ポリフェノールを赤ワインより多く含むココア 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140922kokoa

 

 

たまには「ココア」

私はスターバックスでは圧倒的にキャラメルマキアートを
頼むことが多いのですが、今日は珍しく「ココア」を注文しました。

 

今日来たお店は赤坂サカスの「赤坂Bizタワー店」。
( 107-6302 東京都 港区 赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー Tel. 03-5574-8560)

 

そういえば、かなり前ににみのもんたさんが司会を務めるTV番組で
「ココア」を取り上げた時に品切れになる騒動(?)がありました。

 

TVで取り上げた途端に店頭から製品があっという間に消え失せてしまい
しばらくするとまた元通りになるというのは「ココア」に限ったことでは
ありませんが、ちょっと何だかなという気もしますね。

 

 

rosenthamagicflute140602teacup

 

 

 

ポリフェノールがいっぱい

確かに「ココア」には、健康に有益な成分が含まれているようです。
たとえば、今や健康や美容の大敵といわれている活性酸素。

 

活性酸素は「体を錆びさせる」といわれていますが、この活性酸素の働き
を抑える役目をするのが「ココア」に含まれているポリフェノールです。

 

ポリフェノールといえば赤ワイン、というほど赤ワインも有名ですが
ポリフェノールの含有量は「ココア」の方がはるかに多いそう。

 

 

140130shanpan

 

 

メーカーや種類にもよりますが赤ワインに含まれている
ポリフェノールは100mlあたり、250〜400mg。

 

一方「ココア」では、ミルクココアで
同じく100mlあたりで1050mgとかなり多い数値。

 

ちなみに野菜や果物ですと、リンゴで100gあたり55mg、
ニンジンで15mg。タマネギですと65mgだそうです。

 

 

141125ringoakibae

 

 

 

ポリフェノールが活性酸素を抑える働きをする

「ココア」に含まれているポリフェノールは
動脈硬化やがん予防に効果があるといわれています。

 

また、ある程度以上の年齢の人には多く存在するというピロリ菌や
病原性大腸菌O-157 が増えるのをおさえる働きもあるよう。

 

その他、傷が治りやすい、アレルギーによい、
ストレスに打ち勝つともいわれています。

 

活性酸素の働きを抑えるということは
それら全てに通じるということですよね。

 

 

140305ninjin470

 

 

 

ココアの原料のカカオの働き

また、カカオの香りが集中力や記憶力を上げるともいわれます。
これに関しては脳波や学習実験によって確かめられているようです。

 

ちょっとおもしろいのはかけっこをする時のことなのですが
陸上競技では「ヨーイドン」の掛け声(?)で走り出しますよね。

 

その時に、チョコレートを食べていた方が「ヨーイドン」の合図に
早くスタートできるということなのですが、ホントでしょうか?

 




スポンサードリンク



コメントを残す