「あべちゃん」麻布十番本店、麻布十番別館、赤坂支店

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160211tukuneabetyan

 

 

「あべちゃん」麻布十番本店

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」史上初の
やきとり屋さん「あべちゃん」の御紹介です。

 

(〒106-0045 東京都港区麻布十番2丁目1-1
あべビル1F      Tel.  03-3451-5825
月〜金  11:30〜13:00 15:00〜22:30
土・祝日    11:301〜3:00 15:00〜21:00  日曜  定休日)

 

今回、初めて気づいたのですが「あべちゃん」は
「やきとり」屋さんではなく「やきとん」のお店なのですね。

 

私はお肉はあまり好きではないので
「あべちゃん」のお店に入ったことは数回しかありませんが
お店の入口で焼いている焼き鳥は時々買います。

 

 

160324fukusimaya写真を撮った日は「あべちゃん」お休みで……。
今度、営業している日に撮ってきます!

 

 

 

「昭和5年頃」と「昭和25年頃」

「あべちゃん」は麻布十番の街に本当に馴染んでいるお店ですが
それもそのはず、この地にお店を構えたのは1950年(昭和25年)頃
だそうですので、もう優に半世紀を越えています。

 

お店をオープンする前は屋台で商いをしていたそうで
屋台を始めたのが1930年(昭和5年)頃で、1930年(昭和8年)には
店を構え、現在の麻布十番にきたのが1950年頃ということのようです。

 

昭和5年頃とか、昭和25年頃、の「頃」というのがいいですね。
いかにも、昔のことなんで、くわしいことは忘れちまったけど、
という感じがそこはかとなく漂っていて。

 

そんな、創業の年代のアバウトさではありますが
一方、創業以来70年余、使い続けて来た秘伝のタレは
しっかりとした存在感を感じさせる評判のタレ。

 

このタレの入っている壷(?)も、タレのしずくが次々と
年輪を重ねたというおもむきで一見の価値があるかも?

 

 

150408shabondama            麻布十番のパティオ

 

 

 

麻布十番「あべちゃん」別館が誕生

麻布十番の主(?)的な「あべちゃん」ですが、実は近くの
麻布十番パティオに面しているビルに別館をオープンしました。

 

(〒106-0045 東京都港区麻布十番2丁目2-8 E高林ビル2F
Tel.  03-3452-2766  月〜土  17:00〜23:00  日曜  定休日)

 

こちらは麻布十番「あべちゃん本店」の「支店」ではなく「別館」。
確かに住所も麻布十番2丁目まで一緒で本店が「1」で、別館が「2」
と本当に近いので、支店ではなく別館なのですね。

 

「食べログ」では「あべちゃん」本店は麻布十番の駅から徒歩2分
113メートルで、別館は141メートルとありますので30メートルの差。

 

別館はカウンター席が10で、テーブルが20席ということですので
大きいとはいえないまでもそんな小さいお店でもないようです。

 

 

blog_import_51535fef6677a   「あべちゃん」別館前の麻布十番パティオの「きみちゃん」

 

 

 

支店、赤坂「あべちゃん」もあったのだ

「あべちゃん」といえば麻布十番と思いきや、なんと驚くべきことに
(って私が勝手に驚いただけですが)赤坂にも支店があるそうな。

 

赤坂「あべちゃん」は赤坂駅よりは溜池山王駅
からの方がはるかに近いのですが住所は赤坂。
麻布十番「あべちゃん」の店主の弟さんがやっているお店だそうです。

 

(〒東京都港区赤坂2丁目10-18 Tel. 03-3583-5978
月〜金  11:00〜13:00 17:00〜22:00  土・日・祝日はお休み)

 

 

130728tameikesannoueki左の建物(山王パークタワー)の左端にあるのが
銀座線・南北線の「溜池山王駅」の入口

 

 

東京メトロ千代田線・丸ノ内線の「国家議事堂前駅」から
ですと徒歩4分ですが、銀座線・南北線の「溜池山王駅」
からだと徒歩30秒という近さです。

 

う〜ん、知りませなんだ、よく近くを歩いていたのですが。
決まった所を最短距離で脇目もふらずひらすら直行するという
私のこの伝書鳩的行道パターンは、何とかせにゃなりませんなぁ。

 

 

tameikes131126    こちらは千代田線・丸ノ内線の「国会議事堂前駅」出口

 

 

 

ランチサービス

とまあそれは置いておいて、麻布十番の本店と赤坂支店は
ともに11時半から1時まで、ランチサービスあるようです。

 

赤坂「あべちゃん」はメニューが「牛煮込み定食」と「ひややっこ定食」
の2つしかないという潔さですが、これのヴァリエーションを通の
ビジネスマンは符丁のように注文するらしい(未経験なので伝聞)。

 

麻布十番の「あべちゃん」でも、もちろん「牛煮込み定食」は
ありますが、串に刺したままの焼き鳥を御飯の上にのせた
「焼き鳥丼」なるメニューも人気だとか。

 

 

 

「やきとん」今度、挑戦しようかな

そして「やきとん あべちゃん」という看板の「やきとん」ですが
これはレバー、シロ、タン、ハツ、カシラ、軟骨という6種類の
「やきとん」があるそうですが、一度は試してみようかなぁ……。

 

 

160211tukuneabetyan     麻布十番「あべちゃん」のトリつくね(持ち帰り)

 

 

この写真(  ↑  )は、午後3時からお店の前で
焼いているやきとりを持ち帰ったものです。

 

お皿の右に添えてある容れ物に入れたタレと、袋入りのとうがらし
を添えてくれます(つくねの真ん中にあるのがとうがらし)。
今回、買ってきたつくねはトリのもので、丸々のいわゆるお団子型。

 

 

abetyantukune      麻布十番「あべちゃん」のカモのつくね(お店)

 

 

私は苦手なので買ったことはありませんが、同じつくねでも鴨の
つくねですと、竹輪のように寸胴でこんな感じ(  ↑  )だそうです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す