黒光「新宿中村屋」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
blog_import_51535fcdc8e94

 

新宿中村屋のおまんじゅう、「黒光」です。
新宿中村屋の創業者は相馬愛蔵、相馬良夫妻です。

 

その良さんのペンネームが「黒光」ですが、
本名の良よりも黒光さんの方が有名です。

 

「星」が旧姓だといいますから、
結婚改正前は「星良」さんだったんですね。

 

黒光は明治女学校在学中に、
恩師から与えられペンネームだそうです。

 

「溢れる才気を少し黒で隠しなさい」
という意味なのだとか……
すごい!

 

今日のお菓子の方の「黒光」の入れ物は、
ローゼンタール〈魔笛〉ではなく、古伊万里です。

 

これは本当はお皿ではなく、蓋つき煮物碗のふたの部分です。
この煮物碗はふたの裏にも、このように模様が描いてあります。

 

また煮物碗ですと丸いものが普通ですが、これは八角形。
そのためか本体とふたとが、現代の物のようにピッタリとは
あいませんが、それもまた趣きですね。

 

また写真にかげが写っていますが、これもまた趣ですね……、
というのはウソです。
精進します。。。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください