根来塗の棗(なつめ) 根来塗の朱漆から覗く黒い色

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

161025natsumetyaki

 

 

ナツメの実の形に似ているから棗(なつめ)

ナツメの実に形が似ていることから
名づけられた棗(なつめ)。
これは茶道でお茶を点てる時に
お抹茶を入れるための器です。

 

 

161025natsume干したナツメ

 

 

茶道でいただくお茶には、濃茶(こいちゃ)
と薄茶(うすちゃ)があり、

 

濃茶(こいちゃ)は、1杯分に対して
抹茶を茶杓3杯を使って茶筅で練るように作り、

 

薄茶(うすちゃ)では、半分の
茶杓1杯半ほどでお茶を点てます。

 

現在の茶道では、濃茶(こいちゃ)を主として、
薄茶(うすちゃ)を副(そえ)、
略式と位置づけています。

 

 

130823kurikagoyoneya

 

 

 

濃茶用の抹茶は「茶入れ」

薄茶(うすちゃ)用の抹茶入れである棗(なつめ)
は、木で出来た漆塗りの蓋つきの容器ですが
濃茶(こいちゃ)の抹茶を入れる容器は
陶器でできた茶入れが使われます。

 

こちらがその茶入れで、瀬戸焼(せとやき)
のもの(各務周海作の『黄瀬戸の茶入れ』)。
茶入れの蓋は象牙で出来ています。

 

 

kizetotyaire濃茶用の抹茶入れ「黄瀬戸茶入れ」各務周海作

 

 

瀬戸焼とは、愛知県瀬戸市とその周辺で生産される
陶磁器の総称をいい、日本六古窯の一つでもあります。

 

私たちは普段、和食器のことを何気なく「セトモノ」
と呼んでいますが、これは考えてみれば「瀬戸の物」
ということであり、それほど瀬戸焼は私たちの
日常に深く結びついているということなのですね。

 

瀬戸で焼き物が作られ始めたのは古墳時代
ですが、中世期に釉薬(ゆうやく)をかけた
陶器を作っていたのは瀬戸だけだったとか。

 

 

121202toraya

 

 

 

仕覆は「荒磯緞子(あらいそどんす)」

右の袋物は茶入れを納める「仕覆(しふく)」です。
仕覆(しふく)は、中国で織られた名物裂
(めいぶつぎれ)と呼ばれるもので、この
パターンの名前は「荒磯緞子(あらいそどんす)。

 

私は「荒磯」と書いて「ありそ」と読むと習いましたが
「ありそ」でも「あらいそ」でもどちらでもよいようです。
とはいえ「あらいそ」と書かれている
ものが圧倒的に多いですね、驚きました。

 

描かれているお魚も、ずっ〜と勝手にめでたい鯛だと
思い込んでいたのですが、こちらも違って淡水魚だそう。
う〜っ、思い込みってコワいですね。

 

 

121105natumesiroサントリー美術館で買った漆塗りでない棗

 

 

 

根来塗(ねごろぬり)

私は陶磁器も好きですが、漆器もこよなく愛しています
ので、濃茶(こいちゃ)のお茶入れよりも、薄茶
(うすちゃ)の棗(なつめ)の方により心を惹かれます。

 

この写真の棗(なつめ)は、京都の骨董品屋さんで
買った、根来塗(ねごろぬり)の棗(なつめ)です。

 

棗(なつめ)を置いているお盆も
同じく骨董の根来塗(ねごろぬり)。

 

 

161025natsumetyaki根来塗の棗(なつめ)とお盆

 

 

一時期、私は根来塗(ねごろぬり)を集めていた
ことがあり、茶托や椿皿、鉢等がありましたが
小さな家に越すために、ほとんどを処分して
しまい現在手元にあるのはこの2つだけです。

 

 

 

朱の下に黒い色が見えるのは、何故?

