「日米障害者雇用・権利に関する講演・討論会」 東京アメリカン・センター・ホール

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
blog_import_515366f8529a6

 

アメリカンセンターで行われた、アメリカ大使館と
ブロップ・ステーション共催による
「日米障害者雇用・権利に関する講演・討論会」を聞いてきました。

 

ADA法(障害を持つアメリカ人法)の策定に大きく関与をなさり
弁護士でもあるジョン・ヴォダッチ(John L. Wodatch)さんの
お話でした。

 

共催のプロップ・ステーションとは、「ナミねぇBAND」の
竹中ナミさんが理事長をなさっている社会福祉法人です。

 

障害のあることをマイナスでとらえるのではなく、挑戦する
使命を与えられた人という意味で「チャレンジド」とよび、
誇りを持って働ける国にしていこうという活動をなさっています。

 

お話の中では「国連の障害者権利条約」をアメリカも日本も
批准していない事実が述べられました。

 

そういえば、日本は拷問禁止条約等、他の先進国は批准済の
条約を批准していませんね。

 

何故なんでしょう?

 

☆オークの実(どんぐり)が、色づいてきました!

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “「日米障害者雇用・権利に関する講演・討論会」 東京アメリカン・センター・ホール

  1. SECRET: 0
    PASS:
    プロップステーションに反応!!(笑)
    実家の近所にそういう方が来る施設(職業訓練の施設かな?)があるんですよね。で、年に一回バザーが開かれるのですが、パンが結構美味しいそうです。
    オークのどんぐり、凄いですね!!ちゃんと育ってる o(^o^)o

  2. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん
    でしょう?
    私も最初見たときは、「?」。
    「L」じゃなくて「R」みたいだね、って釈迦に説法だけど。
    今度、プロップ・ラクリッツ氏に、「嫌な薬を飲まされそうになった時の対処法」や、「大切な胸毛をどピンクの薬で汚されてしまった時のお手入れ法」について、是非ともアトリエ・アプリで講演していただきたいものです。
    前に、みぎぃさんにオークのどんぐりが4粒残っている、って言っちゃったけどよく見たら5粒だった!
    でね、それがいつ落ちるがハラハラドキドキしていたんだけど、おかげさまで全部育っているよ。
    植えてある鉢ごと、3、4回倒れたことがあるんだけど、その時も大丈夫だった(ホッ)。
    この1993年、ジュネーブで私は初めてオークに出会ったんだ。
    そして,小さい頃から憧れていた「私のどんぐり」が「オークだったんだッ!」とわかったのだ。。(遠い目。。)

コメントを残す