アーモンドタルト「ウエスト」赤坂Bizタワー

「あぷりのお茶会」へようこそ!
blog_import_5153630812dfc

 

 

紹介制でしか手に入らないクッキー

「ウエスト」のドライクッキー。
右がアーモンドタルトで左はガレット(Galette)。

 

「北海道産のフレッシュバターを最も多く使用した
クッキー生地」で作ったという記述が、「洋菓子舗
ウエスト」のホームページにありました。

 

真ん中にあるのは、オーストラリア産のマカダミアナッツ。
「バターの産地が違うだけで、全く違う味わいになる繊細なパイと
クッキー……」とも書いてあります。

 

私は、分量の違いによってクッキーの味が変わることは試したことが
ありますが、バターの産地による作り比べはしたことがありません。
ちょっと実験してみたい気がします。

 

 

紹介制でしか手に入らないクッキー

先日みぎぃさんのブログで、
「村上開新堂」のクッキーを見ました。
いかにもおいしそうでした。

 

私は「村上開新堂」は名前さえ知りませんでした。

 

なんと、なんと、紹介制でしか手に入れることの
出来ない貴重なものだということ。

 

もちろん味はわからないのですが、一目で誠実な
本当の手作りのクッキーだとわかりました。

 

 

 

本当の「手作り」ゆえに量産できない

今は何にでも「手作り」という言葉がついていて、
あちらこちらに書いてあります。

 

「足で作るよりは、普通は手で作った方がやりやすいからねぇ」
と心の中で毒づきたくなるほどの「手作り」の氾濫ぶりです。

 

ですが、この「村上開新堂」のクッキーは
本当に正真正銘の手作りクッキーだと思いました。

 

あまり特別なもの、気取ったものというのは、
私はちょっと苦手な部分もありますが、

 

(多分に、嫉妬ですが……)、これはそういう
意味の「特別な紹介制」ではないということがわかります。

 

少々質が落ちでも、売れるなら売れるだけ作ってしまおうという
のとは正反対の姿勢で作っているが故の紹介制なのだでしょう。

 




スポンサードリンク



4 thoughts on “アーモンドタルト「ウエスト」赤坂Bizタワー

  1. SECRET: 0
    PASS:
    そうなんですよ、最初にそのクッキーの話を聞いた時、なんて選民思想なんだ!!とガッカリしました。
    私の友達は、友達の結婚式の引き出物で出て来たのが最初の出会いだそうです。聞いたら、お嫁さんのご両親が常連客で、その方のツテだったとか!
    どこで繋がりができるか分かりません。
    あはは!確かに手作りって(笑)
    ウエストのガレット、食べたいです!!
    銀座にもお店がありますよね?今はどうだか分からないけども、前はおかわりもできて長居が出来ると言う事で、何度か行った事が。
    お店の雰囲気も昔ながらな感じで落ち着きますね。
    帰国したら私もガレット目当てで行きます!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん
    村上開新堂って全部で,3つあるの?
    みぎぃさんのが、紹介者がないとというお店。
    京都は,要予約だけど,紹介者なしで可。
    それともう一つ,3代目の店主の娘さん(?)だったかの「山本道子のお店」というのがあるみたいだね。
    全部,味は同じようだとも書いてある。
    京都のお店のことを書いてるブログが面白かった(ここ、リンクできないので↓に引用)。
    「(東京と京都のお店は関係があるらしい,ということが前に書いてある)
    らしい,と書いたのは両者ともそれを公に認めたがらないから。東京の店は自前のWebサイト( http://www.kaishindo.co.jp/ )まであるのだが,京都店のことはこれっぽっちも書いてないし京都の店で東京の店のことを尋ねた知人は露骨にいやな顔をされ(さすが京都!),ただでさえ悪い店員の態度がさらに悪くなったそうな。」
    「ウエスト」は私も随分行っていないんだけど,銀座が本店だよね。
    あの白いソファーカバーというか,椅子のかたちというか。。。面白いよね。
    私は「ウエスト」のクッキー、結構好きです。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    私もこの京都のお店が露骨にイヤな顔って読んだ時、一体どうしたんだろう?と思いました(笑)
    しかも、てっきり京都が最初の店舗だと思ったので、いざこざあってのれん分けして東京のお店に良い思いがない?と思いきや、逆だったんですよね。
    一体何があったんだろう。
    お店のいざこざというと、横浜元町ではバッグ屋さんキタムラ、京都では信三郎帆布が有名ですね。色々あるんだろうなぁ。
    そうです!山本道子さんが村上開新堂の5代目だそうです。
    で、山本道子のお店では、紹介もなく普通に誰でも買えるお店だそうです。
    サイトでお菓子を見ると確かに美味しそうなんですよ~!
    所で、村上開新堂も山本道子のお店も、場所は英国大使館の目の前なんですね。良い所だなぁ…
    英国大使館の建物、カッコいいですよね!

  4. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん
    ぐふふっ。。。
    みぎぃ氏、何を隠そう,今日行ってきたのだ、山道の方。
    買ってきちゃったよ~!
    みぎぃさんの写真にあった、お抹茶のメレンゲみたいなのと,やはりお抹茶生地が練り込んであるアイスボックスクッキーみたいなのが一緒に入っているもの。
    館入りで2つが組合わさっているので,あまり選べないのが悲しい。
    メレンゲはみぎぃさんの真似っこをして買ったけど,もう一つはお抹茶系じゃない方がいいなあと思っていたけど,練り込みの方、おいしかったからOK。
    んでもって写真も撮らずに食べちゃった!
    行きは一駅、地下鉄に乗ったけど,帰りは国会方面に行ったんで、歩いて帰ってきた(それから4時間立ち詰めでうちについたらヘトヘト。。)。
    で、お店は6時までだったんだけど,着いたのが多分6時2分ほど。
    一応しまった風だったけど、ガラス越しに中を見たら開けてくれた。
    開けてくれた人は「6時までなんですけど。。」。
    でもお店の中に居た人(多分,5代目さんの娘さんかも,何となく感じが似ていた)は、「いいんですよ」と、とても感じがよかった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください