「つばき」と「さざんか」 「椿」赤坂「青野」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

121230tuba

 

 

赤坂「青野」の「椿」、2月バージョン

今日のお菓子は赤坂「青野」の「椿」。
赤坂「青野」は、1月と2月に「つばき」のお菓子がでますが
今日の写真は2月バージョンの「つばき」です。

 

1月と2月の「つばき」を作り分けるとは
なんとも繊細な美意識ですね。

 

そういえば桜も「つぼみ」「満開」「八重桜」と
作り分けていましたし、紅葉もそうでした。

 

こんなふうに美しいものに優しい眼差しを注ぎ
心を込めて細やかに作り出される和菓子は素敵ですね。

 

 

130101tubakiuka            白い「椿(つばき)」

 

 

 

椿の季語は冬

赤坂「青野」の「椿」が1月、2月のお菓子として紹介されて
いることからもおわかりのように「つばき」は春の季語。

 

本来は日本では季節は次のようになっています。

 

1月2月3月 4月5月6月 7月8月9月 10月11月12月
                

 

「椿」という字からして、木偏に旁(つくり)が春。
「椿」は日本で作られた国字です。

 

このような字の作り方は遊び心さえ感じられて、なぞなぞみたい。
この方法で国字ならぬ「私字」も創作できるかも。

 

 

 

中国で「椿」というと「山茶」のこと

「椿」という字は国字とされていますが
中国でも「椿」という文字はあるそう。

 

ですが中国で「椿」という字が示す植物は、今日御紹介の
「つばき」ではなく「山茶」を指すのだとか。

 

「山茶」といったら日本では「山茶花(さざんか)」のこと
ですので、なにやらこんがらがってしまいますね。

 

 

sazanka     「山茶花(さざんか)」(写真/「私の花図鑑」

 

 

 

「つばき」と「さざんか」

ここで「山茶花(さざんか)」が出てきましたが
「つばき」と「さざんか」の花はよく似ているといわれます。
両方とも、ツバキ科ツバキ属ですので似ていて当然ですが。

 

先ほど、木偏に春と書く「つばき」が春の季語
と申しましたが、一方「さざんか」の季語は冬。

 

種類によって時期が異なるものもあるそうですが大まかにいって
「さざんか」は10月〜12月が花の時期で
「つばき」は、12月〜4月に咲くということです。

 

 

140316higasinaha450         「椿(つばき)」と水仙の干菓子

 

 

 

落ちる「つばき」に散る「さざんか」

「つばき」と「さざんか」の違いはいくつもあるようですが
なんといってもわかりやすいのは「つばき」が落ちる時は
花びらが別々に散るのではなく、一つの花ごとポトッと落ちること。

 

江戸時代には「つばき」の花が落ちる様を、首が落ちる
斬首を連想して縁起が悪いなどともいいました。

 

そういえば前に松月」の餡に使うあずきの話もそうでしたね。
大粒のあずきの大納言は、煮た時に皮が破れるという「腹切れ」が
ないので、切腹のない公卿の官位である「大納言」と名づけられたと。

 

 

150717siratamazenzaishougetu     大納言が使われている「松月」の白玉ぜんざい

 

 

また、うなぎの蒲焼きも同様で、お腹を切らずに背開きに
するのも(関西では腹開きだそうですが)腹開きが切腹を
連想されるからに他なりません。

 

武士にとっては斬首、切腹ということは常に背中合わせ。
覚悟を秘めながら日々を生きていたのかもしれません。

 

花全体がぽとっと落ちる「つばき」とは違い
「さざんか」は、一ひらずつ花びらが散って行きます。

 

このように「つばき」は落ちて、「さざんか」や桜は散って行き
牡丹はくずれて梅はこぼれる、との言い換えも美しいですね。

 

 

blog_import_51536863b4556      白い椿「(つばき)」の花と虫食いの葉っぱ

 

 

 

花のかたちや開く様

その他の違いとしては花が咲いた時の横からのかたちは
「つばき」は次の写真のように「V」に近いですが
「さざんか」は「—」と、横に手を広げたように花が開きます。

 

 

130312tubaki 花のかたちが「V」字型の椿(つばき)」
(赤坂の本氷川坂に咲いていた薄紅色の「つばき」)

 

 

おしべの形状も異なり、「つばき」のおしべは筒状ですが
「さざんか」のそれは筒状ではなく、放射状(?)です。

 

次の写真はちょっと小さいのですが、「つばき」の
おしべが筒状になっているのが御覧になれるでしょうか?

