六本木クローバー閉店(涙)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

yotubanokuroba130914

 

 

六本木「クローバー」が見つからない……

灯台下暗しではありませんが「あぷりのお茶会」
は赤坂・麻布・六本木といいながら、六本木の
「クローバー」をまだ紹介していませんでした。

 

昨年の終わりに、来年こそは六本木の
「アマンド」や「クローバー」を
紹介しましょう、と書いたのですが。

 

 

blog_import_5153615a9903f

 

 

などと思っているうちに、時は既に
桜の季節になっていた4月初めのこと。

 

麻布に行く途中に六本木の「クローバー」によって
お菓子を買おうと思い出かけました。

 

 

 

六本木「クローバー」を通り過ぎちゃった?

ところが気がつくと既に六本木ヒルズに
来てしまっていたのです。
あれ〜、気づかないうちに通り過ぎちゃったのかな、と。

 

それから1週間後、また同じ道を歩いて麻布に
行く用事がありましたので、今日こそ六本木の
「クローバー」に行こうと決めて歩いて行きました。

 

いつものように、あちらこちらを、ふらふらと見ないで
六本木「クローバー」がある通りをしっかりと見ながら
お店のある場所の少し前で「あそこだよね」と。

 

ところが、そう思っていた場所に近づいてみると
そこにはコンビニがあるだけでした。
でも、確かここだったと思うのですが……。

 

ビルの名前を確かめますと「クローバーピル」です。
嫌な予感がしました。
まさか、まさかそんなことはことはないよね?

 

少々の胸騒ぎを感じながらも訝しげに歩いて行くと
六本木ヒルズについてしまったのです。
「クローバー」はありませんでした。

 

 

blog_import_515368829edae

 

 

 

不安が的中

家に帰って調べてみますと、ガ〜ァァァン!
やっぱり、そのまさかでした。

 

六本木「クローバー」のサイトには
閉店のお知らせが……。

 

そういえば、六本木「クローバー」によるつもりで
いつの間にか通り過ぎていたと感じたことは
桜の季節以前にも、2.3度あったのです。

 

その時は、うっかり通り過ぎたとだけで
あまり深く考えなかったのが悔やまれます。

 

 

 

1936年に六本木に誕生

「クローバー」洋菓子店が六本木に喫茶室を
つくったのは昭和11年のことだったそうです。
この写真は昭和30年代の六本木「クローバー」。

 

 

clover

昭和30年代の六本木「クローバー」
(写真/「Patisserie  CLOVER」)

 

 

その後、昭和48年に「クローバービル」が完成し
「六本木クローバー」として親しまれてきました。

 

 

 

 六本木「クローバー」からの悲しいお知らせ

「この度、店舗設備の老朽化や周辺環境の変化を鑑み、
一旦閉店させて頂くことといたしました。
長い間のご愛顧に心より厚く御礼申し上げますと共に、
またこの六本木で皆様とお会いできる日を楽しみにしております。
株式会社クローバー 」(「Patisserie  CLOVER 六本木本店」)

 

 

roppongiclover

 

 

 

「クローバー」六本木本店閉店

先日は、麻布十番のリタティーノの「閉店お知らせ」
写真を「あぷりのお茶会」に載せたばかりだというのに
今日は六本木「クローバー」の閉店のお知らせを
しなくてはならないとは……。

 

しかも、今回は数年前に新たにできたお店ではなく
老舗も老舗、六本木といったら「クローバー」でしょう!
というようなお店ですよね。

 

唯一の救いといえば「一旦、閉店させて頂きます」
という言葉ではあります。

 

ですが、一旦閉店した後、どこどこで何時できますという
具体的な表現が一切ないことが不安をかきたてます。

 

「またこの六本木で皆様とお会いできる日」と
書いてありますので、この場所ではない、六本木の
どこかに移転オープンするということなのでしょうか?

