ロンデールブルー(Rondele au Bleu)「プレジデント(president)」やまや赤坂店

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130522presidentpondeleaublue

 

 

ロンデールブルー

「プレジデント」のロンデールブルー。
このブログでは「プレジデント」のチーズは
何度か御紹介しましたね。

 

130522presidentrondeleaibleuhako

 

今日、知ったばかりのことなのですが
このプレジデントが主催している「アペリティフの日」
という催しが、6月に六本木ヒルズで行われたようです。

 

六本木ヒルズは東京の催しということですが。

 

東京以外にも、京都、千葉、埼玉、横浜、名古屋、
大阪、岡山、土佐、宮崎、仙台、豊橋、金沢、琵琶湖と
日本の各地で開催されています。

 

 

 

アペリティフとは?

「アペリティフ」とは、食を楽しむフランス人には
欠くことの出来ない習慣だそう。

 

食事の前に飲物と「アミューズ・ブーシュ」
と呼ばれるおつまみをお供に、

 

お友だちや家族と楽しいおしゃべりをしながら
素敵な時を過ごすことをいうそうです。

 

「アペリティフ」をするのに決まったルールはありません。
お好みの飲物と簡単なおつまみさえあれば
たくさんの人とでもあるいは二人、一人でもOK。

 

 

941325_624660550878802_553431248_n       (写真/「プレジデントチーズ」)

 

 

休日の戸外で、何かの集まりで、スポーツの後に、仕事の帰りに、
あるいはおうちの御飯のときでも、いつでもどこでもOKなのが
「アペリティフ」なのだそう。

 

 

 

6月の第一木曜日が「アペリティフの日」

日本でプレジデントが開催する「アペリティフの日」の催しは
今年2013年6月で、10回目を迎えたということです。

 

毎年「6月」の「木曜日」に開催されるらしいのですが
その理由は、フランス人にとって「6月」はバカンスの始まりの
季節であり「木曜日」は週末の始まりだからということ。

 

 

969927_623576410987216_1564840485_n         (写真/「プレジデントチーズ」)

 

 

6月の第一木曜日は、世界中が「アペリティフ」の日。
2004年に、フランス農水省が毎年、6月の第一木曜日を
「アペリティフの日」と提唱して以来、世界各地で
アペリティフを楽しむためのイベントが開催されています。

 

今年の6月、東京の「アペリティフの日」のイベントは
六本木ヒルズで行われました。

 

来年こそは参加したい!、と固く決意をしました。
が……、「参加人数が4500人」という数字を聞いて
早くも心がなえている気弱さではあります。

 




スポンサードリンク



コメントを残す