さて今日の「『本物』『ニセモノ』」は、この
根来塗(ねごろぬり)に関することではありますが
製品自体が本物か否かではありません。

 

御覧のように、根来塗(ねごろぬり)は表面が朱色
ですが、ところどころに下に塗ってある黒漆の色も
見えるのが特徴なのですが、この模様が出る理由
について、どの説が本当なのかということです。

 

 

160524kurogomegohan根来塗(ねごろぬり)のお盆

 

 

 

失敗作品が根来塗の個性に

根来塗(ねごろぬり)の歴史は紀州、現在の
和歌山県岩出市の根来寺で使う、お膳や盆などを
作っていた、1288 (正応元)年まで遡ります。

 

ある時、製造工程のミスから朱色の下に塗ってある
黒い色が見えてしまうものが出来てしまいました。

 

これは本来は失敗作であるはずですが、この怪我の功名
ともいえる独特の模様が美しいと喜ばれたため
それ以降はあえてこのような色加減の塗物を作り
根来塗(ねごろぬり)と呼ばれるようになります。

 

その後、この根来塗(ねごろぬり)の発祥の地は
1586(天正13)年の、豊臣秀吉の根来攻めにより
一山灰燼に帰してしまいました。

 

根来塗の職人たちは和歌山の海南黒江や輪島、薩摩
へと行き、根来塗の技法を伝えたことから、根来塗が
近代漆器のルーツともいわれるようになったのです。

 

 

161002urusisakazukiお盆は輪島塗(杯は忘れました)

 

 

 

使っているうちに黒が出る?

この根来塗(ねごろぬり)独特の色の出方に関して
根来塗の物は使っているうちに、下に塗ってある
黒い色が出てくる、と教えてもらった私は
優に十年以上はそう思い込んでいました。

 

今調べてみましたら、和歌山県のホームページには
それについてこのように記されています。

 

「長の歳月使い込まれれば、上塗りの朱が擦れ、下地
の黒漆が浮き上がり、趣ある抽象模様が描き出される
根来塗は、『用の美』で全国に名の知れた漆器だ。
古美術の世界では、根来といえば高値がつき、
国内はもとより欧米の好事家にも人気だという。」
 (「世界に誇る近代漆器のルーツ『根来塗』」

 

 

130317janporu

 

 

 

そんなことはない!

ところが、私がこの根来塗の棗(なつめ)を
手に入れた京都のお店だったか、あるいは
別のお店だったかは忘れてしまいましたが
そのお店の御主人は言ったのです。

 

「そんなことは絶対にない!
いくら使ったって、下の色が
出てくるようなことはない」と。
勿論、京都の言葉でしたのでこれは意訳ですが。

 

いわれてみれば、確かにそうですよね。
十年、二十年と使っても、上に塗られた
朱色が剥げて。黒い色が出てきた
というような経験は皆無でしたから。

 

すでに購入した時点でアンティークだった(100年か
200年か忘れてしまいましたが)根来塗(ねごろぬり)
のものを、それから30年以上使用していますが
下の黒漆が出ている様子は全くありません。

 

 

161025natsumetyaki

 

 

 

どちらが本当?

和歌山県工業技術センター漆器研究開発室の
研究員や、根来塗の作り手に取材をした記事で
間違いを書くとはとても思えません。

 

とはいえ、少なくとも私の実感では「上塗りの
朱が擦れ、下地の黒漆が浮き上がり」ということは
ありませんでしたし、またそのようなこと書いて
ある書物もあります。

 

もしかしたら「長い年月使い込まれ」の
「長い年月」というのは、100年以上の長さを
指していて、数十年単位では黒い色が出る
というようなことはないのかもしれませんが。

 

 

 

 

ただ、私の扱いが悪いことは棚に上げることを
許して頂ければ、写真のお盆の方は、黒い色
が出る以前に、塗り自体が乾燥で亀裂を
起こしたような状態にはなってきています。

 

「長い年月使い込み、下地の黒漆が浮き上がって
くる」前に、他に支障が出てしまうのでは?、
という余分なことを考えたりもするのですが、
これにかんしてホントはどちらなのでしょうね?

 

スポンサードリンク




詐欺メール(銀行篇) 「本物」「ニセモノ」16

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

kiiroininjinraion430

 

 

詐欺メールがきた!

