ショコロン(フランボワーズ)「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140728shokoran

 

 

 ショコロン(フランボワーズ)

このあざやかな、てんとう虫風の色遣いのお菓子は
「ショコロン フランボワーズ(Chocoron Framboise)」。

 

パティスリー・サダハル・アオキ・パリのもの。
これひとつで520円。
このお値段が高いと思うか否かは人それぞれでしょう。

 

ある男性は食べログで、このショコロンでは
ありませんでしたが、パティスリー・サダハル・アオキの
マカロンについて「コスパ悪過ぎ」と書いています。

 

一方、パティスリー・サダハル・アオキのケーキに
「この味だったら、これだけのお金を払っても
全然かまわない」という女性も。

 

私は、もちろん前者です。
パティスリー・サダハル・アオキのお菓子はブログ用。
私の普段のおやつではありませんね。

 

 

140728shosron

 

 

このショコロンは今日御紹介のフランボワーズだけではなく
「マッチャ」、「シトロン」、「ショコラ」、「カフェ」、
「カシス」と全部で6種類。

 

このうち「マッチャ」の鮮やかな黄緑色と、
「シトロン」の黄色には驚きました。

 

パティスリー・サダハル・アオキ・パリのものは
本当に色遣いが鮮やかです。

 

 

 

これ、なーんだ?

例えばこのお菓子、見た瞬間、何に見えるでしょうか?

 

 

1167077_detailImage1

 

 

パールシルバーの素敵な箱に収まった
この色鮮やかなものたちは…….。

 

まるでクレヨンか絵の具のようですね。

 

ですが、これはボンボンショコラ。
アオキの代表作だそうです。

 

私はまだ頂いたことがありません。

 

中でも、こちらなどは美しいというよりは
私には驚き、という感じ。

 

 

item-cho-3115f

 

 

見ているぶんには、もう全く文句なく美しいです。

 

もう、この色ですと着色料が云々
などという感じではなくなりますね。
使っているに決まっていますから。

 

 

 

どの色を美しいと感じますか?

一昨日にもちょっと触れましたが、
ダイエットをしたい人は、食卓まわりを
青にするといいとは、よく言われています。

 

例えば、ランチョンマットや
食器等を青に揃えるとか。

 

そうすると食欲がなくなるそうです。

 

このパティスリー・サダハル・アオキ・パリの
ボンボンショコラの青は、コバルトブルーに近い青。

 

口に入れるものとしてのこの青い色は
私にはあまり馴染みがなくて、食欲がなくなる
という以前に、食品という気がしません。

 

もちろん、慣れもありますから
このボンボンショコラを一度頂いた後は
全く違和感がなくなるのかもしれませんが。

 

一昨日、赤坂「青野」の
上生菓子「つゆ草」
を御紹介しました。

 

 

akasakaaonotuyukusa

 

 

赤坂「青野」の上生菓子「つゆ草」は
実際のつゆ草の青い色をあえて避けたのではないか、
と私自身は思っていることを申し添えました。

 

一方、パティスリー・サダハル・アオキ・パリは
ボンボンショコラの色に、あえてこの青を使っています。

 

洋菓子と和菓子、という違いはもちろんありますが
どのような色を選ぶのかということも

結局、最後はそれぞれのお店の美的感覚であり
考え方ということになりますね。

 

 

140728sadaharuaoki

 




スポンサードリンク



コメントを残す