『ピラミッド』と『逆ピラミッド』「ルーブル美術館」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

150428torayalouvretbs

 

 

673枚のガラスで作られたピラミッド

昨日の「虎屋」の『ルーブルの光・白』は、虎屋パリ店の25周年を
記念して出来たお菓子だそうですが、本物のルーブル美術館の
ピラミッド(Pyramide du Louvre)は1989年に完成しました。

 

ピラミッドはルーブル美術館(ルーブル宮殿)の中庭である
ナポレオン広場にあり美術館のメイン・エントランスとなっているもの。

 

 

 

piramiddo

 

 

 

フランスのフランソワ・ミッテラン大統領は「パリ大改造計画」を
推進しましたが、ルーブル美術館もその一環でした。

 

ピラミッドの完成する1989年の6年前の1983年に設立した
「大ルーブル計画公団」は、建築家イオ・ミン・ペイに
メイン・エントランスの設計を依頼。

 

ピラミッドの高さは20,6メートル、底辺は35メートルで
全部で673枚のガラス板で作られているそうです。

 

 

150428louvretoraya

 

 

 

もう一つのピラミッド

ルーブルには、メイン・エントランスのピラミッド
とは別にもう一つピラミッドがあります。

 

それがこちら。

 

 

gyakupiramiddo

 

 

ルーブル美術館の前にあるショッピングセンター
「ルーブル・ド・カルーゼル」にある採光窓だそうです。

 

先ほどのメイン・エントランスのピラミッドを
小型にして逆さまにしたもので完成したのは1993年。

 

 

150427torayalouvre

 

 

 

触れているようで、触れていない

逆ピラミッドの下の床には、更に小さな1メートルほどの
石のピラミッドが設置されています。

 

 

gyakupiramiddo

 

 

写真ではわかりにくいのですが、逆ピラミッドと石のピラミッドは
ついているように見えなくもありませんが、触れてはいないそう。

 

石のピラニッドの高さが1メートル位で
逆ピラミッドの頂点は床から1,4メートルのところ。

 

こうして見ますと、メイン・エントランスのピラミッドも
採光窓であるこの逆ピラミッドもとても美しいですね。

 

 

150418samotorakenonike       東京ミッドタウンの「サモトラケのニケ」

 

 

 

最初の評価は?

ところがこのメイン・エントランスのピラミッドは
出来た当初はかなり酷評もされたようです。

 

「古典的建築物であるルーブル宮殿の前に
近未来的な大建造物は相応しくない」

 

あるいは、「(バリ大改造計画を推進した)ミッテランは
エジプトのファラオに対するコンプレックスの持ち主」等々。

 

 

samotorakenonike        ルーブル美術館の「サモトラケのニケ」

 

 

まあ、現代の私達にはパリの象徴ともいえるあのエッフェル塔が
出来た時も不評だったといいますから、新しい建物が出来た時
というのはそんなものなのかもしれません。

 

建物に限らず、新しいシステムや法律などもかもしれません。
と他人事のように言ってしまいましたが
実は私もまだ馴染めずに気になっているものがあります。

 

それはうちからも少し見える、2012年3月2日に竣工した
東京都墨田区にあるスカイツリー。

 

 

 

150428torayalouvre肉眼ですと、虎屋のお菓子「ルーブルの光・白」の
頂点の左あたりにスカイツリーを見ることができます

 

 

 

最寄り駅だった東武伊勢崎線の「業平橋(なりひらばし)」という駅名を
「とうきょうスカイツリー駅」に変えたのも記憶に新しいところ。

 

私としては好きな駅名が変わってしまったのは
ちょっと残念な気もしましたが、多くの観光客の利便性を
考えたら仕方のないことかもしれません。

 

次の写真は、ちょうど3年前の2012年5月4日の記事、赤坂サカスでの
「スカイツリー建設写真展『世界一への挑戦』大林組」につけた写真。

 

 

blog_import_515362bcab48b    『スカイツリー建設写真展」赤坂サカス

 

 

もう、3年も経ったとは……。
あと数年もしたらスカイツリーもすっかり東京の景色に
馴染んでしまうものなのかもしれませんね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す