マロングラッセは栗で作っていなかった? マロングラッセ「フタバ食品株式会社」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140915marongurase

 

 

随分前に買ったのですが 

今日の写真の「マロングラッセ」はかなり前に買ったもの。
青山一丁目店の方のやまやで買いました。

 

御覧になっておわかりのように
形がきちんとしていないブロークンタイプ。

 

このタイプのものは何度か買ったことは
あるのですが、今回、はじめてフタバ食品株式会社
のサイトを見てみると、

 

この「マロングラッセ」は
イタリア産の栗でできているそうです。

 

 

f5bc640934ee6913909f618523bd783a-270x200       ニンジンのグラッセ(写真/「cookpad」

 

 

 

ニンジンのグラッセと同じ「グラッセ」

「マロングラッセ」という名前の後半の
「グラッセ」とは、フランス料理で使われる言葉。

 

本来は、凍らせる、冷やすという意味だそうですが
凍らせたり冷やしたりすると、表面がツヤツヤするからでしょうか、
つやをつけるという意味もあるそうです。

 

そういえば付け合わせに使うニンジンなどのお野菜を
バターとお砂糖などで煮たものをニンジンのグラッセ、
と呼んだりしますよね。

 

つまり「マロングラッセ」は、ニンジンのグラッセの
グラッセと同じ意味なのです。

 

 

 

マロンはマロニエの実

「マロングラッセ」の「グラッセ」のもう一方の
「マロン」については、もう説明の必要もなく
栗のこと、と思いますよね?

 

ところが、「マロン」については
少々ややこしいようです。

 

フランス語では本来、
マロン(marron)」はマロニエの実を指す単語でした。

 

 

P1130831-270x200マロンの実がなっているところ
(写真/「初・海外がさがさ団!」)

 

 

マロニエは、トチノキ科トチノキ属の
「marronnier セイヨウトチノキ」。

 

マロニエになる実がマロン
葉っぱはこんなふうな感じね。

 

 

pyumeori89706         マロニエの葉(写真/「夢織」

 

 

 

 マロングラッセは
マロニエの実(マロン)でつくっていた

もともと「マロングラッセ」は
マロニエの実、マロンで作っていたといいます。

 

ところがマロンはアクが強くて
アク抜き作業が大変でした。

 

(といいますか、アクがとても強いものだからこそ
何日もかけてシロップを浸透させる「マロングラッセ」が
考えられたともいえるのかもしれませんが)

 

 

asa0504_3フランスのクリ(シャテニエ)の花
(写真/「月刊・朝比奈ふらんす語」)

 

 

 

マロンのかわりに、クリ(シャテーニュ)を
代用し、マロンと呼ぶことに

そこで、マロンで作っていた「マロングラッセ」を
フランスのクリで代用するようになったのです。

 

フランスのクリの実は、シャテーニュ、
木はシャテニエ(châtaignier)というようです。

 

シャテニエになる実が、シャテーニュ。

 

 

huransunokuri          フランスのクリ(写真/「super  toinette」

 

 

こちらはブナ科クリ属の木です。
「châtaignier、ヨーロッパグリ」。

 

こちらのクリは、日本のクリとそっくり(←シャレではない)。

 

本来、マロニエの実のマロンで作っていた「マロングラッセ」を
「クリ(シャテーニュ)」で作るようになったことから
クリ(シャテーニュ)も「マロン」と呼ぶようになりました。

 

 

IMG_5044_convert_20091005220637上がマロニエの実のマロン、下がクリ(マロン)
(写真/「ドルドーニュ日和」

 

 

 

イガの中の実が1つのものを
「マロングラッセ」に使う 

というところまでは、まあいいのですが
この上に、また混乱をするような事実があります。

 

そのクリのイガの中に、クリが1つあるものと
2,3個入っているものを、呼び分けるのです。

 

イガの中に2.3個入っているクリは
先ほどのシャテーニュ(châtaignier)とそのままです。

 

