ニューヨーク

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

akairippoutaiisamunoguti_2013082001232887c         『赤い立方体』イサム・ノグチ ニューヨーク

 

 

 

優しい街 ニューヨーク

人が転んだり、滑ったりする時というのは、
私の数多の転倒経験からいいますと(?)、後に倒れることが
多い気もしますが、時には前に倒れることもあります。

 

なんとものぐさなと、いわれてしまうのは必須なのですが、
湯船のお湯を汲むのにお風呂場には入らずに、洗面所に膝を
ついて手を伸ばして汲もうとしたことがありました。

 

狭いお風呂場なので普通だったら、充分可能なのです。
でもその時は支えていた左手が水で滑ってしまい、
そのまま顔がガーンと床に……。

 

どちらの頬だったか忘れてしまいましたが
内出血のひどい色になりました、

 

一週間後くらいに、国会の外務委員会で子どもの権利条約
の審議が行われ、その傍聴に行ったのですが、
その時はガーゼをして行きました。

 

その数日後には、ニューヨークに行く予定がありました。
私はアメリカに行ったのはこの時だけです。

 

頬のすごい色は、さほどでもなくなっていましたが
それでもまだ普通の色ではありません。

 

ガーゼをしていたか、ハンカチで押さえるようにしていた
のかは覚えていないのですが、ニューヨークの
スーパーマーケットで買い物をしている時のことです。

 

店員さんが私を見て、
「大丈夫?」
と心配そうに聞いてくれるのです。

 

一人ではなく、何人もの人がなのです。
そのうちの一人は、紙で上手に包んだ大きめの氷を持って
きてくれて、私の方が恐縮してしまったほどでした。

 

ニューヨークは人種のるつぼのコンクリートジャングル、
どちらかといえばこわい街、と思っていた私には
驚くことばかりでした。

 

東京より、はるかに他の人を気遣い、
またそれを言葉にする人が多かったからです。

 

これは、たまたまそうだっただけのことなのでしょうか。
たった一度しか行ったことのない私には、
ニューヨークについて語る資格は全くありません。

 

 

130415kokuren            (写真/Wikipedia

 

 

 

ニューヨークで聞いた「風の歌」

優しい街ニューヨークで、風が歌ったような
美しい歌を聞きました。

 

ニューヨークの国連本部の郵便局だったか売店だったか
忘れてしまったのですが、何かを買う場所でした。
葉書か何かを選んでいる時のことです。

 

他にお客さんはいなかったような気がします。
(と書いてみて、そんなことがあるだろうかという
気もするのですが、確かにいなかったように思います)

 

静かな、ささやきというには少しだけ大きな歌声が
流れていました。

 

音の大きさが低い(小さい)とともに、
音の高さ(ピッチ)も低く、ゆったりとした音質の声です。

 

売店の女性が、ゆっくりと時間が流れる、人気のない
午後のひとときに、思わず口ずさんだようでした。

 

もちろん、歌詞の意味はわかりません。
美しい旋律でした。

 

アフリカの子守唄なのでしょうか?
あるいはアフリカの民謡なのか……。

 

130504bach

 

西洋音楽のベルカント唱法といわれる発声法とは異なる
自然につぶやいたような歌い方も私は好きです。

 

品物を選ぶことはかたちだけになって、
私はその歌に心を奪われていました。

 

静かな穏やかな午後のひととき、

見渡す限り遥かなアフリカの大地に、

ゆったりと風が吹いている。

その風が木々の間を縫うように伝わってきた時、

風は美しい旋律に生まれ変わっている
.
….そんなことを思わせる歌でした。

 

私はそこで買ったバッハの「マタイ受難曲」を
手にして、カフェテリアに行きました。

 

眺めのよいカフェテリアです。
イースト川が見えました。

 

風も歌も川も、そして人も
絶えることなく流れていきます。

 

110128_世界初の青いバラ「サントリー ブルーローズ アプローズ(APPLAUSE)」全国発売_アプローズ1

 

 

ニューヨークのバラの花

私のたった一度のアメリカ旅行であるニューヨークへ行ったのは、
4月の始め頃だったと思います。

 

ニューヨークのこの季節の天気が、どのようなものなのかは
いまだに知らないのですが、滞在していたわずかな間は
雨が多かったような気がします。

 

雨が降っていなかった日のセントラルパークでのこと。
うさぎを散歩させている男の人がいました。

 

ここ数年は日本でも「うさんぽ」と称して、
うさぎのお散歩が流行っています。

 

私がうさんぽという言葉を知ったのは、
1990年代後半の「うさファン(わーるど・らびっと・ふぁんくらぶ)」
の本ででした。

 

それよりも前に、ニューヨークのセントラルパークで
初めて出会ったうさんぽには少々驚ろいたものです。

 

(ここでちょっと一言。
うさぎさんは犬とは違い、必ずしも散歩が好きではありません。
といいますか、苦手な子の方が多いと思います。
あぷりも嫌いでした。
うさぎは公園で犬に会うのもストレスですし、
また犬や猫のダニがつくこともありますので……)

 

雨が多かったニューヨークですが、
私は雨が嫌いではありません。

 

暴風雨はともかくとして、静かに降る雨は嫌いではない
というよりは、むしろ好きなくらい。

 

しかもニューヨークの街は
雨がとても似合うようにも思えました。

 

そんなニューヨークの街を歩いている時のこと、
二人の男性が路上でお花を売っていました。

 

きれいな見事なバラの花束でした。
ふと見ると、そばに同じバラの花束が一束落ちています。

 

私が「落ちてますよ」というつもりで花束を
お花を売っていた男性達の方に差し出しました。

 

すると二人の男性は同時に、
「いいよ、あげるよ」
と笑いながら言いました。

 

といっても、本当は英語が全くわかりませんので
そうじゃないかなという感じだけなのですが……。

 

私はここだけはもう日本語になっている英語で
お礼を言いました。

 

グレーに煙るような雨のニューヨークの街に
淡いピンク色のバラがよく映りました。

 




スポンサードリンク



コメントを残す