ハチミツ「甘露蜂蜜」「単花蜜」「百花蜜」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

ハチミツ、色々

この写真に写っている、瓶入りのものはハチミツです。
薄い黄色のようなものから、濃い茶色に見えるものまで全部。
ミツバチが集めてきた花の種類によって、ハチミツの色は異なります。

 

同じ花からできたハチミツでも、咲いていた場所や気候に
よっても色は違うようですので、本当に千差万別といったところ。
世界中で、1000種類を超えるハチミツがあるということです。

 

ハチミツといえば花の蜜、とばかり思っていましたが
それだけではなく、木の液、樹液から取れるハチミツ
(甘露ミツ、甘露蜂蜜)というものもあるそうです。

 

 

 

 

 

ヨーロッパ伝統の「森の蜜」

甘露蜂蜜はヨーロッパの家庭で伝統的に用いられ、愛されて
きたハチミツで、「森の蜜」の名でも親しまれています。

 

甘露ハチミツとは、木の樹液を吸ったあとの虫が
樹木の幹や葉っぱに、糖分(シロップ)だけを分泌し残して
いったものを、ミツバチが集めて、ハチミツに仕上げたもの。

 

木々の樹液が朝露のように光ることから「ハニーデュー
(honeydew)甘露蜜」と呼ばれることもあります。

 

 

 

 

樹液の出る木とは、マツやモミ、カシ、ブナ、トウヒなどで
樹液を吸う虫というのは、カイガラムシやアリマキ等々。

 

それらの虫が分泌した糖分を、ミツバチが採取してハチミツにする、
ということは、甘露ハチミツ作りには2種類の昆虫が関わって
いるために。二重の酵素が含まれているということになります。

 

虫たちは、樹皮に口針(こうしん)を突き刺して樹液を吸います。
樹液には、虫の必要とする量以上の多くの糖分が含まれて
いるので、余った糖分は体の外に分泌されます。

 

 

         メカルファ(写真/「 Wikipedia」)

 

 

 

2種類の昆虫が作るハチミツ

この写真の虫は「メカルファ(Metcalfa Pruinosa)」と呼ばれる
白くて小さい虫で、アブラムシやカメムシと同じような昆虫だそう。
日本語名は不明ですが、英語名は「Citrus flatid planthopper」です。

 

このメカルファが、樹木のリンパ分泌液からタンパク質だけを
消化し、余分な糖分を分泌して葉っぱに残したものが次の写真。

 

私にはこれが何の木なのかはわかりませんが、葉っぱについている
白っぽいものが、メカルファの分泌したもので、ハチミツの原料となる
甘露(英語「Honeydew」、イタリア語「Melata」)だそうです。

 

 

葉についている白いものが虫が分泌した糖分
これを使ってミツバチが甘露ハチミツを作る
(写真/「イタリア発ハチミツづくり」

 

 

 

花のない季節のハチミツ材料

北イタリアの農業地帯では、7月半ばから8月はとても暑く乾燥して
いて花があまり咲かないため、ミツバチたちはこの甘露蜜を
花蜜がわりにせっせと持ち帰って、ハチミツづくりをします。

 

メカルファという虫は、1980年代に北米から北イタリアの
ヴェネト州にやって来て、天敵がいなかったことも幸い
して、近隣のヨーロッパ諸国に広がっていきました。

 

このメカルファ、実は果樹園やワイナリーにとっては害虫なのだ
そうですが、養蜂家にとってはありがたい存在だということ。
人間の都合により害虫でもあり、益虫にもなるわけですね(…複雑…)。
                「イタリア発ハチミツ作り」

 

 

 

 

 

ミネラルが豊富に含まれる
「甘露蜂蜜(Honeydew honey)」

樹皮由来といわれる様々な精油(エッセンシャルオイル)を含むために
独特の芳香をもつ「モミのハチミツ」や「マツのハチミツ」と呼ばれる
甘露ハチミツは、ドイツの最高級品ハチミツといわれています。

 

花蜜で作られるハチミツの10倍ともいわれる、豊富なミネラル(亜鉛、
鉄、マンガン、銅など)の他、タンパク質、有機酸を多く含みます。

 

