「茜さす」は「紫」の枕詞 夜明けの空

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

140626yoakemurasaki

 

 

「臙脂色系」→「朱色系」

前回、赤坂という地名のもととなった「紀国坂(茜坂)」から
アカネのお話をしていて、ふっと思ったことがありました。
それは「茜色」という言葉が示す色に関してのこと。

 

万葉の昔、朝日の出る頃の空の印象を人は「茜さす」と表現しました。
本来の「茜色」とは、小豆の皮のような色を指したそうです。

 

現在の私達は、むしろ夕焼けのような朱色系を「茜色」だと思って
いますが、昔は臙脂色系だったと知り納得という感じがしたのです。

 

 

151030sora       現在の朱色系の「茜色」のイメージ

 

 

 

「あかねさす」は「紫」の枕詞

「あかねさす 紫野行き標野行き 野守は見ずや 君が袖振る」
額田王(ぬかたのおおきみ)が詠んだ万葉集の有名な歌ですね。

 

意味は、紫草の生えている野で、私に袖を振っている姿を
野守にみられてしまいますよ、というような感じの歌。

 

「あかねさす」は「紫」にかかる枕詞です。
(「紫」だけではなく、「日」「昼」「君」の枕詞でもあります)

 

 

akasakaaonotuyukusa

 

 

 

臙脂色系ならば、納得!

「あかねさす」が「紫」の枕詞であることが
私自身は、ちょっと腑に落ちないという気がしていました。

 

まあ、私が腑に落ちても落ちなくてもこれは決まり事なのですが。
ただ「茜色」が本来表していた色が臙脂色系だったら納得です。

 

1 「あかねさす」→「
2 「あかねさす」→「

 

「あかね」と「紫」につけた色が正確かは別としても、2の流れより
1の色の移り変わりの方が、私には自然に感じられるからです。

 

 

 

実際の空の色は?

冒頭の写真をもう一度、御覧いただきましょう。
これは朝日が昇る少し前の、夜があけかかっている空の色。

 

 

140626yoakemurasaki
このあと空の色は、こんなふうに変化をしました。

 

140816akegata

 

 

あるいは、別の日でしたが
こういう感じの色になることもありました。

 

akasakayoake

 

 

 

昼は「青空」、朝は「紫」?

夜明けの色は本当に様々で、必ずしも毎日同じではありませんが
いずれにせよ太陽が昇る日は、臙脂色から紫へと移る日が多いよう。
そしてその後、空の色は青系になっていきます。

 

140806Biz

 

 

現代人よりはるかに長い時間、空を眺めていたであろう人々は
枕詞のみならず多くのことを自然から写したように思えます。

 

とはいいましても以上のことは、あくまでも私個人の勝手な感想に
過ぎませんので「あかねさす」という枕詞が「紫」にかかる
という本当にことについて私は何も知りません。

 

ですが、太陽が出る前の空を愛おしく眺めていると
なんとなくそんな気もしてくるのです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す