ウィンザーレッド(チェダーチーズ cheddar cheese ‎)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

12200-130209-it15     ウィンザーレッド(今日の写真は全て「オーダーチーズ」)

 

 

 イギリスのチーズ

これは、チーズに見えるでしょうか?

 

「ウィンザーレッド」という名前の
イギリスのチェダーチーズです。

 

イギリスの「ロング・クローソン・デイリー社」
の製品です。

 

「ロング・クローソン・デイリー社」は1911年
12軒の酪農家たちが集まって作った老舗メーカーです。

 

数々のチーズショーでの受賞歴がありますが、最近では2009年、
2010年と2年連続でインターナショナルチーズショーと
ナショナル・チーズ・ショーのそれぞれ「金賞」を受賞。

 

「ロング・クローソン・デイリー社」は
イギリスのロイヤルファミリーにも愛されているそうですよ。

 

 

07224-sg071-370x234

 

 

この写真はチャールズ夫妻(2度目の妻の方、と書かんでもわかるね)
がブルースティルトンの熟成庫で、
チーズの熟成成具合を確かめている写真です。

 

 

 

赤い色はポルト酒の色

「ウィンザーレッド」に戻りましょう。
この「ウィンザーレッド」には、ポルトガルの有名なワイン
「ポルト酒」と「ブランデー」が入っているそうです。

 

そんなチーズがあるなんて、初めて知りました。
「ウィンザーレッド」の赤い色はポルト酒の色なんですね。

 

チーズというよりは、サラミみたいに見えますが。

 

 

12200-130209-it17-370x211

 

 

ですがこう見えて、香りはふわっと鼻腔をくすぐるような
さわやかなミルク香りがするといいますから、不思議〜。

 

それだけではなく、甘酸っぱいチェリーのような香りまで
感じられるということですので

 

このチーズ見た目と香りや味が、すごく違うのかも。
私には、何といってもサラミに見えてしまうのですが。

 

ポルトガルワインとブランデーが入っているものの
それらの風味が際立つことはなく、あくまでもチーズに
気品と味わいの深さをプラスする役目に徹しているようです。

 

 

 

実は、私は食べていません……

と、今日は香りも味もすべて「そうです」と書いてあることで
おわかりかもしれませんが、実は「ウィンザーレッド」
私は買っていません。

 

冒頭の「ウィンザーレッド」の写真が、ローゼンタール〈魔笛〉の
お皿にのっていなかったので気づいた方もいらっしゃるかも。

 

私はチェダーチーズはダメなので……。
ですが、「ウィンザーレッド」がきれいで珍しい
チーズでしたので御紹介したという次第。

 

お値段は200グラムカットで1970円。
100グラムあたりにしますと
私が普段買っているチーズよりはかなり高めですね。

 

スポンサードリンク




ティグレス「ガトーフェスタハラダ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

rhiguresugatofasutaharada

 

 

焼き菓子の「ティグレス」

今日のお菓子、「ティグレス」は
「ガトーフェスタハラダ」の製品です。

 

「ガトーフェスタハラダ」は以前も、
「グーテ・デ・ロワ(GOUTER de ROI)」
「グーテ・デ・プリンセス(GOUTER de PRINCESSE)
紹介しましたね。

 

「ガトーフェスタハラダ」のサイトを見ますと、この3種類の
お菓子は違う分類(?)のものとして扱われているようです。

 

 

「グーテ・デ・ロワ(GOUTER de ROI)」は〈ラスク〉で

 

 

gutederawa370

 

 

「グーテ・デ・プリンセス(GOUTER de PRINCESSE)」は
〈クッキー・サブレ〉の括り。

 

 

gutedepurinsesu370

 

 

そして今日の「ティグレス(TIGRESSE)」ですが、
こちらは〈焼き菓子〉ということです。

 

 

 

