「マキシム・ド・パリ」「ドミニク・サブロン赤坂本店」閉店!

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

140824dominikusaburon

 

 

三店舗とも閉店!

前回、「相模屋」のくず餅の御紹介の時に「相模屋のある場所は
赤坂サカスの赤坂Bizタワー別館にある『ドミニク・サブロン』
の斜め前あたりです」などと書いてしまいました。

 

まあ、それは事実で間違いではなかったのですが
今日「ドミニク・サブロン」の前を通った時に見てみますと
ガラスというガラス全部に、白い紙のようなものが張られています。

 

「ドミニク・サブロン」はガラスを多用した店舗ですが
その全てに白いものが張られ中が見えないようになっていたので
改装工事?、とも思ったのですが、まさかの「閉店」でした!

 

 

140820rosenthalmateki      「アナナスココ」ドミニク・サブロン赤坂本店

 

 

 

銀座「マキシム・ド・パリ」も閉店

しかも「ドミニク・サブロン」のみならず
フランス料理店「ヴィエイユ・ヴィーニュ マキシム・ド・パリ」
「コート・ド・ルージュ赤坂」と三店舗すべてが閉店。

 

赤坂サカスだけではなく「マキシム・ド・パリ銀座店」も
6月30日に閉店していました。

 

銀座の「マキシム・ド・パリ」は日本初の本格的フランス料理店
ともいわれたお店で、高校生の私には、あの深いワイン色の
お店の感じが大人っぽく見えたものでしたが。

 

確かに先日の「NYCB(ニューヨークシティベーカリー)」
ある場所も次々とお店が変わったり、また「六本木クローバー」を
初めとして、麻布十番の数々の閉店もお知らせしています。

 

ですが「あのマキシム・ド・パリ」が閉店するなんてあり得ない、
と私は勝手に思い込んでいたのかもしれません。

 

 

12 10 5 kurowasan     「クロワッサン」ドミニク・サブロン麻布十番店

 

 

 

赤坂サカスの東側の「顔」

赤坂Bizタワーにある「ドミニク・サブロン」を含む
三店舗は、赤坂サカスがオープンした2008年3月6日から
一ツ木通りに面した場所で営業を始めました。

 

私はすぐ近くにある赤坂の「ドミニク・サブロン」より麻布十番店に
行く方が多かったのですが、赤坂サカスの「ドミニク・サブロン」が
日本初上陸の第1号店であり、赤坂が本店だったのです。

 

麻布十番の「ドミニク・サブロン」が閉店したことは
2013年4月24日にこのブログでお知らせしました。

 

その時に他のお店もなくなっていることは知りましたが、この度
全てのお店がなくなり、日本撤退ということになったのは本当に残念。

 

赤坂の三店舗の閉店の理由は「経営上の判断」、
経営不振によるものと見られています。

 

パリのサブロン氏も「今までご愛顧いただいたことを感謝すると共に、
いつかまた日本で店をオープンさせたいという気持ちでいる」
と言っていらっしゃるとか。(「倒産・解散・リストラ情報局@5050」)

 

 

140820rosenthalmagicflute

 

 

 

幻の「ドンベリかき氷」

実は私は「コート・ド・ルージュ赤坂」をブログでまだ紹介して
いないこともあり、今月中にランチに行くつもりでした。

 

こちらのランチは1000円(か1500円位)でしたので
結構リーズナブル、もっと行っておけば良かったなぁ。

 

同じ「コート・ド・ルージュ赤坂」ではシャンパンの
ドンペリのかき氷というものもあったのですが、そちらも未挑戦……。

 

 

champagne140703

 

 

 

いつまでもあると思うな……

そんな後悔を書いていて、思い出しました。
今の家の引っ越しの時にオークの木だけは自分で運び、オークを椅子
の側に置いて一人で引っ越し祝いのランチをしたことがありました。

 

今はなくなってしまった「コート・ド・ルージュ赤坂」で。
くる途中の霞ヶ関の駅で、落合恵子さんとすれ違い
ほんの一言だけ言葉を交わした、本当に暑い日でした。

 

今日、7月17日の落合恵子さんのブログにはこんなことが……。
(「落合恵子*Journal of Silent Spring」)

 

 

12 10 5 surizu     「スリーズノア」ドミニク・サブロン麻布十番店

 

 

仕事で帰りが遅くなり、クレヨンハウスのレストランで遅い夕食を
とっていた落合恵子さんは、他の席の人から声をかけられたそうです。

 

声をかけたのは3人の30代の大学教師の男性。
彼らは台風11号の激しい風雨の中、安全保障法制関連法案への
国会での抗議行動に参加した帰りでした。

 

「奨学金制度を利用している学生たちがそれをたてに、
戦争に駆り立てられる可能性があるのではないか……、
そう思うと、居ても立ってもいられなくなって」

 

「実は昨夜も学生たちと来たんです」
等々の言葉を口々にしたそうです。
落合恵子さんは、次のように続けています。

 

「このところ毎晩のように抗議行動に参加されているという。
わたしも明日は国会周辺の抗議デモに参加する。
デモをしてどうなるの? そんな冷めた声もあるが、
『どうなるか』わかった時だけ、抗議するのか?
そんなケチな生きかたしたくねーよ。」と。

 

いつまでもあると思うな親と金、ではありませんが
いつまでもあると思うな「ドミニク・サブロン」と「憲法9条」。
少なくとも後者は絶対になくしてはいけませんね、絶対に。

 




スポンサードリンク



コメントを残す