 

 

140228tubaki   赤坂サカスの隣りのビルに咲いていた赤い「椿(つばき)」

 

 

赤坂「青野」の上生菓子の「つばき」も
おしべの形を正確に表現していますね。

 

 

121230tuba         「椿(つばき)」 赤坂「青野」

 

 

これら以外には、葉のふちがギザギザ(鋸葉)しているのが
「さざんか」で、ギザギザがなくつるっと直線になっている
のは「つばき」とよくいわれますが、そうでもないようです。

 

また、葉脈を太陽に透かしてみて白いと「つばき」、
黒ければ「さざんか」ともいわれますが、これも違うよう。

 

例えば、寒椿という名前からもわかるように、春ではなく
冬に咲く「つばき」は、先ほど挙げた「つばき」の特徴である
筒状のおしべもなく、花はV字に開かずに平に開きます。

 

こちらは今日の夕方、麻布で撮った「つばき」ですが
「V」ではなく、平たい「—」の形に咲いています。

 

 

160219akaitubaki      平たい形に咲いている「椿(つばき)」(麻布)

 

 

というようにいくつもの例外があるようですが
「つばき」と「さざんか」の違いはこのようにいわれています。

 

1 花の落ち方(「花ごと」と「花びら」)
2 花の形(「V」と「—」)
3 葉のふち(「ギザギザ」と「直線」)
4 葉を太陽に透かした時の葉脈の色の違い(「白」と「黒」)

 

私自身は「さざんか」の葉よりも「つばぎ」のほうが
大きくてツヤツヤしっかりとしている気もします。

 

 

 

「椿餅」

そんなツヤツヤのしっかりした「つばき」の葉っぱ
だからこそできるのが、和菓子の「椿餅」。

 

 

               「椿餅」

 

 

今考えてみましたら何年も、いえ十年以上も
頂いていませんが「椿餅」はおいしいですね。

 

白あずきの餡を道明寺粉のお餅で包み、それを二つの
「つばき」の葉っぱで挟んで白椿の花に見立てたお菓子。

 

道明寺粉がつぶつぶしていておいしくて。
私は道明寺粉が大好きなのですが、それはまた別の機会にでも。

 

 

140316higasihana          「つばき」と水仙の干菓子

 

 

 

ベルディの『椿姫』

このように「椿」という字からして国字である「つばき」は
本当に日本的な花、という印象を私はかつて持っていました。

 

ですが、ふっと海の向こうの国々を見回しますと
それがそうでもないのですよね。

 

ヴェルディのオベラに『椿姫』というものがありますし
ファッションで有名なココ・シャネルのブランド『シャネル』は

 

「つばき」の花・カメリカをモチーフにした
ブローチなどがたくさんありますものね。

 

 

350x211_ZM9V9102_02         赤坂プリンスクラシックハウス

 

 

 

ベルディ『椿姫』

ジョゼッペ・ヴェルディの有名なオペラ『椿姫』は
1848年にアレクサンドル・デュマ・フィス(小デュマ)が
書いた小説の『椿姫』を、1853年にオペラ化したものです。

 

ディマの小説の題名は『椿姫(La Dame aux camelias)』、
「椿の花の貴婦人」というもの。

 

一方、日本ではオペラの方もディマの小説と同じように
『椿姫』と呼びますが、ヴェルディが作った
オペラとしての題名は『ラ・トラヴィアータ』です。

 

「ラ・トラヴィアータ(La traviata)」とは
「道を踏み外した女」という意味。

 

