クランキー抹茶ソフトクリーム「ロッテ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
121225kuranki

 

ロッテのクランキー「抹茶ソフトクリーム」。

 

京都、宇治の抹茶パウダーを練り込んだ抹茶チョコの中に
サクサク食感のモルトパフがはいっています。
昨年、2012年5月15日に発売されました。

 

1箱55グラム入り。
発売されて一年半にもならないのに
このロッテの「クランキー」シリーズって
種類がいっぱいあるんですよ。

 

「クランキー」「クランキーホワイト」「クランキー(果実いちご)」
「クランキースリムパック」「クランキーヨーロピアンエクシード」
「クランキーアーモンドチョコレート」「クランキーキッズ」
「クランキースリムパック(濃厚ミルクホワイト)」
「クランキークッキー&クリーム」
「クランキーポップジョイ(ミント)」
「夏のクランキービスケット」「クランキーポップジョイ」
「クランキーダブルパフ」「クランキーウエハース」
「クランキーエクセレント」
これで15です。

 

これに今回の「抹茶ソフトクリーム」に、他のもまだあるようです。
一番わけがわからないのがこれです。
「クランキー(受験パック)」。
クランキーが明光義塾とコラボして
頑張る受験生を応援するのだとか……。

 

と、ここで「コラボ」という言葉が出てきました。
お菓子や食事関係とは限りませんが
この「コラボレーション」という言葉をよく見かけます。

 

「マリアージュ」も食品関係には多用されますね。
お菓子・食事関係ではありませんが「リスペクト」という言葉も。
私自身は、ほ〜んのわずかな違和感を感じます。

 

それはこれらの言葉が、まだ完全に「日本語(?)」には
なっていないからなのかもしれません。

 

たとえば「OK」や「サンキュー」ということばも
日本の社会に浸透しはじめた最初の頃は
そんな雰囲気を纏っていたのかもしれませんしね。

 

ただ考えてみますと、同時通訳を仕事にしている私の友人たちが

「◯◯をリスペクとして」

「◯◯と△△とのマリアージュ」

というような言葉を使ったのは聞いたことがありません。

 

彼女たちは、一応にカタカナ言葉を多用せずに
美しい日本語を話しています。

 

以前,こんなことがありました。
腎臓病の話をしている時のことでした。

 

腎臓病では、顔が満月のように丸く浮腫んでしまう
ことがあるそうです。

 

その症状を説明をする時に
私は「ムーンフェイス」という表現をしました。

 

帰国子女でもあり、数か国語に堪能で同時通訳をしている友人は
それを「満月症」と言いました。

 

私は思わず笑ってしまいました。

「私が『ムーンフェイス』でS子ちゃんが『満月症』だなんて……」と。

 

それ以降、気にしてみると語学に堪能な人は
カタカナ外国語(?)をあまり使わないような気もするのですが
いかがでしょうか。




スポンサードリンク



コメントを残す