 

いずれにせよ、本決まりではないニュアンスが
漂っているようにも感じられてしまいます。

 

 

141015ringoshuyou

 

 

 

すでに2009年から「ヨックモック」に統合

また、昨年末からオンラインショップが
「ヨックモック」と統合されたとも書いてあります。
よく読んでみましたら、

 

「創業78年の歴史と伝統を継承しつつ2009年8月に
ヨックモックグループの一翼を担って新たに
生まれ変わりました」とありました。

 

すでに2009年に!
そうだったんですね、それで閉店のお知らせに具体的な
場所等が書かれていなかったことも理解できます。

 

私は「ヨックモック」も大好きですので
そちらと統合というのがせめてもといえば
そうではあるのですが、やっぱり寂しいですね。

 

 

IMG_clover_cakeチーズケーキ(写真/「Patisserie  CLOVER」)

 

 

 

チーズケーキを日本で最初に販売

今回、六本木「クローバー」のサイトを見て初めて
知ったことなのですが、チーズケーキを日本で最初に
作ったのは六本木「クローバー」だったそうです。

 

1950年代の後半、当時の社長がヨーロッパやアメリカの
市場視察に行った時に、朝食で出たチーズを見てこれを
スイーツの素材として取り入れたいと思ったのだとか。

 

帰国後、パティシエ達が3年の月日をかけてつくりあげた
のが、1963年発売の「カッテージチーズケーキ」でした。

 

その後、1960年代後半に入ると、他の洋菓子店でも
チーズケーキを作るようになりましたが
六本木「クローバー」が先駆けだったのですね。

 

 

 

130514yotubaomote

 

 

 

ブルーチーズケーキ事件

また現在は休止中ですが、私も大好きな
ブルーチーズ使った「ブルーチーズスフレ」
なるものも人気商品だったようです。

 

チーズといってもブルーチーズをお料理ではなくケーキ
に使うとは、やはり六本木「クローバー」は魁ですね。

 

とはいってもこの「ブルーチーズスフレ」を発売
する前の試食会では、まだブルーチーズが一般的
ではなかったための、ハプニングもあったとか。

 

試食会では説明をする前に、すでに皆さんが
ブルーチーズ入りのスフレを食べ始めてしまいました。

 

おいしいと言いながらブルーチーズスフレを口に
していたものの、中にカビが入っているのを見て
怒号が飛んだといいます。

 

たしかにケーキの中の「カビ」は、驚いて当然ですよね。
しかしみなさんによく説明をし、1か月後にようやく
販売にこぎつけた、というブルーチーズ事件
なるものもあったということでした。

 

 

img_first_03

ブルーチーズスフレ
(写真/「Patisserie  CLOVER」

 

 

 

「待ってるよ〜!」

私は、正直にいいますと六本木という土地は
赤坂や麻布ほど大好きというわけではありません。

 

ですが「クローバー」は、やはり何といっても
六本木にあってほしいと勝手ながら思ってしまいます。

 

六本木「クローバー」様、
出来るだけ早く、六本木の地に
新しい「クローバー」を作ってくださいな!

 

どうか、この願いが一日も早く叶いますように……。

 

 

140416roppongihiruzukumo

六本木「クローバー」を探している時に見た一直線の雲
右下に写っているのは「六本木ヒルズ」

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “六本木クローバー閉店(涙)

  1. あのチョコエクレアを越える私も六本木クローバー、若い頃はよく行きました。大好きだったお店。閉店とは悲しいです。チーズケーキが有名ですが、私の記憶違いでなければ生クリームのチョコレートエクレアをよく買っていた記憶。生クリームは甘すぎず、シューにかかったビターチョコとも絶妙なマッチングでした。あれ以来あのチョコエクレアを越える品に出逢っていません。どこかで再会したいです。

    • Midori様

      コメントをありがとうございます!
      Midoriさんもチョコエクレアのファンでいらしたのですね。
      私のお友達のお父様も「六本木クローバーの本店」の
      チョコエクレアが好きだということでした。

      実は私はチョコエクレアをいただいた記憶がないので
      それでは是非、買いに行きましょうとクローバーに
      行った時に、閉店を知ってショックでした。
      皆さんが仰るとは、よほど美味しかったのでしょうね。
      本当に、どこかで再開できますように!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください