チーズケーキ「ロビー&ラウンジ」ザ・リッツカールトン東京

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160109ritcarlton

 

 

お茶はザ・リッツカールトン東京で

数年ぶりであったN子ちゃんと永田町で「春帆楼」で
ランチをして、途中、一ツ木通りの「松月」により
東京ミッドタウンのザ・リッツカールトン東京で
お茶をいただきにきました。

 

ザ・リッツカールトン東京 「ロビー&ラウンジ」
107-6245 港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
03-3423-8000)

 

このように書いてみますと「春帆楼」から
「東京ミッドタウン」まで、距離にすると結構ある
のですが、楽しくおしゃべりをしながら歩いていると
あっという間に感じられました。

 

 

140130shanpan370夜の「アジュール  フォーティーファイブ」

 

 

 

45階の3つのお店

ザ・リッツカールトン東京は
45階に3つのお店があります。

 

2年ほど前に御紹介した「アジュール
フォーティーファイブ」
と、先月の「タワーズ」
そして今日の「ロビー&ラウンジ」。

 

ザ・リッツカールトン東京には、何度か御紹介した
1階の「カフェ&デリ」もありますが、当然のことながら
45階は眺めもいいので「ロビー&ラウンジ」にすることに。

 

ちなみに「アジュール  フォーティーファイブ」の
「アジュール(azure)」とはフランス語で
「青」を意味するそうですが、45階の青い空ですね。

 

「タワーズ」は45階にある3つのお店のうち「
タワーズ」だけが。スカイツリーと東京タワーと
2つのタワーを見ることができるために
「タワーズ」と名付けられています。

 

 

140920ritcarltoncafeザ・リッツカールトン東京1階「カフェ&デリ」

 

 

 

初めての、そして最後の(おそらく)バーコーナー

予約をしていなかったのですが、お正月も過ぎて
いますので大丈夫でしょうと思っていたのですが
結構お客さんが多くて驚きました。

 

少しだけですが待って、通されたお席は
ラウンジの方がいっぱいだったので
「ロビー&ラウンジ」のバーのコーナー。

 

バーのコーナーは今まで一度も来たことがなく
かつまた、これからも来ないであろうと思われ
ますので結構、嬉しくラッキーでした。

 

 


160109ritcarlton「ロビー&ラウンジ」でのチーズケーキ
(写真/N子ちゃん)

 

 

 

なんとかかんとかチーズケーキ

私はこの写真のチーズケーキを注文しました。
本当は単にチーズケーキではなく、もっとずっと長い
名前でしたが、残念ながら覚えていません(!)。

 

N子ちゃんの注文したケーキも、これまた長い
名前でしたが、要はチョコレートケーキ。

 

「春帆楼」もそうでしたが、写真はN子ちゃんが
持っていたタブレットで撮ってもらったもの。
私はまた、カメラを持っていくのを
忘れてしまいまして……。

 

バーのコーナーは、大雑把にいってしまうと
北西方面、新宿や渋谷の方が見えて、「タワーズ」
や「ラウンジ」とはまた違った眺めです。

 

人でかなり盛り上がって
すっかりお上りさんをしていました。

 

 

160103ritzcarltontowers今年の1月3日の「タワーズ」からの眺め

 

 

 

また、会えますように

N子ちゃんは何年に一度かは日本にきてはいるものの
仕事で来ている時は常に何人かの人と一緒です。

 

電話では二人で話していても、こうして向かい合って
ゆっくり話すのは何年ぶり、というか20年ぶり位かも。

 

実は私は、彼女ともう一度ゆっくり話したかった
ので、去年の終わり頃に会いに行きたい
とメールをしていました。
ところが私の体調が思わしくなく諦めていたのです。

 

ところがその少し後に、N子ちゃんが仕事では
なく、日本に来るとの連絡が入り、こうして
久しぶりに会うことができました。
ありがとう、N子ちゃん、でもまた会えるといいね。

 

スポンサードリンク




タワーズ「ザ・リッツカールトン東京」東京ミッドタウン テーブルに映る雲

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160103ritzcarltontowers

 

 

2016年1月3日 東京

新年、1月3日お昼頃の東京の模様を
東京ミッドタウンにある、ザ・リッツカールトン
東京のレストランからの眺めました。

 

年に一度(以上のこともありますが)会うお友達との
お正月のお食事会も今年で、もう何年になるでしょうか。

 

