フロマージュ ブルー「メゾン・ボングラン・ジェラール」 チーズ史上初、製造と熟成を一つの施設で

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

201305150012227ec

 

 

200年の歴史を持つ「メゾン・ボングラン・ジェラール」

「フロマージュ ブルー」。

 

フランスの「メゾン・ボングラン・ジェラール」社の製品を
ブレスブルージャポンが輸入をし、
チェスコ株式会社が販売しています。

 

「フロマージュ ブルー」を作っている「メゾン・ボングラン・
ジェラール」社の歴史は1811年に始まるそうです。

 

 

 

チーズ史上初、製造と熟成を一つの施設で

19世紀、メゾン・ボングラン・ジェラールはフランス各地の
酪農家を訪ねて歩き、個性的なチーズの発掘につとめます。

 

これはと思うチーズがみつかると
自社の蔵で完璧な状態で熟成をさせました。

 

といいますのもその当時は、チーズの製造と熟成は
別々の場所で行っていたからだそうです。

 

そして1898年にはメゾン・ボングラン・ジェラールは
チーズ業界史上初の、製造と熟成を一つの施設内統合する
フロマジェリー ジェラールを開発したのです。

 

 

 

〈ジェラール・クラシック〉は全部で3種類

現在では世界28カ国でメゾン・ボングラン・ジェラールの
チーズが売られているそうですよ。

 

その中でも今日の「フロマージュ ブルー」は日本でも
お馴染みのチーズですね。

 

「フロマージュ ブルー」は、メゾン・ボングラン・ジェラール社の
というよりはフランスを代表する〈ジェラール・クラシック〉
シリーズの一つといってもよいでしょう。

 

 

20130515002657e34

 

 

〈ジェラール・クラシック〉シリーズのチーズは3つあります。

 

一つは今日御紹介した「ジェラール フロマージュ ブルー」。
このパッケージはどこかで御覧になったことが
あるのではないでしょうか?

 

その他には「ジェラール クラシック カマンベール」と
「ジェラール クリーミー ウォッシュ」です。

 

 

 

青かびはちょっと控えめな「フロマージュ ブルー」

「フロマージュ ブルー」のブルーとは青かびのことですね。
最初の写真を御覧になって頂くとおわかりの通り、

 

「フロマージュブルー」の青かびの入り方は
かなり控えめといいますか、少なめです。

 

正直なところ、私はちょっともの足りないかなあ、
という気もしないでもありませんが……。

 

ブルーチーズのなかでもマイルドなチーズ
ということなのでしょう。

 

「フロマージュ ブルー」125グラム入り。
100グラム当たりの熱量は353カロリーだそうです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す