「溜池」 浅野釆女正長重(浅野内匠頭長矩の曾祖父)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130728tameikesannoueki

 

 

溜池山王駅付近

昨日は、森永製菓の創業時の工場が溜池にあったことをお話しましたが、
溜池はこのブログでは「溜池山王駅アート」でもお馴染みの場所ですね。

 

「溜池」という名前ではありますが
名前の由来となった溜池は現在は埋め立てられています。
最初の写真の左側に見えるのが地下鉄の溜池山王駅の入口。

 

この写真の右側の同じような建物が3つ並んで見えるのは国会議員会館。

 

手前から、衆議院第一議員会館、衆議院第二議員会館、一番後ろが
参議院議員会館で、衆議院第一議員会館の手前は首相官邸です。

 

 

130728giinkaikan

 

 

この写真の手前側、山王溜池の交差点の反対側を撮ったのが次の写真。
この花が咲いているあたりは多分、当時は溜池だったのでしょう。

 

 

130805tameikesannoukousaten370

 

 

赤坂の溜池は、上野の不忍池より大きかったということです。

 

次の写真でいいますと、左の端に少しだけ写っている鹿島建設本社から
右端のこれも切れていますが、この赤坂Bizタワー付近まで
つまりこの写真の左から右までにわたる大きさだったのです。

 

 

121127tugidon

 

 

 

浅野長政の子、幸長がつくった溜池

この大きな溜池は慶長11年(1606)頃に
浅野幸長(よしなが)によってつくられたものです。

 

浅野長政の子として天正4年(1576)に生まれた
幸長は,浅野長政の跡を継ぎましたが
慶長18年(1613)38歳で亡くなってしまいます。

 

そこで幸長の弟の長晟(天正14・1586〜寛永9・1632)が
そのあとを継ぐことになりました。

 

長晟の2歳年下の長重(天正16・1588〜寛永9・1632)が
赤穂浅野家の初代藩主となった人です
(当時は赤穂藩ではありません)。

 

長重は、浅野内匠頭長矩の曾祖父にあたります。
この長重が生まれた時点では、瑤泉院の実家である
三次(みよし)浅野家はまだ誕生していません。

 

1588年生まれの長重が初代藩主となって100年後の
元禄14年(1701)3月14日、赤穂浅野家は
浅野内匠頭長矩の切腹をもって断絶します。

 

旧暦の3月14日は現在ですと4月21日にあたりますので
ちょうど今から312年前のことです。
(参照/港区HP

 




スポンサードリンク



コメントを残す