アーモンドバター「Justin’s Almond Butter」 from☆シアトル

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
blog_import_5153650f0d234

 

 

袋が可愛いね

みぎぃさんに送っていただいたものの中から
今日はアーモンドバターを食べました。
いつのもように写真が下手で、ごめんなさい。

 

お皿の右側にある袋がそれです。

 

「クラッシック(CLASSIC)」
「ハチミツ(HONEY)」
「チョコレート(CHOCOLATE)」

 

の3種類ありますが、これはクラッシックです。

 

 

 

ピーナツバターとは全然,違う!

私が知っている「ピーナッツバダー」の
アーモンド版なのかな?、と思ってあけてみたら……。

 

これが大違い!
全く別物でした。

 

いわゆるピーナッツバダーのような混ぜ物がないんですね。
そしてこのクラッシックは、甘味もありません。

 

本当にアーモンドをつぶしてあるんだ~、
というホンマモンでした。

 

添加物の濃い味に慣れつつある舌に、自然の素材
そのものが持つやさしい味を思い出させてくれました。

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “アーモンドバター「Justin’s Almond Butter」 from☆シアトル

  1. SECRET: 0
    PASS:
    私がブルーエンジェルスにうつつを抜かしている間に!(笑)
    これ、丁度スーパーで三種類しかなかったのですが、実はもっと種類があるんです。ピーナッツバター、ヘーゼルナッツ+チョコ等。
    以前、ピーナツバターはアフラトキシンで危険だのなんだのと書いた事があるのですが、このミニパックなら開封するまでは劣化しないし、開封したらすぐ使い切れるので、しょっちゅう好んで買っています o(^o^)o
    もちろんオールナチュラルという所も気に入っています。
    相変わらずセッティングがカッコいいです!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん
    そうなの、うつつ修行の間に。。。
    炎天下の一時間半はあり得ない。。。しかも,それで終わりじゃなくて,そこからなんだものね。
    しかも車が止まるって!
    ガソリンで動いているんだからなくなれば止まるのは当たり前なんだけど,何となく想像できない,というかそういう状態の車を見たことがないと思う(だから当然,それを押しているのもね)。
    しかし、「正しい支部長のあり方」を今回ご教示いただき、自らの未熟さを恥じ入るばかり。
    まあ、私は「犬張り子~」の支部代表「代行」だからね。
    そう、震えなきゃいけないのね、震えなきゃ。
    ありがとう、おいしいよ~!
    他にも種類があるんだ。
    今はどんなものでも簡単に輸入できると思いきや、やっぱり違うんだよね。
    オールナチュラルで,本当にそれだけをつぶしてあるのは、歯のない私には有り難い限り。
    考えてみると贅沢だよね、混ぜ物をしてかさを増やしていないんだものね。
    本当は,フツーのパンが一番いいんじゃないかと思って,他のはそれで試すつもり。
    もったいないから取ってあるのだよ、フフフッ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください