餅つきではなく
薬草を挽いているといいますから、さすが漢方の国。

 

このウサギ説はインドの神話から中国経由で日本にきたものだとか。
似ているお話は、インド、モンゴル、中央アメリカに
広く分布しているということです。

 

 

130912usagiakasakaaono

 

 

他の国では?

月の中に動物を見ている国
アラビア「吠えるライオン」
アメリカン・インディアン「ワニ」
インド「ワニ」
モンゴル「イヌ」
ヨーロッパ「ロバ」
南米の一部「ロバ」
南欧「大きなハサミのカニ」

 

 

tukishumama      (写真/「シュウ(ウサギ)の自由だらけ」)

 

 

人間の顔や、姿を見ている国
アメリカ「女性の横顔」
東ヨーロッパ「横向きの女性」
インドネシア「女性が編み物をしている姿」
オランダ「悪行の報いとして幽閉された男の姿」
ベトナム「大きな木とその下で休む男の姿」
北欧「本を読む女性」
ドイツ「薪をかつぐ男」
北ヨーロッパ「水をかつぐ男女」
カナダインディアン「水を運ぶ少女」

 

 

151030tokyotowermoon

 

 

ロバやワニは複数の国で登場しています。
また、一つの国でもいくつかの見方をするのかもしれません。

 

オランダの「悪行の報いとして幽閉された男の姿」
というのは、かなりすごいですね。
オランダではそのようなお話があるのでしょうか?

 

 

 

ネガポジが逆

これらの中で私が最もイメージできなかったものが
東ヨーロッパの「横向きの女性」。

 

ですが今回、この絵を見て納得しました。
こういうことだったのですね。

 

 

josei          (イラスト/「キッズgoo」)

 

 

月の白っぽく見える部分はクレーターが多い高地で
黒の方は「海」といわれる低地です。

 

私はお餅つきのウサギの印象が大きくて、黒の部分で模様を
考えていたのですが、こちらはむしろ白い部分が主。
白が横顔で、黒い部分が髪の毛ということでした。

 

 

 

「ルビンの壷」

こんな風にネガとポジ、どちらを見るかで模様の受け取り方が
違ってくる絵としては「ルビンの壷」が有名ですね。

 

 

rubinnotubo       (イラスト/「NHKにほんこども新聞」

 

 

ちなみに高校の同級生と、この手の絵をいくつか見たのですが
彼女と私は、全てが逆だったのに心底驚いたことがありました。

 

向かい合っている人の横顔を見るか、あるいは壷を見るか?
あなたにはどちらが見えますか?

 

スポンサードリンク




「三日月」「半月」「十五夜」を英語で言うと

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

140409tukisenbei450

 

 

十五夜は「収穫期の満月」

英語では十五夜を「the harvest moon
(ザ  ハーベスト  ムーン)」といいます。
秋分の頃の満月を指す言葉です。

 

「harvest(収穫)」ですから、秋の実りに感謝する
日本の十五夜と同じような意味合いをもっているのは
洋の東西をとわずといったところですね。

 

雨で十五夜お月様が見えなかった時は
「the harvest moon in the rain」
「the harvest moon on a rainy night」。

 

 

151114tokyotower     雨で見えない十五夜は「the harvest moon in the rain」

 

 

 

「満月」と「半月」と「ちょっと太った半月」

満月を「full moon(フルムーン)」という言い方は
ほとんど日本語になっていますね。

 

半月の「half moon(ハーフムーン)」も同様で。
半月より少し膨らんだ月は「gibbous moon(ギボスムーン)」。

 

新月の言い方は知らなくても、想像できますね、
そう「new moon(ニュームーン)」です。
新月前の月が全く見えない状態は「dark moon(ダークムーン)」。

 

「dark moon(ダークムーン)」のことを日本語では
「晦(つごもり)」といいますが、一年の最後の「晦」が
「大晦(おおつごもり)」で大晦日(おおみそか)。

 

樋口一葉の「大つごもり」という短編小説もありましたっけ。
読んだのは大昔なのですが年末になると何故か思い出します。
青空文庫 樋口一葉「大つごもり」

 

 

20141008kaikigesshoku0

 

 

 

「新月」は闇夜を過ぎて「満月」までの間

私は月の全く見えない「闇夜(dark moon)ダークムーン」が過ぎて
三日月になるまでのほんの短い間を「新月(new moon)」と
いうのかと思っていたのですが、そうではないようです。

 

「闇夜(dark moon)ダークムーン」が過ぎて満月まで間を
「新月(new moon)」というのだとか。

 

闇夜 → 三日月 → 半月 → 膨らんだ半月 → 満月
     ←_______________→
          この間が新月

 

 

140409tukihosi

 

 

 

「三日月(上弦・下弦)

それでは三日月はといいますと
crescent moon(クレッセントムーン)」。
上弦の月です。

 

また形としては同じような細い月ですが
下弦の月は「decrescent moon(デクレッセントムーン)」です。

 

「crescent (クレッセント)」をフランス語でいうと
「croissant(クロワッサン)」。
そう、パンの名前と一緒ですね。

 

 

130618kurowassanbonrupa

 

 

「crescent (クレッセント)」のもとの言葉は「成長する」
という意味のラテン語だそうですが、三日月からだんだん成長して
満月になることを表しているのでしょう。

 

音楽記号でだんだん大きくすることを「クレッシェンド」、
反対を「デクレッシェンド」といいますが、これも同じラテン語から
来ているのかもしれませんね(音楽記号はイタリア語です)。

 

 

70726f647563742f537461647465722f3130373133372d6d6f6f6e2e6a7067003235300000660066

 

 

 

「月の満ち欠け」

ちなみに月の満ち欠けを英語で言いますと
「wax and wane(ワックス  アンド  ウェイン)」。

 

「wane」は欠けていくで、「wax」が満ちるという意味。
この「wax」は、いわゆるワックスと同じスペルです。

 

鑞、蜜蝋などの意味の他に、今回の「月が満ちる」という意味や
イギリス英語の俗語では「怒り、かんしゃく」という意味もあるそう。
「get into a wax」で「かっとなる」という意味だとか。

 

スポンサードリンク