また、ブドウ糖や果糖が多いハチミツとは異なり
ショ糖が多く含まれるのも甘露ハチミツの特徴です。
色は濃い目のものが多いとか。

 

 

 

 

 

「単花蜜」と「百花蜜」

甘露ミツ以外のハチミツは、花の蜜から作られたものですが
花蜜ハチミツも2種類に分けられます。

 

 1 一種類の花の蜜から作られたハチミツ「単花蜜」
 2 数種類の花の蜜から作られたハチミツ「百花蜜」

 

1の「単花蜜」というのは、少々不思議な気もしませんか?
ミツバチたちは、どこにでも飛んでいけるのですから
色々な花の蜜を集めてくるような気もしますよね。

 

 

 

 

ところが不思議なことにミツバチたちは、豊富なミツがある
場所を見つけると、その花が咲いている間中はその場所に行き
1種類の花の蜜だけを集める習性があるのだそうです。

 

ミツバチたちは、ダンスで花の位置を教えるということでしたので
「ミツバチダンス ミツバチの言葉(The  Language  of  Bee  )」
みんなで同じ場所に行き、同じ種類の花蜜を集めるのです。

 

とはいえ、正確にいえば他の花の蜜が混じっている
可能性がゼロとはいえないようですが、それでも
「ほとんど同じ花」といって差し支えない程度なのだとか。

 

 

「単花蜜」

草花系
  文字通り野原やお花畑で咲いている草花から作ったハチミツ
*  アザミ、クローバー、菜の花、タンポポ、ひまわり、レンゲ等

 

樹木系
  木の香りのして、結晶化がしにくいハチミツ
:  アカシア、トチ(栃)、ハゼ、菩提樹

 

ハーブ系
  いわゆるハーブの花から作られたハチミツで、強い香りを持つ
*  セージ、タイム、ラベンダー、ローズマリー、ユーカリ

 

ナッツ系
  ナッツの香ばしい香りと色のハチミツで、個性的な強い味をもつ
*  アーモンド、クリ、

 

フルーツ系
  爽やかなフルティーな香りのハチミツ
*  オレンジ、サクランボ、ミカン、ブラックベリー、ラズベリー、

 

 

 

 

 

2種類の「百花蜜」

2の「百花蜜」の方は、厳密にいいますと2つに分けられるようです。
1種類の花の蜜で作った「単花蜜」に対して、たくさんの種類の
花の蜜で作られたハチミツ、という意味の「百花蜜」が一つ。

 

もう一つは、セイヨウミツバチではなく、ニホンミツバチが色々な花から
集めたミツで作ったハチミツを指して「百花蜜」と呼ぶこともあります。

 

日本固有のニホンミツバチは、セイヨウミツバチより
かなり数が少ないので、日本で販売されているハチミツの
ほとんどはセイヨウミツバチが作ったものです。

 

 

 

 

ニホンミツバチが作る「百花蜜」

ニホンミツバチが作ったものは、日本でのハチミツ
流通量のわずか1パーセントを占めるに過ぎません。

 

単花蜜を作るセイヨウミツバチに比べると、飼育が難しいといわれる
ニホンミツバチなのですが、ハチミツの収穫量は、かかる手間暇に
反比例して、セイヨウミツバチの  1/5  から  1/10  程度。

 

それらのことが相まって、作られる量が少ないニホンミツバチの
ハチミツは、独特の風味の豊かさから貴重品として扱われています。

 

 

 

 

 

ハチミツの分類

1「単花蜜(single flower honey)」

   草花系、樹木系、ハーブ系、ナッツ系、フルーツ系

 

2「百花蜜」
 a セイヨウミツバチが、色々な花から集めた蜜で使ったもの
    こちらを英語でいうと「mixed flower honey」

 

 b ニホンミツバチが作ったハチミツ
    こちらは「Polyfloral honey made by the Japanese honeybee 」
    あるいは「Wildflower honey made by the Japanese honeybee」
    ということです(「Yahoo知恵袋」)。

 




スポンサードリンク



コメントを残す