きました!、きました!
ついに我が家にもきましたよ、銀行からの詐欺メールが。

 

詐欺メールが来て嬉しい、というわけではないのですが
聞いているわりには一度もきたことがなかったものですから。

 

「宅急便連絡を装う」ものや、「もうすぐ死にそうですので
お金をもらって下さい」というわけのわからない詐欺メールは
結構きているのですが、銀行を騙るものは今回が初めて。

 

一応ではあっても、銀行からきたように装うのでしょうから
それは一体どのようなものなのか?、ちょっと興味がありました。

 

 

blog_import_51536581d0f1d

 

 

 

同じところから2度も

もっとも銀行からの詐欺メールではなく、正確にいえば
「銀行からきたように見せかけている」メールですね。

 

今回、詐欺メールは2通きたのですが送信者は同じで
最初のメールの4,5日後に2通目が届きました。
だめ押しなのでしょうか?

 

最初の詐欺メールがきた時には削除しましたが
すぐ2通目が来て、「また〜?」と。
これはブログに書いちゃおう、と思ったわけです。

 

ということで1通目のメールはここに載せられませんが
2通目とほぼ同じような内容でした。

 

 

140616kiironinjin

 

 

 

「銀行からのお知らせ」と偽る「詐欺メール」

「こんにちは!
最近、利用者の個人情報が一部のネットショップサーバーに
不正取得され、利用者の個人情報漏洩事件が起こりました。

 

お客様のアカウントの安全性を保つために、
「りそな銀行システム」がアップグレードされましたが、
お客様はアカウントが凍結されないように直ちに
ご登録のうえご確認ください。

 

以下のページより登録を続けてください。
https://mp.resona-gr.co.jp/mypage/×××××/△△△△/

 

Copyright (c) Resona Holdings, Inc. All Rights Reserved.」

 

rosenthalmateki140616kiro

 

 

 

レベル3位かな? 

以前、作家の南野アサさんが銀行からを装う詐欺メールが
来たことを、ツイッターで紹介していたことがありました。

 

その時に、彼女が本物ではないと見破った理由は
「貴殿」と書くべきであろうところが
「貴様」(!)になっていたからでした。

 

まあ、これほどわかりやすいと引っかかる人は皆無で
笑うだけでしょうから、被害が出なくてすみますね。

 

本当の銀行から来た「銀行からと偽る詐欺メールに注意」
というお知らせによりますと、中にはかなり精巧に
作られているものもあるよう。

 

南野アサさんにきたものと、銀行からのお知らせ(本物の)に
書いてあった詐欺メールの中間に位置するのが
今回、私のもとに来た詐欺メールです。

 

仮に、稚拙な詐欺メールを①として、かなり精巧なつくりを⑩と
すると、今回きたものは③レベル位でしょうか?
って、詐欺メール評論家かっ!、と突っ込まれても困りますが。

 

 

140616kiironinjinkage

 

 

 

詐欺メールとわかった理由

まず最初に、メールを開く前に受信箱で見た感じのみ
では、今回のものは詐欺メールとはわかりませんでした。

 

以前きた詐欺メールの場合は、受信箱の時点で「送信者」の
部分が大きい会社であるにもかかわらず、そのような
メールアドレスではなかったことで一瞬でわかりました。

 

ですが今回の詐欺メールは、その部分は普通でしたので
文面を見る以前は、少なくとも私はわかりませんでした。

 

少々あやしいと思いながらも文面を開いてみますと
全体の雰囲気が銀行から来たものでないのは一目瞭然。

 

つくりが安っぽくちゃちで、とてもりそな銀行からの
お知らせとは思えないものでした。

 

 

rosenthalmateki140616kiironinjin

 

 

 

「不正取得」!