ところが、マロングラッセに使う、イガの中に1つの実が
入っているものマロン(marron)と呼ぶのです。

 

ちょっとややこしいので整理してみましょう。

 

 

IMG_5039_convert_20091005220726    イガの中に複数の実が入っているシャテーニュ(写真/同上)

 

 

1 最初、マロニエの実のマロンで「マロングラッセ」作っていた

 

2 アクが強いのでクリ(シャテーニュ)で代用するようになり
クリ(シャテーニュ)もマロンと呼ぶようになった

 

3 クリ(シャテーニュ)は、イガの中の実の数による呼び分ける
—— シャテーニュ(実が2.3個入っている)
—— マロン   (実が1つのもの)こちらでマロングラッセを作る

 

 

140915marongurasse

 

 

そして現在、「マロングラッセ」を作っているのは
マロニエのマロンではなく
クリの木のマロンで作っているというわけでした。

 

(参照/「フランスの食ネタ帳」
色々調べてみましたが、シャテーニュの表記及び、
内容がかなり様々でした。

こちらが一番信頼できるように思われましたので
参考にさせていただきました)

 

 

 

なぜ同じ「マロン」という名前にしたの? 

ふ〜っ、ややこしいね。
書き出した時は、こんなことになるとは思っていなかったよ。

 

マロニエのマロンの方はオレンジ色にして
クリのマロンの方をピンク色にしてみたのですが。
(私が間違えていなければ……)

 

ところで箇条書きにした「3」のところなのですが
イガの中の実の数によって、別々の名前にした時に
なぜ、マロンなどというややこしい名前にしたのでしょう?

 

イガの中の実が複数のものを、例えば「三つ子ちゃん」、
1つは「一人っ子さん」とか呼ぶとか……。

 

ですが、この名前を決めた人、というか
自然にそう呼ぶようになったのだと思いますが、

 

それは日本人がブログで説明をする時のために
つけたのではありませんよね、当たり前ですが。

 

 

20120920_20133-270x200      現在は食べられることのないマロニエの実、マロン

 

 

 

言葉は生きていて変化する 

同じ「マロン」という言葉ではややこしい、と思うのは
実際にそれらにかかわっていない人間だから。

 

マロニエのマロンの代用に、クリを使うようになった時も
それをマロンと呼ぶようになりました。

 

またクリの中でも、イガの中に1つ実があるものだけを
マロングラッセにするために、これまたマロンと呼ぶようになった
というのは、考えてみればあたりまえのことかもしれません。

 

人間が使い勝手がいいように、ものの名前を
決めていく、といいますかいつのまにそう呼ぶように
なっていくものなのでしょう。

 

言葉は生きていますからね。

 

140915marronsglaces

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “マロングラッセは栗で作っていなかった? マロングラッセ「フタバ食品株式会社」

  1. マロニエの実に興味をもってしまったわ
    マロニエって昔からおしゃれなイメージだったじゃない
    そのマロニエで作ったマロングラッセって素敵♪
    時々年配の方への贈り物に使うけど、私はあまり得意じゃないの(笑)

    • マロニエの実って、名前を知ったのは随分後のこと
      だったけど、可愛くてすっごく好きだった、葉っぱも好き。
      当然、食べられるものだとも思っていたし。
      それにしても今は食べないっていうのはすごくもったいない
      気がする、前は食べていたんだから。

      私はマロングラッセを作ったことはないんだけど
      結構、大変そうだよね。
      マロニエで作るマロングラッセは、きっともっと大変
      なんだとは思う。
      でも、日本でも縄文時代にはドングリを灰汁抜きして
      食べていたんだから、食べようよ、食料危機だし。
      って、誰に言ってんだか。
      ナッツ好きの私には、どう考えてもマロニエの実
      (本当のマロン)は美味しそうに見えて仕方がない。
      マロングラッセにしない別の調理法だってあるような
      気がするんだけど、とまだ言っている……。

コメントを残す