唐津焼「中里太郎衛門」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

 

唐津市北波多で生まれた唐津焼

肥前鍋島藩の鍋島軍が朝鮮出兵の際に連れてきた朝鮮陶工
により日本初の磁器が作られるようになる少し前に
やはり朝鮮陶工の手によって唐津焼が作られていました。

 

こちらの唐津焼は、朝鮮出兵以前に岸岳(きしだけ)城主の
波多氏が朝鮮から連れてきた陶工によって焼かれるように
なったもので、有田焼のような磁器ではなく陶器。

 

岸岳を治めていた波多氏の、17代当主・波多親(ちかし)は
豊臣秀吉の不興を買いましたが、佐賀鍋島藩の鍋島直茂の
取りなしにより事なきを得ました。

 

しかし1594(文禄3)年、所領を没収の上、常陸に配流。
平安時代末期より戦国時代まで500年以上にわたって
活躍した波多氏は改易されることになってしまったのです。

 

 

 

 

 

金ケ江三兵衛が磁器の原料を発見

これにより岸岳古唐津の陶工たちは、秀吉の朝鮮出兵時に
連れてこられた陶工たちと一緒に仕事をすることになり
松浦古唐津、多久(たく)古唐津、武雄(たけお)古唐津、
平戸(ひらど)古唐津を形成してゆきました。

 

朝鮮からの陶工の中心的存在であった金ケ江三兵衛
(李参平・りさんぺい)は多久古唐津を焼成していました
が、1616年(元和2)年、有田泉山で磁鉱石を発見します。

 

これをきっかけに金ケ江三兵衛は磁器の有田焼を
作るようになり、多久古唐津と平戸古唐津は消滅。

 

そして、松浦古唐津は唐津藩の御用窯として、
武雄古唐津の方は日常雑器を焼く民窯となりました。

 

 

「染付山水図大鉢( そめつけさんすいずおおばち」
初期伊万里 高  12.5cm 口径  44.8cm 底径  12.9cm
重要文化財(写真/「文化遺産オンライン」)

 

 

 

「一楽、二萩、三唐津」

その後、唐津焼は全国に流通して西日本を代表する焼物となり、
西日本では焼物を「からつもの」と呼ぶほどまでになりました。

 

日常雑器としては勿論のこと、茶陶として古来から
茶人に愛された器でもあり、また楽焼や萩焼と並んで
「日本三大茶陶器」の一つにも数えられています。

 

お茶の世界では抹茶茶碗の格付けとして
「一楽、二萩、三唐津」という言葉があります。
「一井戸、二萩、三唐津」ともいうようですが、いずれに
せよ唐津焼は抹茶茶碗としては王道のお茶碗なのですね。

 

ろくろ、たたき、たたら、押し型等の技法で作られた唐津焼は
掘り、刷毛目、象嵌(ぞうがん)、搔(か)き落としの装飾が
施され、釉薬をかけて約1300度の高温で焼かれます。

 

土の味わいに描かれた野趣に富む模様の唐津焼。
現在、唐津焼の窯は唐津市内に70ほどあるということです。

 

 

 「赤樂茶碗 銘熟柿」17世紀前半 本阿弥光悦
(写真/「サントリー美術館」)

 

 

 

中里太郎衛門家

唐津焼の正確な歴史はわかっていないようです。
かなり前のことになりますが、私は唐津焼の
中里太郎衛門の窯を訪れたことがありました。

 

(中里太郎衛門窯
 〒847-8171 佐賀県唐津市津田3-6-29
 tel:0955-72-8171 fax:0955-73-3284
 mail:tarouemon@nifty.com)

 

唐津焼の中里太郎衛門の家は、江戸初期に中里又七が作陶を
始めて以来、唐津焼を作り続けている家系で、現在は14代目。

 

 

 

 

 

御用焼物師 中里家の歴史

初代の中里又七は生没年が不明ですが
肥前国唐津藩の御用焼物師でした。

 

5代目・中里喜平次が記した古文書によりますと、又七は
同じ高麗人の矢作や彦右衛門達と文禄年間(1592〜1596)に
伊万里市に田代窯を作った後、大川源窯に移ったそうです。

 

又七達が唐津藩主・寺沢志摩守広高の御用窯に
任じられたのは1615(元和元)年のこと。
又七は椎ノ峰窯へ移って御用焼物師となりました。

 

 

「叩き唐津南蛮耳付壷」13代・中里太郎衛門

 

 

初代・又七     生没不詳
2代・太郎衛門 生没不詳
3代・甚右衛門 生年は不詳、1703(元禄16)年に没。
4代・太郎衛門 生年不詳で、1744(延享元)年に没。
5代・喜平次   1691(元禄4)年〜1757(宝暦7)年
6代・太郎衛門  生年不詳〜1786(天明6)年
7代・陶司    生年不詳〜1823(文政6)年
8代・尚徳    生年不詳〜1827(文政10)年
9代・太郎衛門  生年不詳〜1872(明治5)年
10代・一陶     生年不詳〜1879(明治12)年
11代・太郎衛門 1854(安政元)年〜1924(大正13)年
12代・太郎衛門 1895(明治28)年〜1985(昭和60)年
13代・太郎衛門 1923(大正12)年〜2009(平成21)年

 

 

 

 

 

古唐津の技法の復活

12代・太郎衛門、本名重雄が生まれたのは、唐津藩の
御用窯としての庇護を失い衰退していた時代でした。

 

そのような中、古唐津の技法を復活させる
ことに成功し、唐津焼は勢いを取り戻します。

 

1976(昭和51)年、12代・中里太郎衛門は重要無形文化財
「唐津焼」の保持者(人間国宝)に認定されました。

 

 

 「斑唐津茶碗」12代・中里太郎衛門

 

 

 

14代・中里太郎衛門

当代の14代・中里太郎衛門は、1957(昭和32)年に
13代・太郎衛門の長男として佐賀に生まれました。
本名は忠寛。

 

1979(昭和54)年に武蔵野美術大学造形学部彫刻学科を
卒業、1981(昭和56)年、同大学院を卒業しました。

 

1983(昭和58)年に、多治見陶磁器意匠研究所釉薬科、
国立名古屋工業技術試験所釉薬科を修了後に
13代・中里太郎衛門陶房で作陶に入り、

 

1990(平成2)年の日展での特選を受賞を
はじめ数々の賞を受賞しています。
2002(平成14)年、14代・中里太郎衛門を襲名。

 

また、12代・太郎衛門の三男の中里重利(1930〜2015)、
同じく12代・太郎衛門の五男の中里隆(1937〜)、
中里重利の長男である中里嘉孝(1958〜)という
一族の方が陶芸家として活躍していらっしゃいます。

 

 

「唐津藍紋様二彩掻落し 馬上杯」14代・中里太郎衛門

 

 

 

生まれた時からの宿命

幼い頃から粘土遊びなどに親しんで、
「陶芸家になることは、生まれたときからの宿命でした」
と語る14代・中里太郎衛門さんですが、この「宿命」とは
逃れがたい重い定めという意味ではないそうです。

 

14代を継ぐというプレッシャーは「全然ありません」、
「作陶をやっていて、つらいと感じたことはない。
むしろ楽しいことばかりです」と続けます。

 

中国で焼物と限らずに絵画、彫刻などの素晴らしい作品に
触れた時の感想を、このように伝えてくれました。
「技術とかではなく、見る者に訴える力が画然と違う」
「昔の物に負けるものかという意気込みがわきます」
              (技見聞録「佐賀新聞」

 

 

「松図襖」狩野尚信 17世紀 佐賀藩鍋島家・徴古館

 

 

 

「窯もの」と「作家もの」

ところで、私が中里太郎衛門陶房に行った時のことですが、
残念ながら作品は一つも手にすることができませんでした。

 

陶房には何人もの職人さんたちが器を作っていますが、
それらは「中里太郎衛門窯のもの」と呼びます。
器の裏には中里太郎衛門窯で作られたという窯印
である「三ツ星」の商標がついています。

 

それに対して太郎衛門さんご自身の作品は「作家もの」と
呼んで区別していますが、欲しかった「作家もの」の
お抹茶茶碗にはとても手が届きませんでした。

 

 

「銹絵染付松樹文茶碗」18世紀前半 尾形乾山
(写真/「サントリー美術館」)

 

 

 

中里太郎衛門陶房で頂いた大きなお土産

ただ品物としては1つも手にすることはできません
でしたが、実は大きなお土産をいただきました。
それは、陶房の庭の様子です。

 

私が訪れたのは数十年前のことですので、現在はまた違って
いるのかもしれませんが、その当時は一般の私たちが
入れるお庭には松の木が植えられていました。

 

松の木もではなく、松の木だけが植えられて
いるその潔い美しさに私は心を奪われました。

 

もし自分の庭を持つことが叶うならば、大好きな松に梅に
桜にクチナシ……、と夢と妄想は果てし無く膨らみます。

 

ですが、中里太郎衛門陶房の庭を拝見して
私も松だけの庭にする、と決めました。

 

 

 

 

 

「花のほかには 松ばかり」

能楽の「道成寺」の「花のほかには松(待つ)ばかり」
という謡を思い出します。
「器のほかには松ばかり、器の庭には松ばかり」

 

もちろんこの決意(?)は誰にも告げたことはありません。
何十年もの月日が過ぎた今、自分に突っ込んでみましょう。
「固い決意をしたって意味なかったじゃない!
お庭持てなかったのだから」と。

 

でもあの美しさは今でも目と心に残っているからいいかな。
もしかしたら、夢は実現せずに、松(待つ)ばかり
だったりして……。

 

スポンサードリンク




グーグルアドセンスのページビューが、アナリティクスに比べて異常に少ない?

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

アクセス数の減少

半月ほど前に、4月以上にわたって毎月、ブログへの
アクセス数が減っていることを書きました。
「ブログのアクセス数が減った理由は?」
「サーチコンソールの数値とアクセス数の減少」

 

調べてみましたら、一定期間を過ぎるとアクセス数の減少は戻った
という人はいるのですが、私のように4か月以上に渡って減り続けて
いるというのは、私の見た限りでは見当たらず不安に思っていました。

 

その時のブログに示したグラフが次のものです。
月単位のグラフで、線で一番高い(多い)ところが2016年12月で、
右端の現在は、ブログを書いていた時の2017年3月。

 

 

   月別アクセス数(2015年4月〜2017年3月)

 

 

 

今度はアドセンスのベージビューが激減

私自身はなすすべもなく何の施策もとってはいないのですが
あの記事を書いた少し後から、アクセス数が持ち直してきました。
4月9日を境に、日毎に戻りつつあるのは嬉しい限りです。

 

ところが、ところがです。
ブログへのアクセス数が戻りつつあるのと時を同じくして
今度は「アドセンス」のページビューが、「アナリティクス」の
ページビューに比べて異常に少なくなってしまったのです。

 

以前、私は無料ブログで書いていましたが、3年前にドメインをとり
サーバーを借りて、ワードプレスに引っ越してきました。
その後に、グーグルアドセンスを始めていたのです。

 

 

今日は内容と写真は関係なく、赤坂サカスの桜をご覧いただきましょう
これは赤坂サカスの入り口に咲いている桜です
写真の右下の隅に地下鉄の赤坂駅の表示ですが、見えるでしょうか?

