「平家にあらずんば人にあらず」「見るべきほどの事をば見つ」平家の人々の言葉

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150327sacasbenisidarezakura

 

 

「平家にあらずんば人にあらず」

前回の「賃貸保証会社落ちたの私だ」の中で
「平家にあらずんは人にあらず」という、日本人ならば
誰でも知っているであろう言葉を書きました。

 

平家でなければ云々という内容からは、一見、平清盛が言った
ようにも思いがちですが、実際は平時忠の言葉。
平時忠は、平清盛の妻である平時子の弟です。

 

   平清盛
    |————平徳子
   平時子(姉)

   平時忠

   平滋子(妹)
    |————高倉天皇
   後白河上皇

 

 

140330sacasu

 

 

「平家にあらずんば人にあらず」というのは
『平家物語』四・禿髪(かぶろ)の中に出てくる言葉。

 

「六波羅殿の御一家の公達といひてしかば、
花族も英雄も、面をむかへ、時をならぶる人なり。
されは入道相国のこじうと、平大納言時忠卿の宣ひけるは
『此一門にあらざらむ人は、皆人非人なるべし』とぞ宣ひける」

 

この「此一門にあらざらむ人は、皆人非人なるべし」という部分が
「平家にあらずんば人にあらず」と現代風に言われているのです。

 

 

140401sakasutakisakura

 

 

 

誤解?

この「人非人」という、ちょっとひいてしまうような言葉ですが
これを「人間ではない」「人間以下だ」と説明している人もいます。

 

ですが本来はそのようなことではなく、平家一門でなければ
宮中では出世ができないというほどの意味だと思われます。

 

「人非人」は「人の道に外れたことをする人」の意で、
「人の道に外れたことをする」「裏切る」ということから「敵」
という意味を持ちます。

 

つまり「平家一門でない人は裏切るかもしれないので、重要な役職を
与えてはならない」と平時忠は平清盛に言ったのだということです。
(「山科薫マニアックな世界を楽しみましょう」)

 

 

140510sakura

 

 

平家がいくら権勢を誇っていたとはいえ、平家一門以外は
人間ではない、とはいくらなんでもいわないでしょうから
これが平時忠が言わんとした本当の意味のような気もします。

 

とはいえそうなりますと、だからよそ者ではなく役職は身内で
固めて独占するということでもあり、それはそれで問題発言。

 

つまりどちらがより一層ひどいか、あるいはましか
との差はあれ、問題発言であったことには間違いないでしょう。

 

 

140401pakutawasakura

 

 

 

平家一門の野心家

この問題発言をした平時忠は、中級貴族であった平時信の子として
生まれましたが、生年は1127年、1128年、1130年と諸説あるようです。

 

母は二条大宮・令子内親王(れいしないしんのう、白河天皇の第3皇女)
で下仕えの女房をしていましたが、氏素性はわかっていません。

 

母親が同じ姉には、平清盛の後妻となった平時子がいて、
母親違いの妹は、後白河上皇の子を生んだ平滋子(建春門院)。
この後白河上皇の子とは第80代・高倉天皇です。

 

    平清盛
     |———————— 平徳子
    平時子(姉)    |
              |
    平時忠       |———安徳天皇
              |
    平滋子(妹)    |
     |        |
     |———————— 高倉天皇
     |
    後白河上皇

 

高倉天皇の子ども(安徳天皇)を生んだのが平清盛の娘・徳子
ですので、彼の妹が高倉天皇を生み、高倉天皇の子(安徳天皇)
を生んだのが姉の娘というわけ。

 

これ以外の兄弟姉妹の縁もあり平時忠は権力の中枢近くにいて
別名、平関白(へいかんぱく)とも呼ばれた野心家で
平安末期の朝廷で暗躍した人でもありました。

 

 

130324midsakura

 

 

 

流罪

応保元年(1161年)、平時忠の妹・平滋子は
後白河上皇の子・憲仁親王(高倉天皇)を出産します。

 

  平清盛
   |———————— 平徳子
  平時子(姉)

  平時忠

  平滋子(妹)
   |
   |———————— 憲仁親王(高倉天皇)
   |
  後白河上皇——— 二条天皇

 

平時忠は、生後わずか10日でその子を皇太子にしようとした陰謀や、
後白河上皇の子である二条天皇を呪い殺そうとした呪詛事件に
関わっていたとの咎で、翌1162年、出雲に流罪に処せられます。

 

この事件に関しては平清盛は、二条天皇の支持にまわり平時忠を
助けようとはしなかったようですが、二条天皇の崩御により時忠は
都に戻り従三位 権中納言に昇進し公家の仲間入りを果たしています。