 

akasaka3          赤坂プリンスクラシックハウス

 

 

数十年間前、私が海外で初めて見たオペラが
この「ラ・トラヴィアータ」でした。

 

オペラに招待していただいた夜は、旅に連れて行って
下さった先生と私達3人は旅の疲れが出ていた日。
これは寝てしまうね、と残念に思っていたものです。

 

そこで寝てしまうのはしょうがないけど
「いびきをかいたら起きている人が起こそう」

 

そんな約束をしながら見始めた『椿姫(ラ・トラヴィアータ)』
でしたが、幕が開いた瞬間、みんな舞台に目が釘付けになりました。

 

さほどオペラが好きというわけでもなく、また詳しくもない私が
眠たいどころか息をするのも忘れるほど。
初めて見たウイーンのオペラに心を奪われてしまったのです。

 

 

160219sirotubaki          白い「椿(つばき)」(麻布)

 

 

 

「つばき」をつけているけどビオレッタ(すみれ)

その時に『ラ・トラヴィアータ』が「道を踏み外した女」という
意味を持つということを知り、深く心に残りました。

 

今、これを書くためにネットで検索してみましたら
「ラ・トラヴィアータ」は「堕落した女」と訳されていました。

 

「道を踏み外した女」は直訳だと説明されていて、それはその通り
なのでしょうが、私には「堕落した女」より「道を踏み外した女」
の方が、美しい題名のようにも思えますが、いかがでしょう?

 

一月のうち25日を白い「つばき」の花、後の5日を赤い「つばき」
をつけていたということから「椿姫」と呼ばれていた主人公。
とはいえ主人公の名は、オペラでは「ビオレッタ(すみれ)」。

 

 

130504bach

 

 

 

『道を踏み外した女』

オペラの「道を踏み外した女」あるいは「堕落した女」
といわれる主人公は、19世紀中頃にパリで暮らしていた
実在の高級娼婦がモデルといわれています。

 

ウィーンで初めて『椿姫』を見た時に
『ラ・トラヴィアータ(道を踏み外した女)』というタイトルに
なぜか他人事とは思えない不思議な思いを私は抱きました。

 

私はその時は(!)、何一つ道を踏み外してはいなかったのに。
そしてその日以来、『ラ・トラヴィアータ』という言葉は
私の心の中に住みつくことになったのです。

 

スポンサードリンク




詐欺メール(銀行篇) 「本物」「ニセモノ」16

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

kiiroininjinraion430

 

 

詐欺メールがきた!

きました!、きました!
ついに我が家にもきましたよ、銀行からの詐欺メールが。

 

詐欺メールが来て嬉しい、というわけではないのですが
聞いているわりには一度もきたことがなかったものですから。

 

「宅急便連絡を装う」ものや、「もうすぐ死にそうですので
お金をもらって下さい」というわけのわからない詐欺メールは
結構きているのですが、銀行を騙るものは今回が初めて。

 

一応ではあっても、銀行からきたように装うのでしょうから
それは一体どのようなものなのか?、ちょっと興味がありました。

 

 

blog_import_51536581d0f1d

 

 

 

同じところから2度も

もっとも銀行からの詐欺メールではなく、正確にいえば
「銀行からきたように見せかけている」メールですね。

 

今回、詐欺メールは2通きたのですが送信者は同じで
最初のメールの4,5日後に2通目が届きました。
だめ押しなのでしょうか?

 

最初の詐欺メールがきた時には削除しましたが
すぐ2通目が来て、「また〜?」と。
これはブログに書いちゃおう、と思ったわけです。

 

ということで1通目のメールはここに載せられませんが
2通目とほぼ同じような内容でした。

 

 

140616kiironinjin

 

 

 

「銀行からのお知らせ」と偽る「詐欺メール」

「こんにちは!
最近、利用者の個人情報が一部のネットショップサーバーに
不正取得され、利用者の個人情報漏洩事件が起こりました。

 

お客様のアカウントの安全性を保つために、
「りそな銀行システム」がアップグレードされましたが、
お客様はアカウントが凍結されないように直ちに
ご登録のうえご確認ください。

 

以下のページより登録を続けてください。
https://mp.resona-gr.co.jp/mypage/×××××/△△△△/

 

Copyright (c) Resona Holdings, Inc. All Rights Reserved.」

 

rosenthalmateki140616kiro

 

 

 

レベル3位かな? 

