ダイエットのための食事環境

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130222supun

 

 

環境による食事量の変化

アメリカで、食事をする時の環境によって食事量が変化するという
興味深い実験の結果が発表されました。

 

コーネル大学のブライアン・ワンシンク教授らが
イリノイ州で実施したもので、「Psychological Reports」誌に
掲載されたものです。

 

ブライアン・ワンシンク教授らの実験は
ファーストフード店で行われました。

 

ファーストフード店で、食事中をする際に
照明と音楽を通常よりも落とすと、顧客の摂取
カロリーが落ちる傾向があることがわかったそうです。

 

 

140202rosenthalnanohana

 

 

 

より快適な環境だと食事量が減る

照明を落として落ちついた雰囲気にして音楽も低めにし
邪魔にならない音量に調節して流したということです。

 

つまり、よりくつろいで食事ができるように環境を整えたのです。
すると、そのような明るさと音量を絞った場所に座った顧客は
通常の場所の顧客に比べて、摂取カロリーが18パーセント落ちる
という結果が出だのです。

 

ここでいう摂取カロリーが落ちるとは
「食慾が減退する」「食慾が失せる」という意味ではなくて
「少ない量で満足できる」という意味の摂取カロリーが低いということ。

 

実験では、照明と音楽の音量をしぼることだけではなく
観葉植物も置き、テーブルクロスを使いキャンドルも灯したそう。

 

つまり、食事の環境として、よりよいとおもわれる様々なことを
試してみたといいことなのでしょう。

 

もっとも、少ない量でも顧客が満足してしまう、ということは
お店にとっては、必ずしも嬉しい結果ではないかもしれませんが。

 

 

121123bebiri

 

 

 

「快適」の基準はそれぞれ

これは以前も書きましたが、快適さに欠ける食事は
そのマイナス部分を埋めるかのように、もしくは取り戻すが
如くに食物を多く摂取する傾向があります。

 

快適であればあるほど満足感があり、自ずと少ない量でも
充分に満たされた感じになるのでしょうね。

 

食事をして感じる満腹感は必ずしも摂取量と比例するものではないよう。
食事をする人の、その時の状態によっても
快適と感じることは異なるとは思います。

 

場所や、共に食事をする相手(あるいは一人の方が好ましいことも
あるでしょうが)、食事の内容とそれらを供する器、
灯りや音の状態…..などなど。

 

これらが全て相まって作り出された環境により
人は満腹感のみではない、満足感を感じるのでしょう。

 

なんとなくわかるような気もしますね。
これらのことは私達も無意識のうちに
感じていることでもあるように思われます。

 

 

botanika

 

 

 

量をとっても満腹感を感じない?

以前、めちゃめちゃに忙しい仕事をしている人と
夜に会ったことがあります。

 

その人は、夕食は会議をしながらすませたということでした。
ですが、何か物足りないというのです。

 

「量が少なかったのでは?」と私は聞いてみました。
ですが、そうではありませんでした。
むしろ逆で「量は2倍近く摂っているはず」だということ。

 

これなどはまさに、体というより心が満たされていない、
精神的に食事をした満足感に欠けているからなのでしょう。

 

ダイエットをするというのは、痩せることではなく
最適な体重、体調に近づくためにするのだと思います。

 

そのためには、実際に体にとりいれるもの質のみならず
その環境がいかに大きな影響を与えているかということだと思います。
楽しい食事の時間を持ちたいものですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す