水仙の 木枯らしの野に 凛と待ち

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

torayacafe

 

 

一つの荷物を降ろして……

(今日は、超個人的な日記です。お許しくださいませ)

 

2013年12月、待ちに待っていたものが実現しました。

 

私はこれを、一体いつから待っていたのかと振り返ってみても
はっきりとした日時は思い浮かばないのですが
生まれる前からかもしれないとも思います。

 

一度、1993年の夏に期待が膨らんだこともありましたが
その時は残念ながら……。

 

そしてやっと、本当にやっとです。
たくさんの人々の、はかることのできないほどの
思いと行動が一つのことを変えました。

 

とはいいつつも私の中には、その理由が
人々の運動の成果とばかりはいえないという
少々、冷めた思いがあるのも否めません。

 

他の人と同じように、無邪気に全身全霊の喜びに包まれる
というわけでもありません。

 

ですがやはり変わったということは、厳然とした事実。
そのこと自体は、素直に喜び
そして多くの方々に感謝を捧げたいと思います。

 

 

torayacafe131005

 

 

 

たくさんの人で成し遂げたこと

今日の日を迎えることなく亡くなった方に
心から感謝を捧げます。

 

2005年10月17日、76歳でお亡くなりになった山下薫さん。

 

お目にかかる機会を与えて頂きながら
私の一歩も、いえ十歩も百歩もひいてしまう性格ゆえに
その貴重な機会を逸してしまいました。

 

今更遅いのですが、与えられたものはすすんで
両手と全身でありがたく受けとめようと、今、堅く心に誓いました。

 

 

toraya131005

 

 

 

感謝の言葉を伝える前に

2011年1月3日、62歳という若さで逝ってしまわれたことが
かえすがえすも残念な佐藤文明さん。
本当にいろいろなことを教えて頂きました。

 

まさかこんなに早く、文明さんがお亡くなりになるなどとは
考えてもいませんでした。

 

もっとお話をしたかったと思います。
まだまだ文明さんから教えて頂きたいことばかりでした。

 

こう書いていて、ふっと思ったのですが
私は文明さんにお礼を申し上げたことがなかったような気がします。
本当に申し訳ないことです。

 

私達のずっと前を歩いて道をつくってくださった文明さん、
ありがとうございました!

 

 

131005torayacafe

 

 

 

初めてお目にかかった日のように 

そして、昨年の2012年12月30日、ニューヨークで逝去。
もう一年待って頂けたらと詮無いことを思わずにはいられない
ベアテシロタゴードン(Beate Sirota Gordon)さん。

 

1993年の5月、TV朝日の深夜のドキュメンタリー番組で
初めてベアテさんを知ったときの衝撃は、今でも忘れません。

 

現在の私の住まいは、ベアテさんが10年間ほど
日本で暮らしていらした場所からすぐ近くのところにあります。
そんなわずかな縁さえ、私には嬉しく思われます。

 

ベアテさんに一言、お伝えしたかったと思います。

 

あの好奇心いっぱいの子どもの目のように
くるくる動く瞳を輝かせながら
ベアテさんは、微笑んでおっしゃったに違いありません。

 

「おめでとう!」と
1993年の5月、初めてお目にかかった時にそうおっしゃって
私に握手を求めてくださった時のように。

 

 

suisen131204yuu

 

 

 

心からの感謝を

傲慢になってはいけない、感謝を忘れてはいけない、
と今、肝に銘じています。
今日の日を生きて迎えられたことに、心からの感謝を……。

 

「去りゆく一切は比喩に過ぎない」というショペングラーの言葉を
教えてくれた人も、とうの昔にこの世から去ってしまいました。

 

かくれんぼをしている子どもの如く、私の頭の中では
常にこの言葉が存在するともなく存在しています。

 

そして時には、お気に入りのチョコレートを
舌の上ですべらすように、この言葉を口にします。
「去りゆく一切は比喩に過ぎない」と。

 

「水仙の 木枯らしの野に 凛と待ち」
本当にありがとうございました。

 

 

hasu131122

 




スポンサードリンク



コメントを残す