よもぎ麩「不室屋」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140305yomogihu

 

 

久々に生麩

大好きな生麩を久しぶりに買いました。

 

私が今回買った生麩は「よもぎ麩」ですが、
この他にも「黒ごま麩」「あわ麩」「昆布麩」
「南瓜麩」と、全部で五種類あったようです。

 

私は東京で買ったのですが、この「不室屋」は金沢のお店。
「不室屋」は「ふむろや」と読みます。

 

これを売っていた店員さんが
「このままお刺身のようにわさび醤油で食べてもおいしいですよ」
と言っていたのを聞いて、驚いて思わず聞き返してしまいました。

 

「このまま生で食べられるのですか?」と。

 

 

140305 yomogibu

 

 

 

生で食べてみると……

試してみるべくこの「よもぎ麩」を買ってみることに。
確かに食べられることは食べられますが、
やはり火を入れた方が私にはおいしく感じられましたね。

 

でも、このままでも全然OKですよ。
慣れたら、ハマったりしてね。

 

「いまもむかしも 加賀麩ひとすじ」という不室屋は
慶応元年、二月に麩づくりを始めたといいます。

 

 

main_img-370x149            焼麩(写真/「不室屋」

 

 

名前の「不室屋」は、麩づくりを始めた六右衛門が
金沢の不室村の出身だったことに因むようです。

 

現在は金沢市の尾張町というところに本店がありますが
その他にも金沢はもとより、近隣および東京にも
お店がいくつかあるそう。

 

 

 

サントリー美術館に併設しているカフェでした

と見ているうちに私は、だんだん「?」という
感じになっていきました。

 

このお店って、もしかしたら……、
と思っていたら、やはりそうでした。

 

 

original-224x299

 

 

こちらの「不室屋」は、東京ミッドタウンにある
サントリー美術館に併設しているカフェの
「不室屋」ではありませんか。

 

ここはサントリー美術館に入場しなくても
カフェだけでも利用できるようなスタイルのお店です。

 

私はサントリー美術館や、不室屋カフェのすぐ横にある
サントリー美術館ショップには何度も行っているのですが
不室屋カフェにはまだ行ったことがありません。

 

これを機に、絶対に今年中に挑戦します。
って、がんばって言うほどのことではないのですが。

 

 

humuroyapafe           (写真/「東京カレンダー」

 

 

でも、いつでも行けると思っていると
意外と行かなかったりするものですので
ここで宣言をしておきましょう。

 

サントリー美術館に併設している不室屋カフェは
その時サントリー美術館で開催されている展覧会にあわせてあわせて
「展覧会限定メニュー」というものが作られていますので、これも楽しみ。

 

 

 

 新東京国立美術館のカフェのメニューも

サントリー美術館のある東京ミッドタウンから歩いても
すぐの場所にある、六本木の新東京国立美術館も
併設カフェで同じような限定メニューがあります。

 

この展覧会スペシャルメニューですが、
サントリー美術館の不室屋カフェよりも

 

国立美術館のレストラン、カフェの方がより「絵画的」で
ブログで見ていただくには楽しいかもですね。

 

う〜ん、あちらもこちらもと御紹介したいものが
いっぱいあって困っちまいます。
待っててね〜!

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください