キャラメルクリームの作り方 ナッツキャラメルデニッシュ「パスコ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130215kyarameru

 

 

ナッツキャラメルデニッシュ

パスコの製品です。
アーモンドとくるみ、そしてパンプキンシードが入っています。

 

「キャラメルクリーム」とカスタードケーキが
包み込んであります。

 

アーモンドとくるみはありますが
パンプキンシードというのはちょっとめずらしいですね。

 

 

 

キャラメルクリーム

そういえば最近、「キャラメルクリーム」を作って
失敗してしまった人の話を読みました。
すっごくまずかったのだそうです。

 

作り方は簡単だそうでして、

 

まず、水と砂糖を茶色くなるまで煮たところに
温めた牛乳にバターと蜂蜜を混ぜたものを入れて
さら煮詰めて、トロッとしてきたら出来上がりというもの。

 

 

kyaramerukurimu_20140106044118e9f

こちらはその失敗した「キャラメルクリーム」ではありませんよ。
すっごく美味しく出来た「キャラメルクリーム」!
(写真/「カリフォルニア便り」
一応外見は「キャラメルクリーム」っぽい茶色になっていて
トロッともしているのだそうです。

 

 

ですが、中にぼそぼそとした細かいつぶつぶがあり
分離しているように見えるということでした。

 

これは牛乳を入れた後に、こんなふうに
変化をしてしまったそう。

 

外見はちょっと似ていても、市販の「キャラメルクリーム」とは
ほど遠いもので、「ただの甘いドロドロ」とのことでした。

 

 

kyaramerukurimu_201401060456288bb

「失敗しないキャラメルクリーム」
(写真/「楽天レシピ」

 

 

 

失敗の原因は牛乳?

先ほどの「キャラメルクリーム」が失敗した理由ですが
回答では、牛乳が原因なのではないかとの指摘でした。

 

やはり、生クリームでないとむずかしいようですね。
また、味も全然違うようです。

 

「キャラメルクリーム」を上手に作るには
牛乳ではなくて、やはり生クリームでなくてはいけないそう。

 

 

 

キーとなる乳脂肪分

乳脂肪分が38〜40パーセント前後の生クリームが
「キャラメルクリーム」を作るには最適だとか。

 

35パーセントよりも脂肪分が低い生クリームですと
薄すぎて「キャラメルクリーム」が分離してしまうこともあるとか。

 

それでは乳脂肪分が、多ければ多いほどコクがあって
おいしい「キャラメルクリーム」ができるのか、

 

といえばさにあらず、濃厚すぎて冷やした時に
味がもったりしてしまうのだそうです。

 

難しいですね。
ですが、何事もバランスということなのでしょう。

 

 

kyaramerukurimu_201401060450176711

超簡単なキャラメルクリーム」(写真/「COOKPAD」)

 

 

 

簡単にできるキャラメルクリームの作り方 

「超簡単なキャラメルクリームの作り方」なるものを見つけました!
グラニュー糖 60グラム
生クリーム  60グラム
材料は、これだけです!

 

作り方も簡単ですが、一つ注意することは
作る前に生クリームは冷蔵庫から出して常温にしておくこと。

 

先ずお鍋にグラニュー糖を入れて中火にかけます。
グラニュー糖が色づいてきたら、色を均一にするように
おなべをゆっくりと揺さぶるようにします。

 

茶色が濃くなってきたら生クリームを三回に分けて
その都度、弱火にして混ぜます。
でき上がり量が、少量なのがいいですね。

 

これでしたらすぐ使い切れる量ですし
簡単に作ってみることができます。

 

しかし
「失敗しないキャラメルクリームの作り方」(楽天レシピ)と
「超簡単なキャラメルクリームの作り方」(COOKPAD)とは
おもしろいですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す