今回はザ・リッツカールトン東京
ホテルの45階にある「タワーズ」。

 

一昨年は、このお隣の「ロビーラウンジ&バー」
に来ました。

 

ザ・リッツカールトン東京 「タワーズ」
107-6245 港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
03-3423-8000)

 

 

「アジュール45(フォーティーファイブ)」
から見える東京タワー

 

 

 

45階に3つのレストラン

リッツカールトンには、45階に
3つのレストランがあります。

 

一つ目はメインのフレンチダイニングの
「アジュール フォーティーファイブ」。

 

こちらは2年ほど前にこのブログでも
紹介したことがありますね。
「アジュール  45 さまざまな親子」

 

 

140130operahanbun「アジュール45(フォーティーファイブ)」のデザート

 

 

この写真は、その時のデザートです。
チョコレートで出来たボールの
ようなものを割ったところ。

 

2つ目は「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」
ではまだ登場していませんが
「ロビーラウンジ&バー」。

 

 

「ロビーラウンジ&バー」のチーズケーキ

 

 

 

「東京タワー」と「スカイツリー」

そして3つ目が、今日の「タワーズ(Towers)」です。
「タワーズ」の名前は東京タワーとスカイツリー、
2つのタワー(Tower)が見えるところ
からつけられました。

 

この3つのレストランは、それぞれの位置に
よって見えるタワーが違います。

 

 

「アジュール  45(フォーティファイブ)」

 

 

「ロビーラウンジ&バー」ではスカイツリーが、
「アジュール  45」は東京タワー。

 

そして「タワーズ」だけが
両方のタワーが見えるのですね。

 

今回は窓際席を予約していましたので
この写真のように、まさに窓に向かって
お友達と並んで座るスタイル。
一面のガラス窓で、少々目がまぶしかったほどです。

 

 


160103ritzcarltontowers
タワーズから見える東京タワー

 

 

 

ドレスコードは「カジュアル・エレガンス」

「タワーズ」は昨年の4月までは
アメリカングリル料理ということでしたが
現在はモダンビストロに生まれかわっています。

 

リッツカールトン東京のフランクリー・ラルーム
副料理長の監修のもと、世界各地のさまざまな
お料理を現代的にアレンジした、モダンビストロは
気軽に訪れることの出来るカジュアルレストラン。

 

先ほどの「アジュール45」のことを書いた
当ブログの記事に、ドレスコードに関する言葉
で検索してくる方がいらっしゃいます。

 

 

アジュール45の前菜「ヒラメ  カルパッチョ
甘エビ  キャピア  シトラスヴィグネット」

 

 

リッツ・カールトンホテル45階にあるレストランの
ドレスコードは全て「カジュアル・エレガンス」と
表記されているので、迷われるのかもしれませんね。

 

私個人の感じとしては3つのレストランとも
サンダル履きの普段着という感じでなければ
全然問題はないと思われます。

 

ただ、「アジュール  45」は、お店の側から注意を
促されるということではなく、訪れる自分自身のために
ちょっとだけお洒落をしていきたいような気もしますが。

 

 

 

メイン料理

こちらはお友達がオーダーした「帆立貝のカルパッチョ」
だったでしょうか?、名前に自信がありませんが
フランクリー・ラルーム副料理長のお勧めでもあります。

 

 

160103ritztowers「タワーズ」
「ホタテのカルパッチョ」多分……(撮影/S子ちゃん)

 

 

そして次が私の注文したお料理なのですが
写真がボケてます……ごめんなさい。
もちろん、撮影したのは私です。

 

 

160103ritztowershorohorodori「タワーズ」
「ほろほろ鳥のナントカ」(撮影/私)

 

 

写真がボケボケの上、名前もはっきり覚えていない
という情けなさですが、たしか「ほろほろ鳥の
ナントカ」という名前だったと思います。(!)

 

御覧のように、栗をはじめいろいろな添え物で
ほろほろ鳥が見えないほど飾られている
見た目も味もとても満足な一品。
ほろほろ鳥はフランス産だそうです。

 

写真では全体が写っていませんが
お皿は長方形で、厚みも少々あってツヤもあり
初めて見たタイプのお皿でした。

 

ちょっとまな板みたいですが
盛りつけがとても映えますね。

 

 

シャンパン「アジュール45(フォーティファイブ)」

 

 

 


テーブルに雲

そしてデザートはビュッフェ形式で、好きなものを
好きなだけいただけるという嬉しいブランチコース。

 

お友達はかなり抑えめだったのに対し
私は「小さめのお菓子ね」という言い訳の
もと、かなりたくさん食べてしまいました!