 

 

 

1パーセント以下の日も

これに関して調べてみると、アナリティクスのベージビュー数に
比べてアドセンスのベージビューが少ないという人もいましたが
それらの人の割合よりも、私の差の方がはるかに多いように思えます。

 

なかには30パーセントほど少ないと書いている人がいましたが
30パーセント少ないということは、70パーセントはあるということ。
私の場合は、日によっては1パーセント以下という低さなのですが。

 

「アナリティクス」のレポートだけではなく
私がワードプレスのダッシュボードに入れている
2種類のプラグインの統計情報と、全て同じ数値を表しています。

 

 


 上の写真の場所から、もう少し右側に移動したところ
建物は赤坂Bizタワーアネックス

 

 

 

「アナリティクス」と「プラグイン」は同一数を表示

「アナリティクス」のベージビュー数と、「アドセンス」のそれは
全く同じでないことは承知していますし、またプラグインで示される
アクセス数が必ずしも正確でないことも考慮に入れてあります。

 

しかし、4月9日以降、示されているアドセンスのページビュー数は
そのような誤差といえる範囲を、はるかに越えているようです。
100分の1以下という数字はあり得ないでしょう。

 

アナリティクスの「レポート」の「リアルタイム」のサマリーには
現在ブログに、世界のどの場所から、何人が、何の機種を使い、どの記事
にアクセスし、どの程度滞在しているかということが表示されます。

 

一方、ワードプレスに入れたプラグインも同様に記載されますので
グーグルアナリティクスと、ワードプレスのプラグインの両方を
試しに同時に見てみることにしました。

 

すると見た限りでは、両者は全く同じ結果を示しています。
つまり双方、かなり正確だといえるしょう。

 

 

上の写真、赤坂 Bizタワーアネックスの
後ろにそびえる赤坂Bizタワー

 

 

 

 

「アドセンス」のみが1/10、1/100

この両者とも、ここ数年はブログへのアクセス数は数百を超えている
と表示されていましたが、4月9日以降は、アドセンスのベージビュー
のみが、2桁だったり1桁だったりという具合。

 

一昨日の4月16日(日)のアクセス数は500  弱でしたが
アドセンスのページビュー数は、たったの 3です。

 

4月15日(土)に、アドセンスの「お問い合わせ」欄から質問をして
みましたが、私の書き方が間違っていたのでしょうか、土日以外は
24時間以内の回答と書いてあるのですが、返事はまだ頂いていません。

 

 

 TBS社屋のてっぺんにあるパラボラアンテナ(パラボラデッキ)
ニックネームは「ビッグハット」

 

 

 

テンプレートの変更

4月9日から、ブログのアクセス数が戻りつつあるのと
時を同じくして、今度はアドセンスのページビュー数が
急激に減った原因は何なのかは全くわかりません。

 

私自身は関係があるとは思えないのですが、唯一、思いつく
ことといえばその辺りで、ブログのテンプレートを変えたこと。
今まで使っていたものが更新で使用できなくなってしまったからです。

 

 

これも上の写真と同じ場所から撮ったものですが
「ビッグハット」が桜と木の葉で隠れちゃっていますね

 

 

4月8日まで使用していたものは、購入したテンプレート
でしたが、どうしても子テーマを作ることができなかった
ため、今まで親テーマに直接書き込んで使用していました。

 

そして今月になり更新のお知らせがきたのでしてみると
更新後は、以前のようには直すことができなかったのです。

 

仕方なく結局、今まで使ったことのないフリーのテンプレートを
現在は使用していますが、サイドバーがわかりづらい等の問題を
抱えていますので、できれば適当なものに変えたいと思っています。

 

 

この写真も同様です
つまり3枚の写真は、ほぼ同じ場所から撮ったものです

 

 

 

 

未だに更新をすすめるメッセージが表示

「ブログのアクセス数が減った理由は?」でも書いたのですが
「グーグルコンソール」の「ホーム」にも「ダッシュボード」
にも、「新しい重要なメッセージ」として、

 

「Wordpress の http://ochakai-akasaka.com/ を更新されることを
おすすめします」と未だに表示されていることもよくわかりません。

 

ワードプレスの「ダッシュボード」の「更新」には
「最新バージョンの WordPress をお使いです」と表示されているのです。
とはいえもしやと思い、2,3度更新も試してみましたがやはり同じでした。

 

アクセス数の減少をブログに書いて後に改善されたように
今回も、アドセンスのベージビュー数の激減が改善されると
いいのですが……。

 

スポンサードリンク




甘草(リコリス、licorice)

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

 

三大治療によらない栄養療法

現代の国民病ともいわれるガンですが、日本では「手術」
「抗がん剤」「放射能」という三大治療が一般的なようです。

 

ところが1990年、アメリカの国立がん研究所(National Cancer Institute)
は三大治療によらずに、がん発症を抑える成分をもつ植物性食品
「デザイナーズフーズ」を摂る栄養療法を発表しました。

 

約40種類の食品をピラミッドの形でまとめたものですが
ピラミッドの上の方に記載されている食品ほど
がん予防の効果が高いとされているものです。

 

 

         「デザイナーズフーズ」」

 

 

ピラミットの一番上、第一段階には8つの食品
「キャベツ」「大豆」「甘草」「ニンニク」「ニンジン」
「ショウガ」「セロリ」「パースニップ」が記載されています。

 

ほとんどはお馴染みの食品ですが、最後の「パースニップ」は耳慣れない
野菜でしたので、こちら(「パースニップは英語圏で人気の野菜」、と
「パースニップとルートパセリ」」はブログで取り上げてみました。

 

「パースニップ」以外では「甘草」がちょっと微妙でしょうか?
「甘草(カンゾウ)」という名前自体は知っていても、お薬、生薬と
してで、食品としてはあまり馴染みがないというのが正直なところです。

 

私にとって「甘草」はなんといっても漢方薬ですが、風邪薬や
咳止めの薬としても使われていて、その際は「甘草」という名前では
なく。「グリチルリチン酸」や「リコリス」などと表示されています。

 

 

 

お菓子のリコリス

「リコリス」と聞いて思い当たった方もいらっしゃるかもしれませんね。
そう、お菓子のリコリスです。

 

 

            ハリボー社の「リコリス キャンディ」

 

 

この写真は何かのコードの写真の間違えたのではなく、これがリコリス。
見かけ同様(?)味も、ちょっとヘンテコリンなもので日本人には
あまり好まれませんが、欧米では子どもから大人までかなりの人気者。

 

そうそう、日本では仁丹(ジンタン)が甘草を使っています。
仁丹はお薬ではありませんが、まあちょっとそれ系という感じで
捉えていますが、外国ではあの味のお菓子が好まれているのですね。

 

写真のリコリスキャンディを作っている「ハリボー社」は
ドイツの会社で、世界最大のグミ製造会社です。
リコリスキャンディといっても、キャンディよりは「グミ」に近い食感。

 

 

 

           ハリボー社のクマの形の「グミ」

 

 

 

ギリシャ語から

英語の「リコリス(licorice)」は
ギリシャ語の「グリキス(Glykys=甘い)」と「リザ(rhiza=根)」
の合成語である「グリキルリザ」に由来したものといわれています。

 

日本でもそのまま「リコリス」あるいは「リコリッシュ」といい、
スウェーデン語「lakrits」や、デンマーク語の「lakrids」などから
「ラクリッツ」と呼ばれます。

 

和名の「甘草(カンゾウ)」はそのままで、甘みを持っている草の意味。
甘草の甘み成分である「グリチルリチン酸」は
お砂糖の数十倍もの甘さがあるといわれています。

 

 

         マメ科の「甘草(カンゾウ)」の花

 

 

 

「甘草」は世界最古の生薬

古代ギリシャの医学の父といわれるヒポクラテス(紀元前5〜4世紀)の
『ヒポクラテス全集』や、生薬学の父・テオフラステスの植物誌にも
喘息、咳止めなどの効果があるとして甘草が記載されています。

 

アレキサンダー大王やカエサルの遠征軍に従軍した
兵士たちも、甘草を携行していったということ。

 

古代エジプトのツタンカーメン王(紀元前1367〜1349年)の
墳墓の副葬品の中にも大量の甘草があったといいますので
ツタンカーメンも甘草を使っていたのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

「あらゆる薬の中心として……」

それまでは呪いや占いの域にあった医療から、陰陽五行の思想を
人体に当てはめて薬物による医療が、中国で行われるように
なったのは、春秋時代(紀元前770〜403年)でした。

 

中国医学の基本となる知識を
  『神農本草経』(薬物書)、
  『黄帝内経』(中国最古の医学書)、
  『傷寒雑病論』(処方集)
と3冊にまとめたのは『漢』の時代です。

 

現在の私たちも「漢方」という言葉をよく使いますが
それはここから来ているのだとか。

 

この『神農本草経』の中で「甘草」は
「あらゆる薬の中心として『国老(帝王の師との意味)』
という名を与えられている」と記されているそうです。

 

 

山梨県甲府にある「甘草屋敷(高野家)」
(写真/「富士山大好き」)

 

 

 

正倉院にも収蔵

日本では奈良時代(8世紀)の宝物が収蔵されている正倉院にも朝鮮人参
などとともに甘草が香草類に保存され、平安時代の律令制度の実務の便宜
を図る為に編纂された『延喜式』にも貢物として甘草が記されています。

 

また、山梨県塩山市には「甘草屋敷」なるものがあるそうです。
これは江戸時代に薬用としての甘草を栽培し
幕府に収めていた高野家のお屋敷のこと。

 

(「旧高野家住宅 甘草屋敷」
*y〒404-0042 山梨県甲州市塩山上於曽1651 0553-33-5910)

 

八代将軍・徳川吉宗の時代の1720(享保5)年から、1872(明治5)年
にいたるまでの間、幕府薬用として甘草の栽培と管理を
申し渡されていた高野家が甘草を栽培していた場所です。

 

 

     カンゾウの根(写真/「10 ceaiuri ce pot inlocui cafeaua」)

 

 

甘草の原産地は、地中海地方、ロシア南部、中国北部、北アメリカなど。
マメ科の多年草で、高さは40〜70センチほどですが
生薬として使う地下茎は長さ1〜2メートルほどにもなります。

 

日本では300年以上前から、上記の甘草屋敷や江戸の小石川御薬園で栽培
されていましたが現在、日本で使用されている甘草は、中国やアフガニ
スタン、オーストラリアなどから年間約8千トンも輸入されているもの。

 

しかし品質が一定ではないこと以外に、中国では
甘草の採掘が問題視され、難しくなりつつあることも鑑み、
日本での栽培、生産が試みられているようです。

 

 

ハリボー社の「リコリスキャンディ」
味は好みが分かれそうですが、形はかわいいですね

 

 

 

甘草の薬効

読んで字のごとく甘い草「甘草」に含まれるグリチルリチン酸や
ブドウ糖、ショ糖はお砂糖の50倍とも100倍ともいわれる甘さを
持っていますので甘味料としても使われています。

 

甘草は緊張を緩和させ、活性酸素を除去する働きがあり
免疫力を高める効果も期待できる上、グリチルリチン酸には
肝機能障害やアレルギーに有効といわれています。

 

またグリチルリチン酸とそのほかの成分が消炎作用や美白効果を
持つことから薬としてだけではなく、化粧品としても使われます。

 

ただし、どんなものもそうですが甘草には副作用もあります。
血圧の上昇、手足の脱力感、頭痛、むくみ等々、広範囲にわたる症状
がありますので、取りすぎには注意が必要です。

 

副作用の出やすい人の特徴としては、
 1 服用期間が長い
 2 高齢になるにつれ
 3 男性より女性
 4 小柄な人
ということで、子どもや妊娠中の人は特に注意が
必要なようですので気をつけてくださいね。

 

スポンサードリンク