「ハンセンーロス工房:カナダ大草原の工芸の開拓者」展 高円宮記念ギャラリー カナダ大使館

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

blog_import_5153670d8c065

 

「ハンセンーロス工房:
カナダ大草原の工芸の開拓者」展 

カナダ大使館,高円宮記念ギャラリーでの「ハンセンーロス工房:
カナダ大草原の工芸の開拓者」展に行ってきました。

 

デンマーク生まれのフォルマー・ハンセン(1930年~)と、
ウィニペグ生まれのデビッド・ロス(1925~1974年)の

2人のアーティストの陶芸スタジオ
ハンセンーロス陶工房の作品の紹介です。

 

この工房での創作活動は、は2005年で
終了していますので、現在は工房はありません。

 

 

 

バーナード・リーチの影響

ハンセンとロスは異なった学校で学び訓練を受けましたが、
ともにスカンジナビアのデザインと、イギリス人陶芸家
バーナード・リーチ(1887~1979年)の影響を受けています。

 

リーチは日本人の陶芸家、濱田庄司(1894~1978年)との
交流を通じて得た、「陶器は品格を備え、適正な価格で,

入手可能なものであるべきだ」という考え方に、ハンセンと
ロスは深く共鳴していたそうです。

 

この展覧会では、彼等の陶器が60点以上が紹介されています。
これらの作品がカナダ国外で展示されるのは、
今回が初めてだということです。

 

私はこの写真の作品に心魅かれました。

 

blog_import_5153670d705b3-233x300

 

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください