「主客転倒」と「本末転倒」の違い

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140312monburan450          モンブラン「ジャン=ポール・エヴァン」

 

 

 モンブランといえば……

先日、ジャン=ポール・エヴァンのモンブランケーキを御紹介した時に
モンブランといえば、もう一つ有名なものとして
万年筆で有名なモンブランを取り上げました。

 

 

1-8-1-200x149

 

 

その記事をアップする直前、モンブランといえば、万年筆の前に
こちらが先ではなかろうか、と山のモンブランの写真をつけることに。

 

 

280

 

 

 

「本末転倒」か「主客転倒」か?

ドイツの筆記用具のモンブランのロゴといい、モンブランケーキの
形状といい、元はといえば山のモンブランがあってこそなのですから。

 

標高、4810.9メートルというヨーロッパアルプスの
最高峰の、あのお山ね。

 

「本末転倒」になるところだった、と思った瞬間、
「主客転倒」じゃない?、との疑問がわき上がってきました。

 

調べてみますと、私はいままではっきりとは知らずに
いい加減に使っていたことが判明。

 

 

140312monburan

 

 

 

主客転倒

主と客の力関係が逆になること。
物事の軽重・本末などを取り違えること

 

「主客転倒した議論」などのように使います。

 

「客」は「きゃく」とも読む。また、「転」はもとは「轉倒」と
書いたので、今でも「顛」とも書くそうです。

 

 

140311jeanpaulhevin

 

 

 

本末転倒

根本的で重要なことと、ささいでつまらないことを取り違えること

 

「本末転倒もはなはだしい」「本末転倒した考え」などが使用例。
「本末」は、根本と末端のことで、「転倒」は、逆さまにすること。

 

 

141209almondthinsannas

 

 

 

山のモンブランを忘れていたことは、どっち?

となりますと最初に書いたように、山の方のモンブランを忘れていた
という時は、どちらを使うのが正しいのでしょうか?

 

「主客転倒」ですよね?
もともと山のモンブランがあったればこそペンもケーキもあるのに
それを忘れていたのは「主客転倒」ということで。

 

 

141209rosenthakmatekiteapot

 

 

 

「主客転倒」の中に「本末転倒」が含まれる?

ただし、「主客転倒」のところで書いたように
「主と客の力関係が逆になること。物事の軽重・本末を
取り違えること」ともあるのです。

 

「物事の軽重・本末などを取り違えること」とありますので
「本末」を取り違えることも「主客転倒」の中に含まれる
と考えていいのでしょうか?

 

ちょっと調べた限りでは、それに触れているものはないようですが。

 

 

141209annasalmondthins

 

 

 

「主客転倒」や「本末転倒」の類義語

また、「主客転倒」と「本末転倒」の類義語としては
「冠履転倒(かんりてんとう)」「釈根灌枝(しゃくこんかんし)」
「舎水遂末(しゃほんちくまつ)」等々があります。
(「四字熟語辞典オンライン」)

 

読み方もわからない難しい言葉ばかりですが
最初のものは何となくわかりますね。

 

「冠(かんむり)」と「履(くつ)」を反対にするというのですから。

 

でも、それ以外はちょっとなんですなぁ。
わからないことが、余計わからなくなりそうで……。

 

そうなってしまっては「本末転倒」ですので、この辺でやめて
おきましょうね。(この「本末転倒」の使い方、あっている?)

 




スポンサードリンク



コメントを残す