以前、作家の南野アサさんが銀行からを装う詐欺メールが
来たことを、ツイッターで紹介していたことがありました。

 

その時に、彼女が本物ではないと見破った理由は
「貴殿」と書くべきであろうところが
「貴様」(!)になっていたからでした。

 

まあ、これほどわかりやすいと引っかかる人は皆無で
笑うだけでしょうから、被害が出なくてすみますね。

 

本当の銀行から来た「銀行からと偽る詐欺メールに注意」
というお知らせによりますと、中にはかなり精巧に
作られているものもあるよう。

 

南野アサさんにきたものと、銀行からのお知らせ(本物の)に
書いてあった詐欺メールの中間に位置するのが
今回、私のもとに来た詐欺メールです。

 

仮に、稚拙な詐欺メールを①として、かなり精巧なつくりを⑩と
すると、今回きたものは③レベル位でしょうか?
って、詐欺メール評論家かっ!、と突っ込まれても困りますが。

 

 

140616kiironinjinkage

 

 

 

詐欺メールとわかった理由

まず最初に、メールを開く前に受信箱で見た感じのみ
では、今回のものは詐欺メールとはわかりませんでした。

 

以前きた詐欺メールの場合は、受信箱の時点で「送信者」の
部分が大きい会社であるにもかかわらず、そのような
メールアドレスではなかったことで一瞬でわかりました。

 

ですが今回の詐欺メールは、その部分は普通でしたので
文面を見る以前は、少なくとも私はわかりませんでした。

 

少々あやしいと思いながらも文面を開いてみますと
全体の雰囲気が銀行から来たものでないのは一目瞭然。

 

つくりが安っぽくちゃちで、とてもりそな銀行からの
お知らせとは思えないものでした。

 

 

rosenthalmateki140616kiironinjin

 

 

 

「不正取得」!

挨拶の後の、まず1行目からすごいです。
「最近、利用者の個人情報が一部のネットショップサーバーに
不正取得され、利用者の個人情報漏洩事件が起こりました。」と。

 

「ネットショップサーバーに不正取得され」って
不正取得しようとしているのはあなたでしょ?、と突っ込みたい。

 

「以下のページより登録を続けてください」
の後に続くURLはクリックをしていませんので
どのようになっていたかはわかりません。

 

ブログでお知らせするならクリックをしておけばよかったかな
という気もしますが、クリックをするだけで危険なものも
あるようですので、やめておきました。

 

クリックをしなかったもののURLを見ますと
ちょっとそれっぽい感じがしないでもありませんね。

 

そして最後の
「Copyright (c) Resona Holdings, Inc. All Rights Reserved.」
には笑っちゃいました。

 

実際のりそな銀行のものは
『Copyright (c) Resona Bank, Limited All Rights Reserve」。

 

「 Holdings, Inc. 」と「Bank, Limited 」。
これは、本物を見ながら考えたのでしょうね、多分。

 

 

140616kiironiinjinyoru

 

 

 

(本当の)りそな銀行のサイトで告知

これを見るために本当のりそな銀行のサイトに行ってみましたら
なんと、トップページの一番上に赤い大きな字で告知が!

 

「偽メールが多数配信されています!
マイゲートのID・パスワードは絶対に入力しないでください!
(詳しくはこちらへ)」と。

 

ひゃ〜っ!
ということはかなり大々的だったのですね。
だからうちまできたわけで。

 

「詳しくはこちら」を見ましたら、詐欺メールの4つの文面の
紹介があり、私にきたのは「例1」と「例2」だったようです。
1月23日により不特定多数の人に送られていたということでした。

 

 

tbs140623kininjin

 

 

 

レベル3(勝手に決めている!)でも数撃ちゃあたる?