チョコチップを練り込んだ生地にチョコレートを入れて

「アーモンドプードルと良質なバターをたっぷり使った生地に、
チョコチップスを練り込んで焼き、チョコレートを流し込みました」
と書いてあります。(「ガトーフェスタハラダ」)

 

 

thiguresu370

 

 

確かにこのようなお菓子にしては流し込んであるチョコレートが
とても美味しく感じられました。

 

私は、この3つのお菓子の中では、
今日の「ティグレス」が一番好きです。

 

 

 

 新製品「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」

さてさて、お次ぎは「ガトーフェスタハラダ」で
新しく出来た素敵なお菓子を御紹介しましょう。

 

 

gutederowasoreiyugatofesutaharadaグーテ・デ・ロワ・ソレイユ
(写真/「ガトーフェスタハラダ」

 

 

名前は「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」。

 

「Rol  Soleil(ロワ ソレイユ)」とは、
「太陽王」すなわち、フランスの王様である
ルイ14世を讃える呼び名ですね。

 

「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」は「太陽王」にふさわしい
ブロンド色のクーベルチュールチョコレートを、

 

フランスのチョコレートメーカーと共同開発して
ガトーラスクにコーティングしてあるということです。

 

 

 

ルイ13世の妃も、ルイ14世の妃もチョコレートが大好き

「あぷりのお茶会」では、少し前にチョコレートのお話
をした時に、ルイ14世が出てきましたね。

 

フランスの王様、ルイ13世、14世、
ともにスペインの王女をお妃に迎えました。

 

スペイン王女、アンヌ・ドートリッシュが
ルイ13世に嫁いだのは1615年。

 

スペインの一部の階級の贅沢品であったチョコレートは
オランダ、ベルギーに広まり、ルイ13世とアンヌ・ドートリッシュが
結婚する少し前の1609年に、フランスへも伝わっていました。

 

彼らの子どもであるルイ14世も、1660年にフランス王女の
マリー・テレーズ・ドートリッシュと結婚をします。

 

(マリー・テレーズ・ドートリッシュはルイ13世の妃であった
アンヌ・ドートリッシュの姪にあたります)

 

ルイ13世の妃、アンヌ・ドートリッシュはチョコレートコックを連れて
フランスにと嫁いだほどチョコレートが好きだったということです。

 

ルイ14世に嫁いだマリー・テレーズ・ドートリッシュも
チョコレートが大好きだったようです。

 

 

gutederowasoreiyuグーテ・デ・ロワ・ソレイユ
(写真/「ガトーフェスタハラダ オンラインショップ」

 

 

そんなチョコレートが大好き妃たちと、
チョコレートがフランスへ渡った直後という時期的なものもあって、

 

「ガトーフェスタハラダ」の新製品に、ルイ14世を讃える名である
「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」という名前が与えられたのでしょうか。

 

 

 

お皿が、「ローゼンタール魔笛」です!

ところで、「ガトーフェスタハラダ」の新製品を紹介する
この「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」の
写真を御覧になって何かお気づきではありませんか?

 

そうです、この「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」に
使われているお皿はローゼンタール〈魔笛〉のお皿で
「アプリ」がお届けしたものなのです。

 

今日の冒頭の写真で、私が紅茶とともに「ティグレス」を
のせているお皿は、ローゼンタール〈魔笛〉の22センチお皿。

 

「ガトーフェスタハラダ」のサイトの新製品紹介で
「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」をのせているお皿は
ローゼンタール〈魔笛〉の25センチのディナー皿です。

 

これまでの「ガトーフェスタハラダ」では、
ホワイトのお皿を主にお使いになっていて
ゴールドのお皿はなかったように思えます。

 

「太陽王」の象徴ともいえるブロンド色、
その色のクーベルチュールチョコレートを使ったお菓子に
ローゼンタール〈魔笛〉ゴールドのお皿。

 

このように使っていただけたとは本当に有り難い限りです。
ゴールドのお皿といいましても本当にたくさんありますからね。

 

それらの中から、ローゼンタール〈魔笛〉を
選んでいただけたことを心から嬉しく思います。
ありがとうございました!

