赤坂の料亭 5軒のうち「口悦」は今月いっぱいで閉店

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

 

最盛期は60件ほどのあった料亭が今は一桁に

昭和40年代(1965〜1974年)頃は、60軒ほどあった
赤坂の料亭も、今はわずか5軒になってしまった
という記事を読んだのは昨年の9月のことでした。

 

5つの料亭とは「浅田屋」「口悦」「つる中」「佐藤」、
そして前々回に御紹介した「赤坂金龍」。

 

その記事を読んでわずか半年も経たないうちに、その中の一つの
料亭「口悦」が今月、2017年3月で閉店が決まりました。

 

昨年、首相官邸近くの赤坂2丁目にできた「ケイ・ジー3」という
会社が購入しましたが、この会社はカカクコムなどを傘下に収める
東証一部の「デジタルガレージ」という会社だそう。

 

「口悦」のみならず外堀通りに面している9階建てのビルも購入済みで
その上、隣接の駐車場もと考えているそうですので、そうなると477坪に
もなりますので、大きなビルが建つのではないかとも囁かれています。

 

 

 

              料亭「口悦」

 

 

 

「口悦」は3月で閉店

「口悦」の女将・渡辺純子さんは、俳優の故渡辺文雄さんの奥様。
1962(昭和37年)に「口悦」をオープンして以来、半世紀以上にわたり
切り盛りをしてきましたが体力の限界から、この度お店を閉じることに。

 

(「口悦」
〒107-0052 赤坂2丁目5-15     Tel. 03-3585-0321
営業時間 17:00~23:00     総席数 100 喫煙 可
定休日 土曜・日曜・祝日     予算(夜) ¥30,000~ )

 

歴代の総理で、訪れたことがない人はいないといわれるほどの名店
「口悦」は、お料理の味は言うに及ばず、女将の細やかな心配りとお店
の佇まいが訪れる人に安らぎを与え続けてきた、赤坂の名料亭でした。

 

「もう非常に残念です。
* 僕の若き青春の血が滾っていた時代を過ごした土地ですよ」

「口悦がなくなってもまだ数件は料亭が残りますが、
* やはり『口が悦ぶ』と書く口悦は、日本の文化だった。
* 国会の先生方も、口悦の門をくぐって
* 総理大臣までのぼりつめているわけだから。
* 守りたいとも思うけれど、お母さん(女将)が膝を痛めてお座敷で
* 正座が出来なくなったことも、閉店の大きな要因のひとつ。
* 経営が苦しくなったということではないですからね」

 

と寂しそうに語るのはみのもんたさん。
              (「週刊新潮」2016年11月17日号)

 

 

 

              料亭「口悦」

 

 

 

命名は小津安二郎、表札は中川一政

「口悦」というお店の名前については、渡辺文雄さんが
生前にこのような説明をしていらっしゃいます。

 

「女房の家が、昔、料亭をやっていて。
それを女房が再開したのが、結婚して5年後ぐらい後のことです。
店の名を改める際、映画監督の小津安二郎さんんが、口が悦ぶ
と書いて『口悦』とつけてくれました」
            (「DAILY  SHINCHO」2017.3.21)

 

また表札の字は、中川一政画伯の筆によるものだそうです。
多分、このお酒の「口悦」の字も。

 

 

 

              料亭「口悦」

 

 

 

最新版、赤坂の料亭マップ

現在、赤坂の料亭組合一覧に載っている5つの料亭の位置を
正確ではありませんが、大体のところを地図で示してみました。
外堀通りに平行に沿っている道に料亭があることがわかります。

 

意外だったことは、お店の前を通っていてここは料亭だろう
と思っていたお店のほとんどが、料亭ではなく「日本料理」や
「割烹」のお店として登録されていることでした。

 

お店の中に入ればまた別なのかもしれませんが
外見からですと全くわからず、夜は外に黒塗りの車が待機して
いたりするもので、てっきり料亭だと思っていたのですが。

 

 

         現在の赤坂の料亭の位置(2017年3月)

 

 

「口悦」も入れて、現在ある赤坂の料亭は全て
赤坂見附駅から溜池山王駅を結ぶ外堀通りと並行の道にあります。

 

これはやはり、赤坂の花柳界が最も賑わったのは軍人や政治家、
財界人といったお客さんが主だったことによるのでしょうか?

 

中でも「口悦」「つる中」「佐藤」の3つのお店は
お隣同士といってもいいほど、近い場所にあり
その上、国会や首相官邸もすぐ近くですね。

 

 

 

料亭「つる中」 とても美しい写真があった
のですが、使わせてもらえないのでこちらを

 

 

 

料亭の情報は出ていない?