私としてはレベル3程度の、なんちゃって詐欺メールだと
思いましたが、強気でかなり多くの人に送っていたとは驚き。

 

まあ犯人自身が、ちゃちいからひっからないと自ら思い
下手な鉄砲のタマを数撃ったともいえますが。

 

詐欺メールを送信した人がいけないのは勿論ですが
気になったのは、それほど沢山のメールアドレスを
誰が送信者に渡したのかということ。

 

現在は必要なメールを送るにも、ネットで注文をするにしても
メールアドレスを書かないわけにはいきませんからね。

 

注意をしなくてはといっても、注意のしようがない
というのが正直なところではないでしょうか。

 

今回の詐欺メールはつくりがちょっとアレでしたので
りそな銀行からではないと見破れましたが、実はこれ以外に
詐欺メールとわかった決定的な理由がありました。

 

それは、私はりそな銀行に口座を持っているどころか
りそな銀行に足を踏み入れたことすらなかったのですから。

 

とはいっても詐欺メールがいつもそうとは限りませんから
みなさまも、くれぐれも注意なさって下さいませ。

 

スポンサードリンク




ミョウガタケ「ビックリ屋」麻布十番

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140409myougadakeendou

 

 

「ミョウガタケ」はミョウガの親 

麻布十番のびっくり屋で「ミョウガタケ」を買いました。
見た瞬間、最初に思ったのは葉付き新ショウガの茎の部分
なのかな?

 

と思ったのですが、違いますよね。
かんじんのショウガがついていませんし。

 

お店の人が「ミョウガタケ」という名前を教えてくれました。
「ミョウガタケ」という名前は初めて聞いたような気がします。

 

 

140808shouga              新ショウガ

 

 

なにやらわかったようなわからないような気がしたので
調べてみましたら、「ミョウガタケ」というのは
いわゆるミョウガの親に当たるものだそう。

 

次の写真のミョウガも以前、麻布十番の「びっくり屋」で
買ったものですが、ミョウガは花のつぼみのようなもので
「花ミョウガ」ともいわれています。

 

 

blog_import_515366f3a4fb7     こちらは「ミョウガタケ」の子どものミョウガ

 

 

それに対して今日の「ミョウガタケ」は
地下に地下茎を伸ばして広がります。

 

地上に出ている部分は葉がついてまるで茎のように
見えますがこれは茎ではなく、偽茎と呼ばれるもの。

 

 

 

ショウガ科ショウガ属

確かに「ショウガ」と「ミョウガ」は名前も
似ていますし、こうして見てみると色も似ていますね。
もちろん「ミョウガ」はショウガ科のショウガ属の野菜。

 

この「ミョウガタケ」は、次の写真のような芽が出てきます。
「ミョウガタケ」の芽の根元には、モミガラを積み上げるようにして
日の光が当たらないようにしているのですが、おわかりでしょうか?

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA      ミョウガタケの芽(写真/「JAみなみ信州」)

 

 

白い部分を多く育てるためだなのだとか。
ホワイトアスパラガスみたいですね。

 

信州の下伊那地方では、白くした「ミョウガタケ」も
みどり色の「ミョウガタケ」も両方食するということで
これもまた、アスパラガスと同様。

 

 

130702howaitoasuparagasupot  こちらはどこで買ったか忘れてしまったホワイトアスパラガス

 

 

 

栽培に手間がかかる「ミョウガタケ」

先ほどのモミガラを被せた写真を御覧になってもおわかりのように
「ミョウガタケ」の栽培はとても手間がかかるそうです。

 

露地栽培で根株を大きくしてから室に植えかえをして
収穫までに1年半もかかるといいます。

 

また、写真でおわかりのように「ミョウガタケ」の色は
全くの白ではなく、ほんのりと紅色がついていますね。

 

この色を付けるには、一時的に2回ほど日の光を当てますが
それでも色がつかないものもあるそうで、
そのようなものは価値が下がってしまうということです。

 

 

140921asuparagasugoya   東京ミッドタウンのプレッセプレミアムで買ったアスパラガス

 

 

 

「見た目」にこだわり過ぎでは?

