おひな様の「左近の桜」は「左近の梅」だったかも?、というお話  梅干し 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160302umeboshi

 

 

色をも香をも

立春はとうに過ぎ、今日は桃の節句ですがまだまだ寒いですね。
一昨日などはとても冷たい風が吹いていましたし。

 

そんな真冬に、凛として花を咲かせているのが梅の木。
「君ならで誰にか見せむ梅の花 色をも香をも知る人ぞ知る」
という古今集の紀友則(きのとものり)の歌が思い浮かびます。

 

(あなた以外の誰に、この梅の花を見せましょう。
花の色、そして香りをわかって下さる風雅なあなた以外に)
との歌を添えられて、違いのわかる「あなた」に送られた梅の枝。

 

 

141026pianonuigurumi

 

 

梅の花の一枝を手折って、香をたきしめた美しい料紙に
墨跡鮮やかに書き上げた歌を添え、わらわに届けさせる……。

 

なんと優雅なことでしょう!
小学生の私はこの時代に心底、憧れていました。

 

紀友則は教科書でも有名な百人一首の
「久方の久方の光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ」
を読んだ歌人です。

 

という風雅な話の最中に恐縮ですが、今日は
この梅の花が実った後にできる梅干しの話です。

 

 

150422umebosi

 

 

 

1位  紀州、2位  群馬、3位  山梨

梅といえば紀州、それも南高梅という名前が思い浮かびます。
私はこの「南高梅」を最近まで「なんこうばい」と読むのだと
思っていましたが、本来は「なんこううめ」なのだそう。

 

下の写真のカリカリ梅干しは紀州・和歌山ではなく甲州・山梨の梅。
梅の実は、国内の80パーセントほどが和歌山県で生産され
ついで群馬県の8パーセント、山梨県の3パーセントと続きます。

 

この梅干しは、小さくてカリカリとした梅干し用の「甲州小梅」と
いう種類で、作っているのはヤマノー(山梨農産食品株式会社)。
塩分は約9パーセントです。

 

 

150421umebosi
           甲州のカリカリ小梅

 

 

 

赤い色はシソの葉ではなく着色料

原材料名は、
小梅、漬け原材料(食塩、醸造酢、発酵調味料、鰹エキス)
調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、着色料(赤102)。

 

ちょっと意外だったのは、小梅の赤い色は
シソの葉の色ではなく着色料なのですね。

 

冒頭にもつけたこの写真の梅干しは、自家製の梅干しを売っている
お店で買ってきたもので産地はわかりませんがシソの葉漬けです。

 

 

160302umeboshi     自家製梅干しを売っているお店で購入したもの

 

 

 

薬用

梅干しといえば日本古来のもので、私はごく庶民的な食べ物
と思っていましたがそうでもなかったようです。
庶民が食せるようになったのは江戸時代になってからだそう。

 

「東風(こち)吹かば匂いおこせよ梅の花
あるじなしとて春な忘れそ」

 

と太宰府に赴任する菅原道真が庭の梅を
詠んだのは、平安時代の901年(延喜1年)。

 

 

blog_import_515360577252b         『東風(とうふう)』 原米洲作

 

 

そのしばらく後の960年(天徳4年)、悪疫が流行った折に
村上天皇は梅干しと昆布のお茶で回復したと伝えられ、

 

また同じく平安時代の984年(永観2年)には、日本最古の
医学書である『医心方』に梅干しが登場しています。

 

コーヒーやチョコレートもそうですが現在、嗜好品として
楽しまれているものの多くが最初はお薬だったのですね。

 

 

140222siraume370              白梅

 

 

 

「男の子が生まれたら梅の木を植えよ」

鎌倉に入ると1214年(建保2年)には、禅僧の栄西が『喫茶養生記』
でお茶の効能を書いたことは有名ですが、このお茶うけ、
お茶のお菓子として梅干しが供されたということです。

 

私が不思議思ったのは、戦国時代の大名・黒田如水の次の言葉。
「男の子が生まれたら梅三株を植えよ」と家臣にお振れをだしたとか。

 

女の子が生まれたら桐の木を植えるというのは、その子が長じて
嫁ぐ時に桐の箪笥を作るとか作らないとかということだと
聞いたことがありますが、梅の木とは初耳。

 

これは梅の実を保存食として活用するのが目的だったそうです。
江戸時代、1619年(元和5年)、徳川頼宣が紀州藩主になると
梅栽培が奨励されたそうで、紀州の梅はここから始まったのでしょうか。

 

 

130215umeugu       「梅」と「うぐいす」 赤坂「青野」

 

 

 

シソ染めは江戸期以降

またその後の寛文年間に京都の鹿苑寺の鳳林和尚の日記には
「紅色の梅干しが珍しい」という記載があるようです。
ということはそれまでの梅干しは無着色だったわけですね。

 

江戸に入ってからシソを使って赤く染めるようになり
1692年(元禄5年)の『本朝食鑑』にも
シソ染めの梅干しが珍重品であるとの記述があるとか。

 

1675年(延宝3年)頃になりますと『雑兵物語』が成立し
そこには梅干しが戦場食として活用されたと書かれています。

 

このように薬用や保存食に戦場食。お菓子として大活躍することに
なった梅干しは、現在でもかわることなく人々に親しまれています。

 

 

blog_import_515360603e2a1     赤坂「虎屋」本店に飾られていたお雛ざま(2013年)

 

 

 

ひな壇に飾るのは梅の花だったかも?

最後に今日、3月3日にちなんだ梅のお話を一つ。
おひな様には「右近の橘」「左近の桜」を飾りますね。

 

これは京都御所を模したもので、左にあるのが橘で、右側が桜。
この「左近の桜」は本来は「桜」ではなく「梅」だったそうです。

 

 

kyotogosho         向かって左が橘、右が桜 京都御所

 

 

時は村上天皇の御代。
おお、村上天皇は先ほども梅干しと昆布茶で
疫病を治したということで登場していましたね。

 

今日、2度目の登場の村上天皇が京都御所にお住まいになっていた
時に、橘と対をなしていた梅の木が火災で倒れてしまいました。

 

村上天皇は、朝廷に入内していた紀貫之の娘の
紀内侍に、家にある梅の木を献上させます。
献上した紀内侍は、梅との別れをこのように詠いました。

 

 

 

うぐいすに聞かれたら……

「勅なればいともかしこし鶯の 宿はと問わばいかが答えん」
(天皇の御命令ですので、梅の木を差し上げますが、この梅の木に来る
鶯に「宿はどうなったのですか?」と聞かれたらなんと答えましょう)

 

 

130215ugusiro        「ボクの宿はどこ?」  「梅」 赤坂「青野」

 

 

この歌に心を打たれた村上天皇は梅の木を紀内侍に返し、倒れた
梅の木があった場所には、新たに桜の木を植えさせたということです。

 

この歌の作者、紀内侍の父親の紀貫之は、今日の最初に御紹介した歌
「君ならで誰にか見せむ梅の花 色をも香をも知る人ぞ知る」
を詠んだ紀友則の従兄弟にあたります。

 

ところで紀内侍がこの歌を詠まなかったら
おひな様の段飾りには「右近の橘」「左近の桜」ではなく
「左近の梅」が飾られていたのでしょうか?

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください