写真家 ハービー山口さん

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

o0430031911967807906

 

今日は他のことを書くつもりだったのですが、
数日前に見たツイッターが気にかかっていますので、
紹介させていただきます。

 

「昨年チャリティー写真販売を致した際、『直接お渡し会』
を催し50名程の方が参加されました。
『参加したいが半身不随で無理です』という方がいらっしゃり、
昨日直接ご自宅に届けたら、認知症の母親を介護されて
いました。
頭が下がる思いでした。」

 

というのがハービー山口さんがつぶやかれたものです。

 

ハービー山口さんは、大地震のあとPHOTO&HOPEと
いう活動をなさっています。

 

御自身で手焼きされたオリジナルプリントの写真を販売し、
それを義援金とするものです。

 

今回は2回目なのですが、そのプリントが仕上がり、
近くの方には日時を決めてハービー山口さんが直接に
手渡されたそうです。

 

多分、そこにいらっしゃれない方のおうちに出向かれた
時のことなのでしょう。

 

(ハービー山口さんに確かめたわけではないので、
あくまでも私の推測ですので、違ったらごめんなさい)

 

このハービーさんの、わずかな「つぶやき」に、
多くのことを感じました。
いえ、感じずにはいられない、というのが正直なところです。

 

ハービー山口さんとはずっと以前に、ハービーさんも私も
ボランティア参加という、ミニコミのお仕事で御一緒
させていただいたことがあります。

 

その頃から現在に至るまで、そのお人柄の素晴らしさは
変わることがありません。

 

ハービーさんは2011年度、
日本写真協会賞「作家賞」を受賞なさっています。

 




スポンサードリンク



コメントを残す