小海老と季節野菜のスパゲティ マスイクラ添え 「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」ANAインターコンチネンタルホテル東京

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130125supagetyi

 

 

「マスイクラ」は沈んで見えないのですが

「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」のサラダスパゲティ。

 

名前は「小エビと季節野菜のスパゲティ マスイクラ添え」
という長いものです。

 

緑色の細長いものは、最初ニンニクの芽のボイルしたもの
かなと思ったのですが、万能ネギでした。
バジル、ミント、ディルなども入っています。

 

 

 

ドレッシングに苦手な香草が

ドレッシングが和えてあるタイプのサラダです。
私の苦手な香草がドレッシングについていて、その香りが
このサラダ全体にしてしまい、ちょっと残念。

 

香草というのは、ほんの少しでも全体に影響しますので
苦手なものは本当に影響が大きいですね。

 

これが例えば「ニンジンが嫌い」という個々の野菜が嫌いと
いうような場合でしたらニンジンを除けたりということも
出来ますが、香草はね……。

 

もしかしたら、好きな香草の名前よりも
嫌いな香草を覚えていたほうがいいのかな、
などと思ってしまったほどのインパクトの強さでした。

 

 

 

「鱒」+「イクラ」だったのね

サラダ容器の上の方には、マスイクラがあったのですが
私が器に移す時に下の方に沈んでしまって
写真では写っていませんね。

 

この「マスイクラ」という言葉ですが、私は最初この言葉が
「鱒」と「イクラ」の意味だとはわからずに
「ますいくら」というようなモノがあるのかと思ってしまいました。

 

たとえば「スルメイカ」「イケブクロ」(?)みたいなね。
ところがこれは「鱒」の「イクラ」という意味だったのですね。

 

(サザエさんのうちの「イクラ」ちゃんの「イクラ」ですよね。
って、説明のしかた間違ってるかな?)

 

 

 

「イクラ」とは魚の卵をバラして塩漬けにしたもの

そもそも「イクラ」とは魚の卵をバラバラにして
塩漬けにしたもののことですから
必ずしも「鱒」や「鮭」でなくてもいいのです。

 

卵の粒の大きさでいいますと、鱒のイクラのほうが
鮭のイクラより小さいそうです。

 

このピエール・ガニェールのサラダの「マスイクラ添え」
という意味は「鱒のイクラが添えてある」という意味だったわけ。
いくらなんでも、国語力なさすぎですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す