日本で初めて「モンブラン」を作ったお店「モンブラン」 モンブラン「ジャン=ポール・エヴァン」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

140312monburan450

 

 

「モンブラン」

「モンブラン」といえば、日本では
ケーキの名前として有名ですね。

 

ですがもう一つ有名なものがあります。
そう、ペンなどの筆記用具の会社のモンブラン。

 

 

monburan

 

 

おっと、いけない、その前に
本当のモンブランがありましたね。
ごめん、モンブラン。

 

 

280モンブラン(写真/「Alternativgeschichte-Wiki」)

 

 

筆記具の方の、ドイツのモンブラン
が出来たのは1908年。
そして2年後の1910年には「montblanc
(モンブラン)」を商標登録したそうです。

 

その3年後には、あの有名なマーク
「ホワイトスター」が誕生し
ブランドロゴ、および商標となりました。

 

 

1-8-1-200x149(写真/「モンブラン」

 

 

これはヨーロッパ最高峰である、モンブランの
山頂を覆う万年雪を表しているそうです。

 

 

 

黄色いモンブラン「モンブラン」

万年筆のてっぺんに表されたモンブランの
ホワイトスター、この万年雪は、ケーキの
「モンブラン」の場合ですと白砂糖ですね。

 

 

140312monburanモンブラン「ジャン=ポール・エヴァン」

 

 

マロンクリームを、山のかたちに絞り出した
ところに、雪(白砂糖)をぱふぱふっ
と散らしてあります。

 

これはジャン=ポール・エヴァンの「モンブラン」
ですが、以前の日本の「モンブラン」は
こんな感じものが主流だったそう。

 

こちらは不二家の「モンブラン」。

 

 

1551_1_1不二家の「モンブラン」

 

 

マロンクリームを絞り出してある
ところまでは一緒ですが、上には栗が
おいてあり、白い万年雪はありません。

 

このパターンの「モンブラン」は、
黄色い「モンブラン」ともいわれて
長い間日本人に愛されてきたものです。

 

 

 

「モンブラン」の始まりは?

そもそもの「モンブラン」の始まりは
いろいろな説があるようです。

 

中で最有力なのは、アルプス山脈を
臨む場所で作られていた郷土菓子説。

 

フランスのサヴォア地方の「モンブラン」と
イタリアのピエモンテ州の「モンテビアンコ」
というお菓子です。

 

これらはともにマロンペーストに
ホイップをした生クリームを添えた
ものだったそうです。

 

 

140311jeanpaulhevinモンブラン「ジャン=ポール・エヴァン」

 

 

 

日本で初めて「モンブラン」を売り出したお店

それでは日本で初めて「モンブラン」
を売り出したお店はといいますと東京、
自由が丘のその名も《モンブラン》というお店。

 

山好きだった《モンブラン》の店主
迫田千万億(さこたちまお)がヨーロッパに
行った際に、秀峰モンブランを見て感動した
ことからつけられた名前だといいます。

 

迫田千万億は1933年に、現在の学芸大駅の近く
にお店を開きましたが、戦後すぐの1945年に
自由が丘駅付近に駅付近にお店を移しました。

 

こちらが自由が丘の《モンブラン》、
という名前のお店の「モンブラン」です。

 

 

img_94597a5fe7e84fdcc3ab9105e186ae8029843自由が丘・モンブラン
(写真/「JB PRESS」)

 

 

 

「モンブラン」の商標登録をしない理由

この迫田千万億オリジナルの黄色い
「モンブラン」が何時頃から、《モンブラン》
のお店に置いてあったのかははっきりしないそう。

 

ただ、広く知られるようになった
のは戦後だといわれています。

 

《モンブラン》の店主、迫田千万億は
お店の名前の《モンブラン》は、商標登録を
していますが、オリジナケーキの方の
「モンブラン」のそれはしていません。

 

その理由は、
「日本洋菓子界の発展を願い、広く一般に
この洋菓子の銘柄を解放することを選んだから」
ということです。
 (「黄色いモンブランは日本の発明」)

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “日本で初めて「モンブラン」を作ったお店「モンブラン」 モンブラン「ジャン=ポール・エヴァン」

  1. 不二家のモンブラン懐かしい~
    黄色いよね?
    今でもあれなの?

    この前テレビでANGELINAのモンブランを紹介していて
    食べたいな~と思っていたら、
    その日帰り道の駅の特設コーナーで期間限定で販売してたの!
    びっくり!
    ちょっと高かったけど、思わず行列に並んでしまったわ。

    自由が丘のモンブランもたしか1度食べた覚えが…

    モンブランは子どもの頃はあの不二家の黄色いクリームが苦手だったんだけど
    中にクリームたっぷりの最近のモンブランは大好きよ。

    • 不二家そうみたいだよ。
      でね、昨日コージーコーナーに行ったら、ここも
      黄色かった。
      ただ普通は黄色で、茶色っぽいバージョンの
      モンブランもあったよ。

      コージーコーナーのおね〜さんが、ケーキについての
      詳細を書いた紙を読んでくれたんだけど、

      「黄色い方は普通で、茶色っぽい方のモンブランは
      栗の渋皮を含めてマロンクリームにして絞り出し、
      上には渋皮付きの栗の甘煮を乗せています」
      て説明してくれたんだけど、上に乗っている栗が
      渋皮付きじゃなくて、おね〜さんと二人で
      渋皮ついてないね、と言い合っていたのだ、でも
      買ってこなかったけど。

      ええ?、自由が丘のモンブラン食べたことあるの?
      ホンマモンのモンブラン,どうだった?、って聞きたい
      けど、残念ながら記憶になさそうだね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください