赤飯大福 赤坂「青野」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 
blog_import_5153605322b9c

 

2月は一度も赤坂「青野」に行っていなかったので、
今日行ってみました。

 

以前から気になっていた「赤飯大福」というものをゲット。
粒あんをお赤飯で包んであります。

 

お赤飯の厚みが、というか量が結構多めでした。
でも考えてみれば、そうですよね。

 

薄く伸ばしてしまったら、普通のお餅に近くなってしまうの
ですから、ここは「お赤飯!」という米粒感がなくては
いけません。

 

このブログを書くために名前が本当に「赤飯大福」だったかを
確かめようと、赤坂「青野」のHPを見てみました。

 

そうしたら、かわいいお菓子が出ていました!
上生菓子「春告鳥」と、みどりも鮮やかに……。

 

2月のHPの表紙ですから、すぐ変わってしまうのでしょう。
でも、これ好きです!
うぐいす色ののり方も、形も。

 

そういえば、お正月の「鶴」もそうでした。
ちょっと見ると、丸をちょっと楕円にしただけ、
というようにも見えてしまいかねないのですが、
本当に完成された美しいフォルムです。

 

このうぐいす、シッポが、ぴっ!と愛らしくて……。
金沢の石川美術館にある野々村仁清の「きじ香炉」も
シッポがぴっ!、ですが、鳥はしっぽが命です。
( ↑ ホントか?)

 

そんなことより、いつも少ししか買わなくて
「青野」さん、ごめんなさい。




スポンサードリンク



コメントを残す