「南部坂雪の別れ」の舞台は、なぜ「南部坂」なのか?

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

130617youzeninjikkaityou             瑶泉院の実家跡

 

 

なぜ「南部坂」を選んだのか?

前々回、「忠臣蔵」の有名な場面「南部坂雪の別れ」の
舞台である「南部坂」をとりあげました。

 

その時、大石内蔵助が討入り前に、浅野内匠頭の妻である
瑶泉院に別れを告げるという重要な舞台に、なぜ「南部坂」が
選ばれたのかということが少々気になりました。

 

「忠臣蔵」は元禄赤穂事件をもとにした創作ですし
「南部坂雪の別れ」はフィクションですので、別に「南部坂」
でなくても「氷川坂」でも「本氷川坂」でもいいわけですから。

 

 

151212nanbuzakaue               「南部坂」

 

 

 

瑶泉院の屋敷と南部坂の位置

まず、それぞれの位置関係を見てみましょう。
「南部坂」の回に御紹介した通り、「南部坂」の場所は
地図の右の下、首都高速道路のそばの緑色で書いた線の部分。

 

 

nanbuzaka              「南部坂」

 

 

「南部坂」という名は、陸奥盛岡藩南部家のお屋敷が
近くにあったことに由来します。

 

明暦2年からは、赤穂藩浅野家の下屋敷になっています(相対替)。
地図でいいますと「A」の場所です。

 

 

asanonannbuM(三次浅野家下屋敷)A(赤穂浅野家下屋敷)
「氷川坂」「本氷川坂」「南部坂」

 

 

「M」は、前回御紹介した瑶泉院の実家、
三次(みよし)浅野家の下屋敷のあった場所。

 

その「M」を挟んで右上斜めに走っているのが「氷川坂」
左下斜めに短くあるのが「本氷川坂」でした。

 

 

151212motohikawayoru              「本氷川坂」

 

 

 

内匠頭家、瑶泉院家、南部坂は正三角形

こうして地図を見ますと、浅野内匠頭の下屋敷と、
瑶泉院の実家の下屋敷、南部坂は、ほぼ正三角形の位置。

 

忠臣蔵の「南部坂雪の別れ」では討ち入りの前日、
12月13日に大石内蔵助が瑶泉院を訪ねたことになっています
(これはフィクションで実際は、前年の11月)。

 

 

130312simoyasiki        赤穂浅野家の下屋敷跡(赤坂6丁目)

 

 

その時には当然のことながら赤穂浅野家(A)
お取り潰し後ですので、もう屋敷はありません。
内蔵助は瑶泉院の実家の浅野家(M)を訪ねてきたわけです。

 

瑶泉院の実家のそばには「氷川坂」「本氷川坂」
もあるのに、なぜ「南部坂」なのでしょう?

 

 

 

130312ityou  瑶泉院の実家、三次(みよし)浅野家の下屋敷跡(赤坂6丁目)

 

 

 

「南部坂」を選んだ理由は……

もう一度、下の地図を御覧いただきましょう。
これは現在の地図ですが、基本的には江戸時代と同じだそうです。

 

大石内蔵助は車を首都高に待たせてあったので
「瑶泉院の実家の屋敷」から「南部坂」を通過したのだ、という
ことはありませんが、やはりその道から帰ったのかもしれません。

 

 

asanonannbuM(三次浅野家下屋敷)A(赤穂浅野家下屋敷)
「氷川坂」「本氷川坂」「南部坂」

 

 

そこで「南部坂」が選ばれた理由を想像してみますと……

 

1 「氷川坂」や「本氷川坂」では瑶泉院の家の前後、
地続きという感じであまりに近過ぎる。

 

2 内蔵助が瑶泉院を訪ねた時は、すでに浅野家の屋敷では
ないものの「南部坂」は赤穂浅野家下屋敷とゆかりのある坂だから。

 

3 「南部坂」は明治期には、歩くのが困難ということから
「難歩坂」ともいわれたように穏やかではなかった坂。
それがいかにも、内蔵助が立ち向かいその身に負おう
としている困難を象徴しているから。

 

などが思い浮かびますが、実際はどうなのでしょう。
穿ち過ぎているでしょうか?

 

 

151209nanbuzaka               「南部坂」

 

 

ちなみに赤坂には、今回の瑶泉院の実家、
三次浅野家の下屋敷、赤穂浅野家の下屋敷の他にも
三次浅野家の上屋敷、広島浅野家の中屋敷
と4つの浅野家の屋敷がありました(それについてはこちらをどうぞ)。

 

 

miyosiasanokamiyasiki130916     三次(みよし)浅野家の上屋敷跡(赤坂8丁目)

 

 

 

上屋敷、中屋敷、下屋敷

少し前に御紹介の「新坂」の前にあったのは三次浅野家の上屋敷で
「南部坂雪の別れ」に登場するのは下屋敷です。

 

大名が江戸にお屋敷を置くようになったのは参勤交代の制度が
始まってからのことですが、お屋敷の数は藩の大きさにより様々。

 

瑶泉院の実家の三次浅野家では上屋敷と下屋敷の2つで
内匠頭の赤穂浅野家も同様でした。

 

一方、本家の広島浅野家では、上屋敷、中屋敷、下屋敷と
ありますが、中屋敷は1つではなく2つあったそうです。
その中屋敷の1つがあった場所が、現在の赤坂サカスです。

 

 

140401sakasutakisakura     広島浅野家の中屋敷跡「赤坂サカス」(赤坂5丁目)

 

 

 

内匠頭亡き後、下屋敷で過ごした瑶泉院

上屋敷とは藩主が江戸滞在中に住む家で
中屋敷は、隠居や世継ぎが暮らす家。

 

下屋敷は別荘、別邸といった趣の存在だったようです。
またその他に抱(かかえ)屋敷、蔵屋敷を持つ藩もあったとか。

 

 

130617youseninsimoyasiki370     三次(みよし)浅野家の下屋敷跡(赤坂6丁目)

 

 

ということで前々回に御紹介した「新坂」のそばの8丁目の
三次浅野家の上屋敷は、瑶泉院の父親が暮らす屋敷でした。

 

瑶泉院は浅野内匠頭に嫁いだ後は、赤穂浅野家の上屋敷のある
鉄砲洲で暮らしていましたが、元禄赤穂事件で内匠頭が即日切腹に
なった後は6丁目の下屋敷で亡くなるまでの年月を過ごしています。

 




スポンサードリンク



コメントを残す