 

 

140408roppongihiruzu

 

 

 

二度目の流罪の後に

永万元年(1165年)の二条天皇の崩御によって都に戻れた後、妹の子・
憲仁親王が仁安3年(1168年)に高倉天皇になり、妹・滋子は皇太后。
平時忠は出世をしてゆきますが抗争に巻き込まれて再び出雲へ流罪。

 

しかし翌年には都に帰り、またもや要職に就きます。
最初の失脚時には清盛に、二度目の流罪には後白河上皇に
切り捨てられたとの感が拭えないかったのでしょうか、

 

平時忠の活躍の場は、建春門院となっていた
妹・滋子の側近としてのものが主になってゆきます。

 

平時忠が例の「平家にあらずんは人にあらず」
と言ったのはこの頃のことだそうで、当時の史料
『覚一本(かくいちぼん)』に記されています。

 

 

140401pakutawayuhi

 

 

 

清盛の死

安元2年(1176年)3月に後白河法皇の50歳の祝賀が
催されたわずか3カ月後、建春門院が病いで亡くなると
次期天皇の争いが再燃します。

 

治承2年(1178年)11月には徳子が高倉天皇の皇子を生むと
平時忠の妻・領子が乳母となり、清盛は皇子を皇太子に
するため生まれた翌月、12月には立太子の儀式を行いました。

 

   1181年没
   平清盛
    |———————————— 平徳子・建礼門院
   平時子(姉)         
                  |   1178年誕生
   平時忠            |————安徳天皇
                  |
   平滋子(妹)・建春門院    |
    |             |
    |—————————————高倉天皇
    |           1181年没
   後白河上皇

 

娘の生んだ子が皇太子になったものの、皇太子の父・高倉天皇は
治承5年(1181年)1月14日に21歳で崩御し、また同じ、治承5年
(1181年・養和元年)の閏(うるう)2月には清盛が64歳で死去。

 

熱病で倒れた清盛は『あた(熱い)、あた』と苦しみにもだえ
『仏事や堂塔建立などは不要。頼朝の首を切り墓前に供えよ』
と遺言したと伝えられています。

 

 

130324tyukinto

 

 

 

三度目の配流、能登の地で

そして1184年(元暦元年・寿永4年)2月に一の谷の戦いで
大敗した平家は、翌1185年(元暦2年・寿永5年)の3月には
壇ノ浦の戦いで壊滅します。

 

(「元暦」というのは源氏方の呼び方で
「寿永」というのが平家方の呼び方です)

 

壇ノ浦で捕虜となった平時忠は減刑を願い、また娘を源義経に
嫁がせてもいますが、9月、能登国(石川県北部)に配流。

 

「平家にあらずんは人にあらず」と言ってから
わずか10年ほどの間で、世の中は180度変化していたのです。
まさに「驕る平家はひさしからず」(『平家物語』)。

 

そして文治5年(1189年)2月24日、都へ再び帰ることを
願っていた平時忠は3度目の流罪の地、能登で生涯を終えました。

 

 

130324art

 

 

 

「波の下にも都がございます」

平時忠が捕虜となった壇ノ浦の戦いの時には、時忠の妹の孫である
幼い安徳天皇を、時忠の姉・時子が抱いで入水しています。

 

『吾妻鏡』では、安徳天皇を抱いて入水したのは建春門院に
仕えていた按察使局伊勢(あぜちのつぼねいせ)としていますが
『平家物語』では時子となっています。

 

6歳4カ月の幼い安徳天皇の命の終わりは、せめても祖母の胸の
中でとの思いなのでしょうか、時子の方が有名な気がします。

 

その時は二位尼と呼ばれていた平時子は、波間に消える間際に
このように安徳天皇に言ったと伝えられています。
「浪の下にも都の候ぞ(波の下にも都があるのですよ)」と。

 

 

150327sacasuyozakura

 

 

 

「見るべきほどの事をば見つ」

壇ノ浦といえばもう一つ有名な、平知盛の言葉がありますね。
平知盛は平清盛と平時子の子で、壇ノ浦で母・時子が、彼の甥に
あたる安徳天皇を抱いて入水したのを見届けた後に言った言葉。

 

入水した後、万一浮かび上がったりしては辱めを受ける
との思いから、知盛は鎧を二重に着ておもりにして、
「見るべきほどの事をば見つ。今はただ自害せん」と入水。

 

「見るべきほどの事をば見つ」は、なぜか昔から好きな言葉でした。
その時、知盛34歳、乳兄弟の平家長と手を取りあって
身を海に投げたということです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください