シャルロッテ・カレ「ロッテ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

120826rottetyo

 

 

「シャルロッテ・カレ」

抹茶とカカオが二層になった、薄いチョコレート「シャルロッテ・カレ」。
個別包装で、大きさと厚さの感じが
ちょっと紅茶のティーバックみたいです。

 

こちらは〈カカオ&グリンティー〉の「シャルロッテ・カレ」ですが
他には〈カカオ&コーヒー〉もあるそうです。

 

抹茶とカカオはそれぞれの味ですが
チョコレートはセミビターチョコで統一。

 

 

 

ロッテが「チョコごはん」のお店をオープン

この「シャルロッテ・カレ」を作っているロッテが
チョコレートを使った「チョコごはん」を
食べることのできるお店をオープンしました。

 

文京区墨田区錦糸町駅のそばの「ロッテシティホテル錦糸町」の
一階にある「シャルロッテチョコレートファクトリー」
というレストランです。

 

スカイツリーまで10分ほどで行ける場所だそうです。

 

 

130530sharurottetyokoretofakutori         (写真/「LOTTE CITY」)

 

 

 

レストランのメニュー

チョコレートを使ったデザートを置いてあるカフェではありません。
本格的(?)な食事も出来るレストランということのよう。

 

メニューを見てみますと、

「カカオフルーツサラダライスとローストビーフの
チョコレートソース丸ごとカカオのワンプレートディッシュ」

「ショコラバターチキンカレーとカカオバターライス
〜チョコレートグレービーソース〜」

「岩手県 奥の都鳥のグリルハチミツとバルサミコのチョコレートソース」

「メカジキのカツレツ サラダ仕立て カカオフルーツヴィネグレット」

「海の幸とカカオフルーツの冷製生パスタ」

「生ハムときのこのサラダきのこドレッシング パイの実クルトン添え」
等々。

 

最後に書いた
「生ハムときのこのサラダきのこドレッシング パイの実クルトン添え」
なのですが、さすがにロッテ、「パイの実」が登場しています。

 

ですがこの「パイの実」、中身のチョコレートはなしだそうですので
特に甘いわけでもなく、普通のクルトン風かもしれませんね。

 

 

 

カカオをお料理に使うのはありかも

召し上がった方の感想を見ますと
「わざわざチョコレートを使わなくても」
という方がいる一方、
「意外に◯◯にあって美味しい」という声も多くあります。

 

確かに「チョコレート」と聞きますと
あの例の甘いお菓子を想像しがちです。

 

しかしカカオは本来甘いものではなく、香りの高いものですので
お料理に使うのは、何も不思議なことではないのかもしれません。

 

「わざわざ行くほどではないけれど、行ったついでには食べる価値あり」
とのコメントに吹き出してしまいましたが
一度は試してみたいと思います。

 

私はスカイツリーより、こちらの方が興味があります。
それって、ただの食いしん坊ってことでしょうか。

 




スポンサードリンク



コメントを残す