 

テーブルのシャンパングラスの足下に
雲が映っているのが御覧になれますでしょうか?

 

 

160103ritztowers「タワーズ」

 

 

上の写真の雲は、丸々とした雲。
次のは横に棚引いた雲が
テーブルに縞模様を描いています。

 

 

160103ritzcarltontowers「タワーズ」

 

 

果てしなく広がる空が、思いっきり大きな
ガラス窓を通して、テーブルの上にやってくる、
そんな初春の「タワーズ」でした。

 

スポンサードリンク




日本には雄株だけしかない「キンモクセイ」 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

130430tokyomidtownkinmokusei

 

 

香りで気づいて花を探す

今年はキンモクセイが早いような気がしますが
今日の写真はm東京ミッドタウンのお庭の
キンモクセイを撮ったものです。

 

キンモクセイは香り強さに比べて
橙色のお花は小ちゃくて控えめ。

 

歩いていて「?」と、香りに気づいてあたりを見回すと
キンモクセイが咲いているということが多いですね。

 

 

isindouyasudakan東京ミッドタウンにある「意心帰」(安田侃)

 

 

キンモクセイの学名は「Osmanthus fragrans var.
aurantiacus」で、モクセイ科モクセイ属。
英名は「 fragrant orange-colored olive」。

 

学名の「Osmanthus 」はギリシャ語の
「香り」を意味する「osme」と
「花」の意の「anthos」に由来します。

 

また「fragrans」は「香しい香り」、
「aurantiacus」は「橙色の」意。

 

原産地は中国中国南部で、中国では「丹桂(たんけい)」
や「桂花(けいか)」と呼ばれていて、お茶やワイン、
また漢方薬としても親しまれているそうです。

 

 

0565f69004157cfcfd58ae280609cccf-730x306

 

 

 

日本にはキンモクセイの雄株しかない?

この季節はあちらこちらで香っているキンモクセイ。
中国が原産のキンモクセイが、日本にきたのは
江戸時代ですが、日本にある全てのキンモクセイは
雄株のみで雌株はないのだそうです。

 

秋のキンモクセイに対して、春はジンチョウゲと
対になるほど、両者は香り高い植物として有名ですが
ジンチョウゲもまた日本には雄株しかないとか。

 

 

130801myoumutoukyoumiddotaun東京ミッドタウンにある「妙夢」(安田侃)

 

 

 

雄株、雌株、雌雄同株(両性花、単性花)

植物には、同一の株にめしべとおしべをつける雌雄同株
のものと、めしべだけの雌花しかつけない株と、
おしべだけの雄花だけしかつけない株が別に
なっている雌雄異株のものとがあります。

 

ということは、以下の3種類があるということですね。
1 雄株
2 雌株
3 雌雄同株

 

ただし、ここでちょっとややこしいのは「3」の
雌雄同株で、雌雄同株にも実は、2種類あるのです。

 

3 雌雄同株のうち

A  一つの花に、おしべとめしべの両方が
   ある両性花を咲かせるもの

B  おしべだけの花(単性花)、めしべだけの花
  (単性花)を同株につける雌雄異花

のものがあるということです。

 

 

120902sujikumo夕暮れの東京ミッドタウン

 

 

 

誰も持ち込もうとしなかったのか?

と全部で4種類なのですが、日本のキンモクセイは
このうちの「1」、雄株のみということになります。

 

したがって、日本にあるキンモクセイも
ジンチョウゲも実を結ぶことはありません。

 

その代わりといってはなんですが
両者とも挿し木で簡単に増えます。

 

私も小学生の時に、我が家の庭にあったジンチョウゲ
を挿し木にして、簡単に増やしたことがあります。

 

 

 

 

確かに、植物を勝手に国外から持ち込んでは
いけないという決まりがあるそうです。

 

ですが勝手にではなく、きちんと申告(?)した上で、
雌株を日本に持ってきたいと思う人は、江戸時代から
現在に至るまで一人もいなかったのでしょうか?

 

まあ、実といっても特別なものでもなく、挿し木で
増やすことも容易なので、その必要がなかった
ということかもしれませんけど。
とはいえ、私にはやはり不思議な気もするのです。

 

スポンサードリンク