コーヒー抽出後の粉(カス)の利用法

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150526rosenthalmagicflute

 

 

飲んだ後も活躍するコーヒーの粉

今日はコーヒーはコーヒーでも、飲む方の
コーヒーではなくて、コーヒーを淹れた後に
残る粉(カス)のお話です。

 

もう何十年も前のことになりますが、コーヒー
カスの利用法を読んだのですが「ホントかな?」
と疑問に思ったことがありました。

 

そのことが前回、御紹介した日進ワールドデリカ
テッセンで購入した、第一コーヒー株式会社の
所属する全日本コーヒー商工組合連合会
のサイトに載っていたのです。

 

 

 

 

 

脱臭剤として

コーヒーの抽出後の粉の利用法について、よく知ら
れているものとしては、脱臭剤や汚れ落としですね。

 

コーヒーカスをよく乾かしたものを
ふたに穴を開けた容器に入れて、冷蔵庫
などに置くと脱臭剤として使えます。

 

ふたのない容器の場合は、上の部分に
ガーゼなどをかぶせてゴムで止めます。

 

タバコの臭いやペットのトイレの臭いの軽減には
乾燥させたコーヒーカスを灰皿にそのまま置いたり、
ペットのトイレには、トイレ用の砂と一緒に
混ぜたりするだけで効果を発揮するそうです。

 

シューズボックスの臭い対策には、乾燥させた
コーヒーカスを容器に入れたり、あるいは
布で軽く包んで置いてもよいでしょう。

 

抽出後のコーヒーの粉が臭いをとる理由は
粉にたくさんある穴がアンモニアを捉える上に
コーヒーそのものがアンモニアを吸収して中和
させる科学的な分子構造を持っているためです。

 

 

121125cofia630

 

 

 

油落としに

調理後のフライパンに乾かしたコーヒーカスを入れると
油を吸いますので、そのまま燃えるゴミに捨てましょう
フライパンは水洗いだけできれいになります。

 

なかには「コーヒーカスに油を吸わせた後、
そのまま水で洗い流す」と書いてあるものも
ありますが、これはしないほうがいいですよね。

 

油のついた食器の場合は、コーヒーカスを
湿らせてスポンジなどにつけて洗うと
油汚れをとることができます。

 

 

141026pianonuigurumi

 

 

 

ピンクッションの中身として

針を刺しておく針山、ピンクッションやぬいぐるみ
の中身として利用できるとよく書かれていますが
ピンクッションはともかく、ぬいぐるみは
ちょっとどうかなぁ、と私は思います。

 

ピンクッションもぬいぐるみも、コーヒーカスを入れる
中袋を用意して、二重にして使うとはいえ、ぬいぐるみ
ですと長い間にはごく小さくなったコーヒーの粉が
出てくるような気がしないでもないですしね。

 

抽出後のコーヒーの粉がピンクッションの中身に
よい理由は、コーヒーの粉にわずかに油分が
含まれているので、針が錆びにくくなるからです。

 

 

blog_import_51536571e6a02

 

 

 

靴や金属磨きとして

これは私は初めて知りましたが、靴や金属類を
磨くのにもコーヒーカスはよいそうです。

 

何度も使った布のコーヒーフィルターには
コーヒーの油分が適度に残っているため
靴磨きクロスには最適だとか。

 

またフィルターではなくコーヒーカスの方も
布でくるんで金属を磨くとピカピカになるようです。

 

 

130222kaisaji

 

 

 

植物の肥料として

最初に書いた数十年前に本当かな?、
と疑問に思ったというのがこれです。
それを読んだ直後に私は、コーヒーのカスを
2.3度、植木鉢の上に置いた記憶があります。

 

ですがコーヒーを抽出した後のものとはいえ、
その後に植物に水をやると、薄いコーヒーを
植物に与えていることになるのではないか?
と疑問に思い、結局、やめてしまいました。

 

今回わかったのですが、予想通りに
やはり、これは間違っていたようです。
コーヒー抽出後の粉を「適度に発酵させる」と
園芸用の肥料として使えるというのが本当のよう。

 

コーヒーを抽出した後の粉そのままですと
発芽阻害物質が含まれていますので
肥料どころか反対に作用してしまいます。
あくまでも発酵させた後で利用して下さいね。

 

 

blog_import_515363dc12e92

 

 

 

コーヒーカスの発酵のさせ方

その発酵の方法ですが、植木鉢などの容器に
コーヒーカスと、他の堆肥(油かす、米ぬか、
腐葉土等)を入れて毎日混ぜ、わずかに熱を持つ
のを確かめて1カ月位、熟成させたら出来上がり。

 

その間、新たにコーヒーカスが出たら
次々に足していってもよいそうです。
これは絶対に、試してみたいと思います。

 

 

 

ホントかなぁ?

実はこれ以外にも、もう一つホント?、
と思うことがあって、やはり1,2度
試した後でやめてしまったことがあります。

 

 

150527rosenthalmateki

 

 

それは先ほど「コーヒーカスに油を吸わせた後、
そのまま水で洗い流す」というわけではなくて
油汚れを吸わせていないコーヒーカスを、そのまま
排水溝の洗浄のために流すと書かれていたのです。

 

理由は、コーヒーカスが配水管のパイプの中を通って
いく時に、油汚れを始め、こびりついているものを
とりながら流れて行くからと説明されていました。

 

これも1度は試してみましたが、その後はしていません。
当時、私は6階に住んでいましたので、万が一流した
コーヒーカスが詰まってしまったらと思うと
恐くて出来ませんでした。

 

 

130522oakkaodai

 

 

確かにコーヒーカスには油を吸収する力もありますし
配水管についた汚れをとりつつ、流れて行くような
気がしないでもありません。

 

それに、先ほどのように
「コーヒーカスに油を吸わせた後、そのまま水で
洗い流す」と現在もネット上に書かれたりもしています。

 

私は、油を吸わせたコーヒーカスを排水口に流す
ことは絶対にしない方がいい、と思いますが、
油を吸わせていないコーヒーカスを、配水管の洗浄
のために、あえて流すことはどうなのでしょう?
知っている方は、どうか教えて下さいね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.