そこで「つる中」と「佐藤」の情報を調べてみたのですが
これが驚き、といいますか当たり前のことではありますが
今更のように気づいたことがありました。

 

「つる中」
〒107-0052 港区赤坂2丁目5-17  Tel.03-3583-1457
営業時間  10時00分~22時00分

 

「つる中」はこのように営業時間は記されていますが
定休日等の情報は見当たりませんでした。
それが「佐藤」になりますと、もっと顕著です。

 

「佐藤」
〒107-0052  港区赤坂2丁目8-19  Tel.03-3585-8201

 

というわけで、住所と電話番号のみで、営業時間、
定休日等は店舗へお問い合わせくださいとのことでした。
当然のことながら、「つる中」「佐藤」に関しては
食べログの写真、メニュー紹介、口コミ等は一切ありません。

 

 

 

料亭「佐藤」
こちらも「つる中」同様 写真はこれしかありません

 

 

 

一見さんお断り

始めは?と思ったものの、そうですね、それが料亭なのですね。
一見さんお断りなのですから、メニューはもちろん、営業時間や
定休日なども、一般に知らせる必要もないわけでして。

 

これに対して「口悦」は、営業時間も定休日も、予算も書かれて
いましたが、料金を気にするような人は、もともと料亭には行かない、
行ってはいけないということなのかもしれません。

 

このような料亭の性質を考えれば、またこれも当然のこと
なのでしょうが、基本的には料亭にはサイトもないようです。

 

 

 

             料亭「赤坂  金龍」

 

 

 

サイトがあるのは「赤坂金龍」と「浅田屋」

ただし前々回、御紹介した「赤坂金龍」はサイト
がありますし、また「浅田屋」も同様です。
「浅田屋」の御主人浅田松太さんは、現在の赤坂料亭組合の会長です。

 

『赤坂料亭組合』は、赤坂の芸者さんの組合である『赤坂芸妓組合』
と共に『東京赤坂組合』として、料亭の取りまとめを行うほか
伝統芸能としての料亭と芸者の継承に日々力を注いでいます。

 

「東京赤坂組合」
〒107-0052 港区赤坂2丁目8-15 オリエントニュー赤坂 2F
 Tel.:03-3585-1010

 

こちらの催しものとして今月、3月10日と11日に第55回を数える
「赤坂をどり」が、赤坂サカス内のACTシアターで開催されました。
私は残念ながら一度も行ったことはないのですが、この時期には
赤坂の街に艶やかなポスターが目につくようになります。

 

 

 

    料亭「赤坂浅田屋」(写真/「『WELCOM港区』vol.630」)

 

 

 

「浅田屋」

そして残る一店が「浅田屋」です。
「浅田屋」の始まりはなんと今から約350年ほど前のこと。

 

「浅田屋」
 〒107-0052 港区赤坂3丁目6-4     Tel. 03-3585-6606
                    Fax. 03-3585-5229
昼食  月~日 11:30~14:30(L.O.14:00)
夕食  月~土 17:30~22:30(L.O.22:00)
              土日祝日は、前日までの完全予約制

 

1659(萬治2)年に、初代・浅田屋伊兵衛が、加賀藩主・前田綱紀より
飛脚を命じられその後、200年にわたって飛脚のまとめ役である棟取り
を勤めましたが、明治維新の前年、当時の当主が飛脚の役割を藩に返上。

 

1867(慶応3)年に、今までの経験をいかして、金沢市十間町に
旅籠「浅田」開業し、後に旅館「浅田」を創業し、料亭や
中華レストランも開いています。

 

 

 

金沢の料亭旅館「浅田屋」のお料理 「治部煮」と「ゴリ」
治部煮は頂いたことがありますが、ゴリって何でしょう?
煮こごりのことでしょうか。

 

 

 

そして1971(昭和46)年、現在の「赤坂  浅田屋」の御主人であり
赤坂料亭組合会長でもある浅田松太さんのお祖父様が、加賀料理の
お店を赤坂に、料亭「赤坂浅田」として開業しました。

 

1993(平成5)年には港区北青山に、加賀料理「青山浅田」を、
2004(平成16)年、名古屋駅JRセントラルタワーズに加賀料理
「名古屋浅田」をオープンしています。

 

「浅田屋」についてもっといろいろ書きたいのですが
そちらは、いつかお邪魔した後にしましょうね。

 

「浅田屋」は一見さんお断りではないようですし、サイトも
充実していて、高いけれど高過ぎる敷居のお店ではないようです。
と信じて、夜は無理でも(涙)お昼に伺ってみたいと思います。

 




スポンサードリンク



コメントを残す