ネーミングの力、恐るべし「北海道チーズ蒸しケーキ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

120906musi

 

 

「北海道チーズ蒸しケーキ」

北海道の形がお腹(?)に見える、ヤマザキの
「北海道チーズ蒸しケーキ」。
随分前からありますね。

 

この「北海道チーズ蒸しケーキ」の北海道の模様を見て
思ったのですが、これって北海道だから
さまになるのですよね。

 

特徴のある北海道の形、日本で生まれて育った人なら
「北海道チーズ蒸しケーキ」をみて、この模様が
「北海道」とわからない人はいないでしょう。

 

 

 

焼いたり、冷やしたり

この「北海道チーズ蒸しケーキ」は人気の商品です。

 

「シフォンは好きじゃないけど
『北海道チーズ蒸しケーキ』は好き」
と言っている人がいましたが、私もまさに同感。

 

そして「北海道チーズ蒸しケーキ」の食べ方もいろいろあるよう。
まず、トースターで焼いて食べるというのがありました。

 

ええっ、そんなことしたらこのフワフワ感がなくなっちゃうのでは?
と思いましたが、そんなこともなく「北海道」の部分(!)が
パリパリとして美味しいそうです。

 

そしてもう一つは「北海道チーズ蒸しケーキ」をそのまま
冷凍庫で冷やしてから食べるというもの。
こちらは何となく味が想像できる気がします。

 

 

 

 ネーミングの力,恐るべし

今回、お店で「北海道チーズ蒸しケーキ」を買う時に
隣りに「うさぎのほっぺ」というパンがありました。

 

真っ白でフワフワのどら焼きが2枚入っています。
私はどら焼きが苦手なので買いませんでしたが、

 

どら焼きのようなスポンジ系ものでなければ
買ってしまったと思います。

 

ただ「うさぎ」という名前がついているだけなのに。
ネーミングの力(というか、うさぎの力?)ってすごいですね。

 

「うさぎのほっぺ」もネーミングという作戦勝ち(?)
ではありますが「北海道チーズ蒸しケーキ」も
ある意味そうかもしれませんね。

 

お腹に「北海道」の模様がなかったとしたら
こんなに人気商品になったかな、という気もします。

 




スポンサードリンク



コメントを残す