うっすらと赤く色がついた「ミョウガタケ」は
白いものとは味が違って、一層おいしいものなのでしょうか?
そうであるならば、それなりに納得もできます。

 

ですが、もしそれが単に見た目だけのことであるならば
少々違和感を覚えるというのが正直なところ。

 

私は、日本の果物や野菜は「きれい過ぎる」
のではないかと常々思っているからです。

 

 

130702howaitoasupara            ホワイトアスパラガス

 

 

きれいであって別に文句はないのですが「きれい」であるために
農薬を使ったり、また必要以上に手をかけるというのは
私自身はあまり望まないのですが、皆さんはいかがでしょうか。

 

優先順位が違うといったらいいのでしょうか、そこにあまり
重きを置き過ぎるのは違うような気がします。

 

果物や野菜は、床の間に飾るものほど
きれいでなくてもいいのではないかなぁ。
かたちが整っていなくても、虫が少し食べちゃっていてもね。

 

 

130702howaitoasuparagasu           ホワイトアスパラガス

 

 

 

それにしては低価格でした

「ミョウガタケ」の収穫は、室の中に中腰の姿勢で入り膝をついて
刈り取らなければならない等、体に負担がかかる作業だそうです。

 

と聞きますと、本当に感謝して頂かなくてはという気がします。
はっきりと覚えてはいないのですが、この「ミョウガタケ」
お値段はかなり安かったような気がするのですが……。

 

どんなお仕事でも大変なことにかわりはありませんが
作物を育てることは時間もかかり天候に左右され
不作ということも充分起こりえることです。

 

あるいは逆に、あり余るほどの収穫で廃棄処分をするという
言葉を失うような、無惨なニュースを聞くこともあります。
農作物を育てるということは、本当に大変なことですね。

 

 

140409myougadake-376x299             ミョウガタケ

 

 

 

 「ミョウガタケ」を栽培しているのは日本だけ

「ミョウガタケ」は東南アジアが原産とされていて
本州から沖縄までの日本各地に自生しているそうです。
なんと野菜として栽培しているのは日本だけだそう。

 

また日本でも全国で作っているわけではなく
一番有名なのが宮城県、それから京都、群馬というように
ごく限られた場所で栽培されるのみのようです。

 

高知県では「ミョウガタケ」をハウス栽培で作っているので
一年を通して手に入れることができますが、通常ですと
6月から10月位が旬。

 

夏にとれるものは「夏ミョウガ」、秋のものは「秋ミョウガ」
と呼ばれて親しまれていますが、あえて言えば
「秋ミョウガ」の方がふっくら大きめのよう。

 

ミョウガに比べますと水分が多く、繊維が少ないのが特徴。
香りも「ミョウガタケ」のほうがソフトです。

 

 

140409myougadakeendou

 

 

 

「ミョウガタケ」は既に3世紀にはあった!

「ミョウガタケ」のように、香りとさっぱりした歯触りを
楽しむものは、あまり栄養分などということとは結びつかない
ような気がしていたのですが、そうでもないよう。

 

ミョウガや「ミョウガタケ」の独特な香りは
アルファピネンという精油成分によるものだそうです。

 

これは、発汗、呼吸、血液などの循環に
働きかける作用をするということ。

 

生理痛、生理不順、あるいは更年期障害等にも効果を発揮
するというように、ただおいしいだけではなかったのですね。

 

また「ミョウガタケ」の日本での歴史は古いようで、3世紀に
書かれた「魏志倭人伝」にはすでに登場しているということです。

 

そんなに長く日本の地で生息してきたおいしい「ミョウガタケ」を
作ってくれた方の御苦労を感謝しながらおいしく頂きました。
御馳走さま〜!

 

スポンサードリンク