 

 

thigurasu131011

 

スポンサードリンク




「生あみ」の佃煮 日本橋「貝新」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

tukudanikaisin

 

 

今日は佃煮のことを

昨日(「寒い夜に出会ったあたたかい人」)は
かんじんの佃煮のお話をいたしませんでしたので
今日は、ちょっとだけお話をしましょうね。

 

この佃煮屋さん、日本橋「貝新」は
創業がなんと1596年、慶長元年ということです。

 

1596年、慶長元年といえば江戸時代ですが
その当時は「貝新」のお店は日本橋ではなく、
伊勢・桑名にあったそうです。

 

「貝新」が日本橋に処を移したのはほぼ130年前。
現在は、日本橋の室町にお店があります。

 

「日本橋」も「室町」も、言葉だけでも
なんとなく粋な雰囲気を醸し出していますね。

 

今回、頂いたものは、「小柱紅梅煮」「葉唐辛子」
「エビアラレ」「生あみ」「貝新昆布」の詰め合わせ。

 

この「生あみ」の「あみ」ですが
これって一体なんなんでしょう?

 

 

 

「オキアミ」は「アミ」じゃないようです

とググってみましたら、まずこれが出てきました。
これは「オキアミ」です。

 

「アミ」と名前は似ていますが、違うものだそう。

 

 

250px-Meganyctiphanes_norvegica2         オキアミ(写真/「Wikipedia」

 

 

「オキアミ」は形は「エビ」とも似ていますが、
「エビ」でもないとか。

 

ということは、「オキアミ」は
「アミ」でも「エビ」でもないということですね。

 

 

 

こちらは「オキ」ではなく、「アキアミ」

そしてこちらは「アキアミ」というもの。
「オキ」じゃなくて、「アキ」だよ。

 

名前に「アミ」とつくものの、「アキアミ」はエビ目で、
サクラエビ科に分類されるエビの一種。

 

 

220px-Akahige_shiokara          アキアミ(写真/「Wikipedia」

 

 

 

では、これ?

そしてこれが本当の「アミ」ちゃん。
これが一番、不思議系?、でしょうか。

 

 

250px-Mysis2kils             アミ(写真/「Wikipedia」

 

 

こういうものって、写真の撮りかたによっても
かなり感じが違うとは思いますが。

 

う〜ん、名前に「アミ」がつくものっていっぱいあって、
しかもそれぞれが似ているようで違うもので、
わからなくなっちゃった……。

 

 

 

「生あみ」=「アキアミ」

しかも、「貝新」の商品内容に書いてあったのは
「あみ」ではなく「生あみ」なんですよね。

 

佃煮なんですからいくらなんでも「生」ってことはないわけで、
と不思議に思って、「生あみ」でググってみましたら……。
出ていました!

 

「生あみ」って「アキアミ」のことなんですって。
ふっ〜!

 

先ほど、「アキアミ」はアミとついてもエビ目で
サクラエビ科に分類されるとありましたよね。

 

ということは、貝新の「生あみ」と書いてある佃煮は
アミではなく、サクラエビに近いものだったわけ。

 

う〜ん、そういえばここにあげた
「オキアミ」、「アキアミ」、「アミ」の3つの写真の中でも
「アキアミ」が一番美味しそうに見えますものね。(!)

 

 

 

大坂「永田屋」の昆布もおいしかったなぁ

ここで急に思い出しました。

 

ブログにも書きましたが、去年、やはりこの時期に、
同じマンションに住んでいる方から
おいしい昆布の佃煮(「昆布 永田屋」)を頂いたことを……。

 

そちらは江戸ではなく、上方、大阪の「永田屋」という
お店の昆布でしたが、めちゃめちゃおいしかったです。

 

2年連続で、美味しいお昆布の佃煮!
ラッキー!

 

スポンサードリンク