ピンクも赤も「バラ色」……?

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

barahanabira

 

 

「淡いピンク色」も「深紅」も両方ともOK 

バラ色のバラとは、深紅のバラを指すと聞いて
驚いた私は、早速調べてみました。

 

すると、結論からいうと淡いピンクも深紅も、
どちらもバラ色といってOKだということでした。

 

 

blog_import_515361b892b1d

 

 

 

「ピンク色」派

Yahoo! 知恵袋によりますと
ピンク派の「miestastani」さんは、

 

「『バラ色』という日本語は、エディット・
ピアフが歌ったシャンソンの名曲
『バラ色の人生 La vie en rose』のタイトル
として日本語に入ったフランス語の表現です。

 

フランス語の 『ロゼ』という色は
『ピンク』のことです。
ワインのロゼももちろんピンクです。

 

『ロゼ』の語源は『バラ色』ですが、本当の
バラが何色かとは関係なく、フランス語では
ピンクを『ロゼ』というのです。

 

日本語で『空色』といえば、灰色の空も
夕焼けのオレンジの空もあるのに
『薄い青』をいうのと同じです。

 

『ねずみ色』も同じです。
白いねずみも茶色のねずみもいますが、
『ねずみ色』は(濃いめの)灰色です。
  『水色』もそう。
『ロゼ』をそのまま『バラ色』と直訳するのは、
日本語の『桃色』を英語で peach color と訳す
ようなもので直訳すぎるのですが、『バラ色の人生』
の歌をそう翻訳した人は、『桃色の人生』では
日本語としてイメージが違うので
文学的にわざとそう訳したのだと思います」

 

とおっしゃっています。

 

 

 

 

 

「赤」派

一方、赤派の「namimakura0115」さんは
次のような説明をしています。

 

「西洋の薔薇のような鮮やかな赤のことをいいます。
(略)これは、人類が最初に栽培したとされるバラ、
つまりオフィキナリスにちなんでつけられた色名で、
もともとの日本古来の伝統色ではありません。

 

rose red という言い方は、
14世紀から用いられたといわれます」

 

日本人がバラ色と言われると
まず思いつくのが淡い紅色で、
広辞苑にもそのように書いてあります。

 

ですからバラ色=淡い紅色(rose pink)
と言っても、それはそれで正解です。

 

しかし正式にはバラ色と言えばrose red
のことで、鮮やかな赤を指します」

 

 

 

 

 

すっきりしませんが……

う~ん、あまり納得という感じ
でもない歯切れの悪さを感じます。

 

白黒つけて、いえピンク赤つけて
欲しいものですが……。

 

私としてはバラ色というのはピンクを指す
のだけれど、ピンクといっても幅広いので、
例えば濃いローズや、ヒューシャのピンク
などは、赤に近いから赤も入っているのかなあ、
という気がします。

 

ただ、バラ色の人生というのが素晴らしい人生
という意味であることは間違いないのですよね。

 

バラ色がどちらの色を指すにせよ、
バラ色の人生が送れたらいいですね!

 

スポンサードリンク