もう一つの「青花」 染色に使われる青花はつゆ草の親戚

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

akasakaaonotuyukusa

 

 

つゆ草の別名「青花」と同じ名前を持つ花

昨日、御紹介した赤坂「青野」の上生菓子「つゆ草」の別名、
「青花」と同じ名前を持つ植物があります。

 

「オオボウシバナ(大帽子花 学名 Commelina communis var. hortensis)」
という名前の花で、これは「つゆ草」の新種改良をした花だそうです。

 

このオオボウシバナは一般には「青花(アオバナ)」と
呼ばれていますので、そうなりますと
「つゆ草」の別名と同じになってしまいますね。

 

この「オオボウシバナ」の方の「青花(あおばな)」は
花自体の大きさがつゆ草よりはるかに大きく
直径が4〜5センチにもなるそう。

 

 

aobana        アオバナ(青花(写真/「写真紀行」)

 

 

 

色がつきやすく、また褪めやすい特徴を利用した「青花」

私は実際に「青花(アオバナ)」を見たことはないのですが
名前だけは随分前から知っていました。

 

この「青花(アオバナ)」は染色に使われるからです。

 

染色といっても染める方ではなく
消えてしまう色、下絵用として使われます。

 

つゆ草の名前の由来はいくつかありますが
つゆ草の青い色が、

 

「すぐ布についてしまうのでつき草といわれるようになった」
という説があります。

 

それほど「つゆ草」の青い色はつきやすいのですが
と同時に退色もしやすいことでも有名です。

 

そしてその特徴を利用して、染色の下絵を描く時に
この「青花(あおばな)」が重宝されたというわけ。

 

「青花(あおばな)」の青い色は
アントシアニン系化合物で水溶性です。

 

これで下絵を描いて染色をした後に水で洗い流すと
下絵の部分は消えてしまいます。
下絵として使うにはもってこいのものなのですね。

 

 

aobanabatake         青花畑(写真/「青花紙は今」)

 

 

 

「青花紙」の作り方

現在「青花(あおばな)」は滋賀県草津市の
市の花に制定されていますが
草津市は「青花(あおばな)」栽培で有名な土地です。

 

「青花(あおばな)」が畑に一面に咲きそろう
7月の半ばから8月の半ば頃までが収穫時期。

 

小さな花びらを一つ一つ丹念に摘み取る作業は
熟練を要するのだそう。

 

早朝から咲いて午前11時頃にはしぼんでしまうので
夏の暑い盛りの午前中にこの作業をすることは重労働。

 

その辛さから「地獄花」ともいわれたといいます。

 

 

aobanakansou            (写真/同上)

 

 

そのようにして摘んだ「青花」を絞ってその液を
和紙に何度も刷毛で塗り込んだものを天日で乾かします。

 

と言葉で書くと簡単ですがこれもかなり大変な作業のよう。

 

刷毛で塗ることを80回〜90回も繰り返し
和紙の重さが最初の4倍ほどになるまで続けるそうです。

 

 

aobanatokasi             (写真/「同上」)

 

 

 

戦後は「科学青花」も登場しましたが

「青花紙」を水に溶かしている様子が、上の写真。
この液を筆に含ませて着物の反物などに絵を描いていきます。

 

戦後は、化学薬品で「青花」」に代わるものが開発され
そちらを「科学青花」といいます。

 

それに対して、上記のような作業をして作る青花紙を
「本青花」と呼ぶようになりました。

 

 

aobanasitae            (写真/「同上」)

 

 

若い職人さんなどは「科学青花」を利用されている一方、
熟練の下絵職人さんは「本青花」が絶対にいい、と。

 

筆が滑らかに走り、細い線が思う様に描ける、
また描き違えても簡単に修正がきかないことから
常に緊張感の中で仕事ができるからだといいます。

 

「青花紙」は主に京友禅で使われています。

 

と昨日の、赤坂「青野」の「つゆ草」から
「青花紙」まで、思わぬ遠くまできてしまったようです。

 

お菓子もお花も色々ですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す