挨拶の後の、まず1行目からすごいです。
「最近、利用者の個人情報が一部のネットショップサーバーに
不正取得され、利用者の個人情報漏洩事件が起こりました。」と。

 

「ネットショップサーバーに不正取得され」って
不正取得しようとしているのはあなたでしょ?、と突っ込みたい。

 

「以下のページより登録を続けてください」
の後に続くURLはクリックをしていませんので
どのようになっていたかはわかりません。

 

ブログでお知らせするならクリックをしておけばよかったかな
という気もしますが、クリックをするだけで危険なものも
あるようですので、やめておきました。

 

クリックをしなかったもののURLを見ますと
ちょっとそれっぽい感じがしないでもありませんね。

 

そして最後の
「Copyright (c) Resona Holdings, Inc. All Rights Reserved.」
には笑っちゃいました。

 

実際のりそな銀行のものは
『Copyright (c) Resona Bank, Limited All Rights Reserve」。

 

「 Holdings, Inc. 」と「Bank, Limited 」。
これは、本物を見ながら考えたのでしょうね、多分。

 

 

140616kiironiinjinyoru

 

 

 

(本当の)りそな銀行のサイトで告知

これを見るために本当のりそな銀行のサイトに行ってみましたら
なんと、トップページの一番上に赤い大きな字で告知が!

 

「偽メールが多数配信されています!
マイゲートのID・パスワードは絶対に入力しないでください!
(詳しくはこちらへ)」と。

 

ひゃ〜っ!
ということはかなり大々的だったのですね。
だからうちまできたわけで。

 

「詳しくはこちら」を見ましたら、詐欺メールの4つの文面の
紹介があり、私にきたのは「例1」と「例2」だったようです。
1月23日により不特定多数の人に送られていたということでした。

 

 

tbs140623kininjin

 

 

 

レベル3(勝手に決めている!)でも数撃ちゃあたる?

私としてはレベル3程度の、なんちゃって詐欺メールだと
思いましたが、強気でかなり多くの人に送っていたとは驚き。

 

まあ犯人自身が、ちゃちいからひっからないと自ら思い
下手な鉄砲のタマを数撃ったともいえますが。

 

詐欺メールを送信した人がいけないのは勿論ですが
気になったのは、それほど沢山のメールアドレスを
誰が送信者に渡したのかということ。

 

現在は必要なメールを送るにも、ネットで注文をするにしても
メールアドレスを書かないわけにはいきませんからね。

 

注意をしなくてはといっても、注意のしようがない
というのが正直なところではないでしょうか。

 

今回の詐欺メールはつくりがちょっとアレでしたので
りそな銀行からではないと見破れましたが、実はこれ以外に
詐欺メールとわかった決定的な理由がありました。

 

それは、私はりそな銀行に口座を持っているどころか
りそな銀行に足を踏み入れたことすらなかったのですから。

 

とはいっても詐欺メールがいつもそうとは限りませんから
みなさまも、くれぐれも注意なさって下さいませ。

 

スポンサードリンク




ツイッターのアカウント乗っ取り?

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

risu

 

 

まさか、乗っ取り?

1、2カ月前のことでした。
私のツイッターのアカウントが乗っ取られました。

 

有名人のアカウントのなりすまし等は聞いたことがありましたが
まさか私にまで魔の手が伸びて来るとは驚き。

 

乗っ取りは色々あるようですが、私のツイッターの会社に連絡をし
2度ほどやり取りをしているうちに問題のアカウントが突然消えました。

 

 

141008geshhoku4

 

 

 

フォローをしていないのにフォロー欄に

ツイッターのホームには、自分がフォローした人の
つぶやきが、順番に記されていきます。

 

ツイッターで、◯◯さんをフォローしようと思ったら、◯◯さんの
アカウントの「フォローする」にクリックをするだけでOK。

 

自分がフォローした方はわかっていますが、時には自分の知らない人
からフォローされる、つまりフォロワーができることがあります。

 

自分がフォローした人のアカウントは「フォロー欄」に、
自分をフォローしてくれる人は「フォロワー欄」に載ります。

 

少し前、「デブは一億損する!」という見知らぬ
アカウントが私をフォローしていることに気づきました。

 

それは別に不思議ではないのですが、おかしいことは私は彼をフォロー
していないのに、彼のアカウントが私の「フォロワー欄」にあったこと。

 

こんなことは今まで一度もありません。
この時点ですでに、何らかの不正操作があったのは事実でした。

 

 

 

「1万人のフォロワーをプレゼント!」

私は「デブは一億損する!」という
アカウントのプロフィールを見てみました。

 

すると、相互フォローを求めるということと、フォローをしてくれたら
「1万人のフォロワーと、月1万円が手に入るツールをプレゼント」
とあやしさ満載のプロフィール。

 

笑えるのは、「デブは一億損する!」さんをフォローしたら
1万人のフォロワーをプレゼント、といいながら
当の御本人は1万人のフォロワーがいないこと。

 

そして彼のホームに行ってみると、数百人だか千人だか
忘れましたがフォロワーがいるのに、彼自身ツイートは
全くしてはおらず、リツイートの1つもなかったのです。

 

 

150125tokyomidtown

 

 

 

私のアカウントをクリック→「デブ」に飛ぶ

私は自分のアカウントを検索してみました。
普通は、以下のようなものが出てくるはずです。

 

泉しのぶ (@aprisugar) | Twitter
https://twitter.com/aprisugar
Translate this pageThe latest Tweets from 泉しのぶ (@aprisugar).
日本で唯一の、ローゼンタール〈魔笛〉の専門店「Apri(アプリ)」。
ブログは「『あぷりのお茶会』赤坂・麻布・六本木」です!
遊びにきてね〜!」

 

それが、その時は違いました。
1行目の「泉しのぶ(@aprisugar) | Twitter」はそのままですが
2行目からが全て「デブは一億損する!」にすりかわっていたのです。

 

1行目はそのままと書きましたが、文字面はそのままですが
クリックをすると「デブは一億損する!」のホームに飛びます。

 

つまり、実質「デブは一億損する!」のアカウントが
私のアカウントを乗っ取り、なりすましていたというわけです。

 

そこで私はツイッターの会社に連絡をとったのですが
数日経った頃、「デブは一億損する!」のアカウントは消えました。

 

試しに「デブは一億損する!」で検索してみてもでてきません。
ツイッターの会社と連絡をとっている途中でしたので、
ツイッターがアカウント削除をしたのではないと思うのですが。

 

 

141005akasakasacas

 

 

 

「がん」は「デブ」の変身?

それからまだ数日後、正確なアカウント名は忘れましたが
今度は「がんと闘うナントカ」さんが私のフォロワーになりました。

 

今度の絵は、「デブ」の男性イラストとは違い
笑顔の可愛い女の人のイラストのアカウント。

 

ではありますが、プロフィール欄は「デブ」と全く同じ文章。
「相互フォローを求めること、フォローしてくれたら1万人の
フォロワーと、月1万円が手に入るツイールをプレゼント」

 

1つ違ったことは「がんに関することをつぶやいていきます」
書いてあったことでした。

 

といいつつ「デブ」同様、書いている本人には1万人のフォロワーも
おらず、ガンに関することは勿論、何1つつぶやいていないことも一緒。

 

そのままスルーをしているうちに、「がんと闘うナントカ」も
「デブ」と同様、いつのまにか消えていました。

 

 

141209akasakaparkbuilding

 

 

 

次々と現れる同様のアカウント

それで終わったかと思いきや、その後も同様の
アカウントが今度は、同時に2人現れました。

 

プロフィールに書いてあることは、「デブ」達と一緒。
ただ、今回の2人はホームにツイートがあったことと
ブログに記事も少しありました。

 

先ほどは、「デブ」が「がん」に変身したのかも?、とも
書きましたが、次の2つと共に本当のところはわかりません。

 

同じようなことをしている人が何人もいるのかもしれませんし。
ただ、「デブ」と「がん」は同一人物のような気もします。

 

今、試しに「がん」を検索してみましたが、私のフォロワーになった
「がんと闘うナントカ」のアカウントは存在していません。

 

ちなみに、「ガンと闘う」というまじめな、本当のアカウントは
私のフォロワーになったアカウントとは別に存在しています。

 

「デブ」なのか「がん」なのか、現在のアカウント名は
何だかわかりませんが、とにかく、やめてね〜!

 

スポンサードリンク