「ピーマン」と「パプリカ」の違い

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

151029piman           赤くなった「ピーマン」

 

 

どこが違うの?

前回は我が家で収穫した「ピーマン」を御覧いただきましたが
たった1つしか収穫できなかった「ピーマン」を見ていて思いました。
「ピーマン」と「パプリカ」ってどこが違うのかなぁと。

 

大きさが違うだけとも思えませんし。
大きさ以外は、両者はかなり似ていますよね。

 

原産地は「ピーマン」が南アメリカで
「パプリカ」はハンガリーです。

 

 

120805papurika            大きな赤い「パプリカ」

 

 

 

日本に入ってきた時期

「ピーマン」は明治の初期ですが、実際に日本人が
多く食するようになったのは戦後の1950年代以降です。

 

一方。「パプリカ」が輸入解禁になったのは1993年といいますから
「ピーマン」よりかなり遅く日本に入ってきたのですね。
オランダやメキシコ、韓国などから輸入しています。

 

 

rosenthalpapurika       シシトウガラシみたいな「ミニパプリカ」

 

 

 

栄養価

こちらは「パプリカ」に軍配が上がるようです。
ビタミンCやビタミンAは「ピーマン」の約2倍、ビタミンEでは約5倍。
カロテンはなんと約7倍含まれます。

 

とはいえ、「ピーマン」もビタミンCを多く含んでいますし
なにより「ピーマン」「パプリカ」は共に加熱しても
ビタミンCが壊れにくいという優れものでもあります。

 

これはビタミン様物質の一種であるビタミンPが含まれているためで
これにより加熱調理をしてもビタミンCが失われにくくなるのです。

 

栄養面では「パプリカ」優勢という感じですが「ピーマン」の
独特の香りに含まれているヒラジンという成分は、血栓を
ふせいでさらさらな血液にしてくれる効果があります。

 

その結果、血圧を下げたり、脳梗塞や
心筋梗塞の改善にも効果を発揮するそう。

 

 

rosenthalmpapurika131225    「ミニパプリカ」緑が色づいたものがボールの中の黄色

 

 

 

緑色より色づいた方が栄養価が高い

また「ピーマン」「パプリカ」共に、緑色のものより
赤や黄色と色づいたものの方が栄養価が高いそうです。

 

赤く熟するまでに日にちがかりますが、その間に
甘みや栄養価が増し、カロテンが多くなります。

 

熟すにつれ赤くなっていくものはカロチノイドの一種、
カプサイシンが増えるからです。

 

カプサイシンは高い抗酸化作用があり
生活習慣病の予防も期待できます。

 

 

150528pimanhana
           「ピーマン」の白い花

 

 

 

「ピーマン」はフランス語、スペイン語から

まず名前の「ピーマン」はフランス語、あるいはスペイン語から
きているということは前回、御紹介しました。

 

「ピーマン」の英語名は「Green pepper」、「Red pepper」、
「Yellow pepper」というように「pepper」、つまりトウガラシです。

 

トウガラシの辛みを少なく改良したものが「ピーマン」。
日本に入ってきた当初は、「ピーマン」を「甘とうがらし」とも
呼んでいたことからもわかります。

 

 

150924pimanhana          赤くなる前の緑の「ピーマン」

 

 

 

「パプリカ」はハンガリー語

一方、「パプリカ(Paprika)」という名前も英語ではなく
原産国であるハンガリー語です。
かつてハンガリーでは国を挙げて「パプリカ」栽培に取り組んでいた程。

 

それでは「パプリカ」は英語で何というかといいますと
英国では「red pepper」や「green pepper」、
米国では「bell pepper」とも、「red pepper」「green pepper」とも。

 

?、?……
「ピーマン」を英語でいうと「green pepper」でしたよね?

 

そうなんですよ、英語ですと「パプリカ」も「ピーマン」も
おまけに「シシトウガラシ」までもぜ〜んぶ「 pepper」だそうです。

 

 

        ピーマン          パプリカ
_______________________________
原産地      南アフリカ         ハンガリー
_______________________________
日本へは   明治初期(特に1950年代から)     1993年
_______________________________
栄養価  血栓を防ぐヒラジン  ビタミンA.C.E共にピーマンより多い
_______________________________
日本名は  フランス語、スペイン語     ハンガリー語
_______________________________
英語では(詳しくいいますと色々ですが、おおざっぱに言って)
⁂    ピーマン、パプリカ、シシトウガラシは全て「pepper」

 




スポンサードリンク



コメントを残す