初の冷凍食パンを成功させた「フジパン」 マロンケーキデニッシュ

「あぷりのお茶会」へようこそ!
120924denisshu

 

 

「フジパン」は国内製パン業界、第3位

「フジパン」のマロンケーキデニッシュ。
「和栗クリームとケーキ生地で包んで焼き上げ
ミルクホイップを入れました」とあります。

 

今日のマロンケーキデニッシュを作っている
会社は「フジパン」

 

昨日、御紹介した「パスコ(PASCO)敷島製パン」は
国内製パン業界第2位でしたが、「
フジパン」はそれに続く第3位に位置する会社。

 

そして「フジパン」も、昨日の「パスコ(PASCO)」
と同様、本社は愛知県名古屋市にあります。

 

 

 

「フジパン」の本当の創業は1922年

「フジパン」の設立を見ますと、2006年、
平成18年7月1日となっています。

 

そんなに新しい会社なのに国内製パン業界第3位?、
と最初は驚いたのですが……。

 

実はこの2006年には、管理部門の「フジパングループ本社」と
製造及び販売部門の「フジパン株式会社」に会社分割をした年。

 

その前身の会社は1951年に出来ています。

 

ですがこの会社もまだ「フジパン」の
本当の意味での最初の会社ではありません。

 

最初といいますと、なんと1922年
大正11年までさかのぼります。

 

 

12 10 22 daihukumitai      「大福みたいなホイップあんぱん」フジパン

 

 

戦争で一時休業後に新たな会社設立

舟橋甚重が名古屋市中区に和洋菓子製造販売の「金城軒」を
作ったことから「フジパン」の歴史は始まります。

 

しかしこの「金城軒」は時の波に出会い
休業せざるを得なくなってしまうのです。

 

1941年、といえば昭和16年
「生活必需品統制令」により休業。

 

全ての人の生活に、人生に、破壊的な影響を与える
戦争の大きな波をかぶってしまったのですね。

 

しかしその数年後の1946年、昭和21年の5月に、終戦後の
配給食料としてのパン委託加工を始めることとなりました。

 

そして1951年、昭和26年に資本金50万円で、
「富士製パン株式会社」を設立。

 

この会社が、現在の会社分割以前の
「フジパン」の前身の会社です。

 

 

 

1966年、初の冷凍食パンの製造に成功

国内製パン業界第1位のヤマザキ製パンは
グループ内にデイリーヤマザキを抱えており、

 

また同2位の敷島製パンは同じく、ココストアがあるのですが、
「フジパン」にはそのような大手のコンビニストアとの
資本関係はないようです。

 

ですが、それをマイナスとみるのではなく、むしろ逆にとらえて
サークルKサンクスや、ミニストップなどのコンビニエンスストアに
製品を供給しているということです。

 

日本マクドナルドのハンバーガー用のバンスも
こちらの「フジパン」のものだそうですよ。

 

また「フジパン」は日本初の完全自動包装を1958年、
昭和33年に実施しています。

 

1966年、昭和41年に初の冷凍食パンの製造に
成功したのも「フジパン」だそうですので

 

ある意味、「フジパン」は日本国内製パン業界のトップ
を走っていたともいえるのですね。

 

そしてこれはおまけですが、1995年にミッフィーの
商品権を獲得したもの「フジパン」です。

 




スポンサードリンク



コメントを残す